ブログトップ | ログイン

ふりかけそーすけ別館 ver.guardian vein

gvein.exblog.jp

7ヶ月ぶりに投稿再開しました

『YOKOSUKA軍港めぐり』(234β4)0930ver.3「つしま入港」

現在、こちら『gvein(別館)』は、敢えて投稿速度を緩やかにしています。『りぶろ』同様に、時間をかけています。『日報』が非常に流れの速いブログですので、ブログ間時間調整をしています。全てのブログが同じ時間軸ではなく、それぞれに異なる方が良いのです。『ver.YB』以外は全てリンクしていますので、いずれかのブログをご覧戴いたお方が、リンクを辿って来られた際、全てが同じ日の記録では「あれ??」になってしまいますし(時折同時進行の場合もありますが)、出来る限り「多様」である方が良いと考えている為です。web上の時間は、どうしても加速気味になります。先を急ぎ焦って雑な投稿をするのではなく、着実に。多彩に。多様に。複数のブログを維持するに十分な記録があります。それでは…お待たせ致しました。『YOKOSUKA軍港めぐり』にての見学記録0930ver.3です。
c0122266_3135543.jpg
隊司令旗を掲げる海上自衛隊掃海隊群第51掃海隊・掃海艦「つしま」さん、長浦港へ入港であります。雨上がりの吾妻島を背景に、静かに悠然と。勿論、快晴の日も良いのですが、雨上がりの横須賀は実に風情があります。雨と樹。
c0122266_3181096.jpg
2地点同時進行です。「30埠頭」に着岸された掃海艦「やえやま」さん。杉山艦長が時計を確認されています。時刻は、ぴったり14時25分!次第に距離が開いてゆきますが、『YOKOSUKA軍港めぐり』のSea friend V号さん、この地点はゆっくりゆっくり巡ります。この日は特に、前方に「つしま」さんが入港されて来ています。Sea friend V号さん、一時停止します。記録の時間は十分にありました。2地点同時進行でも焦る事はありません。確か…この時、「つしま」さん、「やえやま」さんの丁度中間地点にSea friend V号さん位置していた筈です。
c0122266_3221418.jpg
静かに、そして、ゆっくりと「つしま」さん回頭されます。このように写真中央に「つしま」さんを据える構図は、プロのカメラマンは「日の丸写真」と云いますが、私自身は、まさに国旗と自衛艦旗が中央に位置し、艦艇船さんがたが真正面(真後ろ正面)を向かれる際を敢えて記録します。航行中は艦首の国旗が掲げられていないからこそです。この事は、母親実家の捺染工場が60年以上前は「国旗製作所」であった為でもあります。
c0122266_3362040.jpg
ゆっくりゆっくりと、「つしま」さん、回頭されます。『YOKOSUKA軍港めぐり』では、時として、このように間近でじっくりと見学出来る便があります。
c0122266_3383176.jpg
雨上がりの美しい吾妻島を背景に。雨上がりの風情がとても良いので、元画像の状態を。
c0122266_3404434.jpg
実際には、寄って撮っていません。吾妻島に立ち上る霧と「つしま」さんがとても印象的でしたので。何故か、高松港を思い出しました。吾妻島が屋島に思えたのです。
c0122266_3432946.jpg
「つしま」さんが回頭される際を「やえやま」さんが、じっとご覧になられているようにも思えました。この時、長浦港はとても静かであったと記憶しています。Sea friend V号さんがほぼ停止していたからでもあります。
c0122266_3455197.jpg
長浦港の周囲は緑が多い事が判ります。こちらでも、背後の緑から霧が立ち上っています。
c0122266_3473445.jpg
「つしま」さん、真横を向かれました。十分に2地点同時進行を記録出来る余裕がありました。
c0122266_3484524.jpg
「やえやま」さんでは、皆様、各地点にて作業を続けられていますね。「つしま」さんの皆様のヘルメットは多色でありましたが、やえやまさんの皆様は赤。ふと思ったのですが、ヘルメットだけでもたくさん積まれているのですね(正式名称は「ヘルメット」ではなかったように思いますが)。
c0122266_353292.jpg
「つしま」さん、後進に入られましたね…
c0122266_3543127.jpg
Sea friend V号さん、少しずつ前進です。今一度、「やえやま」さんの正面を通過します。長浦港は、ゆっくりと往復2度の見学が出来る地点でもあります。
c0122266_3573095.jpg
この日は、直前まで本降りの雨であった事もあり、reflexは使用していません。初めて見学する事の出来た「やえやま」さんの着岸、「つしま」さん入港、75-300mm中心で記録しました(至近距離は広角)。
c0122266_45221.jpg
再び、「やえやま」さん真正面を通過です。丁度、ロープが更に1本飛びました。
c0122266_464697.jpg
張りつめたロープ。早くも「やえやま」さん振り返る位置へ。徐々に距離が開いてゆきます。これより、再び、「つしま」さんの至近距離を通ります。
c0122266_413630.jpg
この日、2度目の「つしま」さん真横を通過です。
c0122266_4141819.jpg
これまでの画像は、加工して明るくしていましたが、実際には湿度でかなり霞んでいます。「つしま」さん、「やえやま」さんのお隣に着かれるようですね…
c0122266_483874.jpg
「つしま」さんも振り返る位置となりました。
c0122266_4163738.jpg
空がかなり暗くなって来ていますね。今にも雨が降り出しそうです。実際に、この後、再び、本降りの雨となりました。本当に不思議ですね。この時だけ雨が上がったのです。「やえやま」さんと「つしま」さんが、長浦港へ戻られた時間帯だけ、雨が上がっていたのです。
c0122266_4181979.jpg
撮ったままの状態は、かなり見えづらいので加工したのですが、明瞭には見えるのですが、今度はこの時の気象条件が判りづらくなり、どちらにするのか迷うところです。
c0122266_4202689.jpg
実際には、このように見えていますので。かなり湿度が上がっていますね…もやもやです。と云うか、空がかなり暗くなっています。そして…「やえやま」さんに台船さんが被ってしまう…
c0122266_422852.jpg
「つしま」さんにも被ってしまう…しかも、フェンスも被ってしまう…岸壁も被る…。そこまで意地になって記録しなくてもいいのでは?と思われるお方もいらっしゃるかもしれませんが、どうも「習性」は抜けません。「見切れるまで」「監督のカットの声がかかるまで」。実際には撮影現場では殆どの場合、「本番」ではスチールを撮りませんが(同録でなくても撮らない。なので、皆様がパンフレットやweb上で観ている「スチール写真」は、リハーサル時のものが殆どですが、現場が爆音の場合、距離がかなりある場合は撮れます)、見えている限り、撮り続けます。そうではないですかね…プロの方々は、そうすると思うのですが。見切れるまで、どのような展開があるのか判らないのですから。
c0122266_4314417.jpg
ぎりぎりまで追うと…曳船さんのお姿が写っています。既にフェンスが被っている頃より。何号さんでしょう…う〜ん…お顔に大きくNo.が書かれているのは、YT59号さん、YT60号さん。多分…YT59号さんであると思うのですが。そして、この1cutが「見学終了」でもありました。

