ブログトップ | ログイン

ふりかけそーすけ別館 ver.guardian vein

gvein.exblog.jp

7ヶ月ぶりに投稿再開しました

20110630 掃海部隊「back to THE YOKOSUKA(束の間の)」

【0704追記】急遽予定を変更し、『日報』の『今、改めて東日本大震災』の投稿をしておりました。『横須賀経済新聞』さんにて3月11日の投稿をご紹介戴いたのですが、『横須賀経済新聞』さん上半期PV(ページビュー)第1位であったそうです。桁違いの多くの方々に閲覧して戴けた事が何よりです。一人でも多くの方々に伝えたいのです。

2週続けての猛暑でした。新米見学者は一般民間人。自衛隊さんの皆様のように厳しい訓練を積んでおりませんので、さすがにバテております。ですが、投稿したいので、何とか準備出来た約20cutにて。猛暑の横須賀。長浦港に戻られている(おそらく束の間)掃海部隊の皆様にて構成します。
c0122266_2321031.jpg
前日戻られた掃海母艦「うらが」さん。船越岸壁に「上陸」していた磁気掃海具MK-105が格納庫内に納められていました。新人案内人の中島さんによると、「午前の便の時、運んでました」との事。11時便に乗船出来ていれば、搬入の見学が出来たかもしれません。大変残念です。これまでも11時便に乗船出来ず、貴重な見学機会を幾度も逃しています。
c0122266_2332852.jpg
「うらが」さん前方タラップ地点に処分艇さんが見えました。「塗装のお時間?」。
c0122266_2333737.jpg
更に前方には、掃海艇さんのお姿が見えました。前日には、どなたもいらっしゃらなかったので、戻られた直後であるかもしれません。
c0122266_23341572.jpg
先に近付いたのは、掃海艦さんがた。ようやく戻られた掃海艦「やえやま」さんと、やはり戻られて数日の「はちじょう」さん。掃海艦さんがた地点は穏やかですが、『YOKOSUKA軍港めぐり』船内では、ある問題の起こり易い地点です。特定の条件(便)において、です。2Fデッキのスピーカーの音量下げての「回避」とは???堂々と行きましょうね。壁に耳あり、障子に目あり。
c0122266_2342478.jpg
戻られた掃海艇さんは「すがしま」さんでした。「海上自衛隊 掃海艇すがしま 災害派遣」の幕が掲げられています。被災地より戻られた事が判ります。油船YO35号さんが着かれていますので、やはり戻られたばかりでしょう。乗員の方々のお姿も見えています。
c0122266_23453319.jpg
しかし…至近距離までは行かれませんでした。300mmで精一杯寄って。横須賀の港には、「日々」が戻りつつありますが、今も被災地と繋がっています。
c0122266_23474457.jpg
長浦港を一巡り。再び、「うらが」さん横を通過します。処分艇さんにはお二方。甲板中央付近に大きな木組みが見えました。
c0122266_23492373.jpg
とても真新しいですね。見覚えがあるような…
c0122266_2351336.jpg
昨年11月の油津港にて。こちらの木枠のように見えますが、果たして…。
c0122266_23534999.jpg
タラップ1段目地点のお二方。塗装のお時間に見えましたが…。
c0122266_23562850.jpg
オールと旗が見えました。ここのところ、オールを各所でよく目にするように思います。
c0122266_23574921.jpg
先週の「やえやま」さんteam EODの皆様。この日は、午前に吾妻島前で訓練なさっていたかもしれません。EOD員の皆様が「ひたすら漕ぐ」をなさる時期になりましたか。そう云えば、吾妻島前にて、よくEOD員さんがたが編んでおられる螢光黄色のロープ。何故、編まれているのか教えて戴きました。1本ロープがこんがらってしまうのを避ける為に編まれているそうですが、とにかく皆様、器用に編まれるので(指編み)、その編み方に興味があります。以前、編み物をしていたので。アイルランドの「アランセーター(模様)」を思い出すのです。漁師さん独特の編み方。漁に使うロープや命綱を意味しているそうです。EOD員さんの場合は、ロープではなく「索」ですね。
c0122266_083244.jpg
徐々に、「うらが」さんとの距離が開き始めます。塗装のお時間のようにも思えますし、違うようにも思えますね…。塗装のお時間であった場合は、既に始められているでしょう。旗は…
c0122266_095996.jpg
遠ざかりながら、MK-105。オレンジ色のクレーンで吊り上げられていたのでしょうか。搬入を見学出来ず、残念でありました。いずれ、再び機会がある事を願って。
c0122266_0111758.jpg
ふと振り返ると、交通船さんがたのお姿が見えました。お二方お揃いで来られる事は珍しいです。
c0122266_01244.jpg
どちらへゆかれるのでしょう…と思いながらお姿を追っていました。後に、何故、お二方揃って来られたのかが判ります。
c0122266_0134631.jpg
交通船YF2146号さんとYF2154号さん。迷彩のお方が見えました。先ほどは、船越にお迎えに行かれていた事が判りました。そして、目の前には…
c0122266_0163392.jpg
どーっ。驚きました。見事に整然と並ばれていたのは、陸上自衛隊さんの皆様でした。かなり前の段階からお姿が見えていたのですが、機雷桟橋前にいらしたので、横須賀水中処分隊さん、潜水員さんがたと思っていたのですが、徐々に近付くうちに、陸上自衛隊さんである事が判りました。大勢です。本当に。水中処分員さんがたのオールは銀に黄色。陸上自衛隊さんは銀色に見えますが、黒一色。
c0122266_0211248.jpg
交通船さんYF2146号さんの先導で、皆様、一斉に長浦港方面へと向かわれました。ボートに「静岡」とありました。静岡よりいらしたのでしょうか。陸上自衛隊さんの見学機会が少なく、皆様のご所属が判りませんが…。皆様も被災地にての活動をなさっていたのでしょうか。年に幾度か、陸上自衛隊さんは訓練に来られます。昨年も7月1日にいらしています。しかし、この後、皆様のお姿を見つける事は出来ませんでした。

では、これにて投稿致します。続いて、『日報』の投稿をしたいのですが、今投稿にも1時間かかってしまいました。猛暑バテがまだ解消できていません。『ver.YB』は、少しずつ投稿しています。
by guardianvein | 2011-07-01 23:16 | ┣掃海部隊