ブログトップ | ログイン

ふりかけそーすけ別館 ver.guardian vein

gvein.exblog.jp

7ヶ月ぶりに投稿再開しました

5月29日 台風2号接近中の高松港にて「掃海艇一般公開」(速報)

今年の高松港にての掃海艇さんがたの一般公開は、大雨となってしまいましたが、かなりの雨であったにも関わらず、見学の方々がいらっしゃいました。残念ながら、体験航海は中止。一般公開も午前で終了となり、皆様、正午には出港されました。その後、自分も移動しましたので、少し投稿が遅れましたが…「速報」にて。
c0122266_4311396.jpg
台風2号接近中の香川県高松市。幸いにも風が弱く、雨は真っすぐ降っていました。間もなく出港される第42掃海隊・掃海艇「くめじま」さん。今回は傘をさして記録しましたが、湿度が高く、カメラが云う事をきかなくなりました。この時、露出が補正できず。
c0122266_4353025.jpg
昨年11月22日の油津港、第51掃海隊・掃海艦「やえやま」さん入港時に匹敵する強雨でありました。神戸に戻られる「くめじま」さん。記念の写真を戴いたり、食堂内に長居させて戴きました。初めて「くめじま」さんにお目にかかったのは、2009年5月であったと思います。横須賀消磁所にて。横須賀消磁所に来られるのは、4年に1度だそうで、貴重な機会であった事が判りました。東日本大震災の災害派遣中には、幾度か横須賀に戻られていました。今回、自分の高松滞在が短かった事もあり、あっと云う間に過ぎてしまった感があります。
c0122266_441198.jpg
雨に煙る高松港をあとにされる「くめじま」さん。香川県地方協力本部の皆様がお見送りされます。
c0122266_443560.jpg
出港準備中の第1掃海隊・掃海艇「みやじま」さん、「あいしま」さんの皆様。ざーざー降りなのですが、皆様、「普通」です。今回、「みやじま」さんは一般公開はなさっていませんでしたので、殆どお話を伺う事が出来ず大変残念でありました。
c0122266_4445915.jpg
とにかく、今回は台風2号と早くも梅雨入りしてしまった事が大きく影響しました。写真も少なく、時間もあっと云う間に過ぎてしまいました。昨年11月の油津港での「感覚」が残っており、あまりに短く感じられました。
c0122266_4475465.jpg
「みやじま」さん出港です。本当にあっと云う間でした。昨年の高松は十分に時間があったように記憶しています。全ては台風2号と例年よりも早い梅雨入りが「時間を早めて(縮めて)」しまいました。香川県の皆様も年に一度の入港をとても楽しみにされていた筈なのですが…。晴天であれば、昨年のように大変大勢の方々が見学に来られた事でしょう。特に、今年は東日本大震災災害派遣直後ですので、より多くの方々が見学に来られた筈なのです。
c0122266_452056.jpg
視界は湿度と強雨に霞み、屋島が見えませんでした。「みやじま」さん、静かに出港です。音もなく。滑るように。台風2号が接近しているにも関わらず、高松港は穏やかでした。実際には掃海艇さんがた内に居ると、結構揺れていました。
c0122266_4555836.jpg
昨年11月の鹿児島県志布志港を彷彿とさせました。志布志港出港時、「さんふらわぁ」号さんと共に第1掃海隊の皆様が出港されたのです。呉へ戻られる「みやじま」さんと行き交うフェリーさんがた。フェリーは欠航ではありませんでした。雨の中、お見送りは三宅さん(ごめんなさい。何故か、ずっと安斎さんだと思い込んでいました)と「Ogawa」さん。「Ogawa」さんは、『YOKOSUKA軍港めぐり』でよくお会いしますので、不思議な感じがしました。一瞬、「ここは横須賀?神奈川県?」。
c0122266_4595321.jpg
いよいよ第1掃海隊・掃海艇「あいしま」さんも出港です。雨は更に強くなり始めていました。気温も低く、5月末とは思えませんでした。今回、福本掃海隊群司令が「あいしま」さんにいらした事もあり、「あいしま」さん内は、常に大勢の方々が行き交っていました。
c0122266_552350.jpg
やはり、「あいしま」さん出港時も、昨冬の志布志港を彷彿と云うより「再来」となりました。「さんふらわぁ」号さんではありませんが、フェリーさんと「あいしま」さん。これにて、全ての皆様が出港されました。本当にあっと云う間でした。
c0122266_573478.jpg
長居させて戴いた、「くめじま」さん食堂内。昨夏四日市港での掃海艦「つしま」さん内を思い出しました。背後のテレビでは、『海上自衛隊5つのミッション』を観る事が出来ました。一般公開が午后も行われれば、ずっと「くめじま」さん内に居たかもしれません。目の前には、遂に手に取る事が出来た「缶飯」と「副食缶詰」です。防衛省さん発表の東日本大震災のご活動をもとに投稿し続ける際、幾度も幾度も入力した「缶飯」と「副食缶詰」。「実物」です。莫大な量の「缶飯」と「副食缶詰」が被災者の方々のもとへ届けられました。

「届けられました」と過去形となっていますが、現在も東日本大震災の災害派遣活動は続いています。行方不明の方々の捜索は今も続けられています。台風2号で海は大荒れ。被災地では新たな被害も起きています。海上自衛隊さんの艦艇さんがたは台風で大荒れの洋上に展開されている事でしょう。この時期に台風とは…。今、自分は被災地から距離がある西日本にいます。台風2号も自分が体験した限りでは、強風でもなく、雨も梅雨後期のように雨量が多いと云う印象でした。台風を実感したとは云えませんでしたが、ニュースの映像で観る被災地は、まさに台風でした。被災地と距離が開くと云う事の方を実感しました。被災地から遠い。当初、今週いっぱい呉に滞在する予定を変更し、明日、横浜・横須賀に戻る事としました(闘病中の叔父が逢いたいとの事で、早く帰るようにと母親から連絡があった為もあり)。
c0122266_5133513.jpg
雨でも子どもたちは「全然平気」。「見学する見学するー!」と元気いっぱいでした。また、「海上自衛隊に入りたい」と云う息子さんと共に来られたお父様も。かなりの雨天でしたが、一般公開の大切さを今回も実感しました。特に東日本大震災後、私たちが足を運び、被災地を思い、災害派遣に向かわれた皆様と間近に接する機会が多くあるように。それにしても、気温も低く、雨どしゃ降りでしたが、掃海艇さんがたはあたたかく、時間が短かった事が本当に惜しまれました。皆様、有難うございました。

今夜(もう朝ですね)は、駆け足の「速報」であります。ようやく辿り着いた広島県呉市。とても静かなところに滞在しています。海が見えないのが残念ですが。
c0122266_523138.jpg
ことことと呉線の各駅停車で向かいました。高松港でずぶ濡れとなり、着替える間もなく移動を始めましたので、身体が冷えきっており、大事をとって、すぐに休みました。本日はお天気が回復しそうですので、午后より行動したいと思っています。まだ、少々疲れが残っておりますので、しばし休みます。
by guardianvein | 2011-05-30 05:25 | ┣掃海部隊