9月30日の見学記録、十分に時間をかけて投稿しました。詰めて投稿しなかった理由は、冒頭に書いた通りです。また、現在、掃海部隊の皆様、水中処分員の皆様の直近の記録は、この9月30日以降、ありません(10月7日に水中処分員さんお一人、試験艦「あすか」さん地点に出て来られていますが)。9月30日の記録は、既に直後に『日報』へ投稿していた事もあり、こちらは『gvein(別館)』は、敢えて10日に渡っての投稿としました。番外編を準備していますが、『りぶろ』の「Triumph ride」が大詰めを迎えております。『りぶろ』と時間調整しつつ、番外編を投稿予定です。また、全く異なる時間軸の『ver.YB』も、何とか1日1投稿を続けています(7日が抜けましたが)。現在、データベース構築の準備も始めていますが、「bento3」では、やはり難しく、「File Maker Pro」のアップデートしなくてはならないようです。数年ぶりにデータベースを構築しようと思っているのですが、そちらに時間をかけ過ぎても投稿が滞ります。データベースは保留となりそうです。今すぐにでも取りかかりたいのですが。更に、あるお話に「OK」を戴きましたので、こちらの準備も具体的に進めなくてはなりません。しかし。写真が足りません。まだまだ足りないのです。とは云うものの、快諾を戴きました。実現へ向けて、大きな前進です。
by guardianvein | 2010-10-11 04:55 | ┣掃海部隊