ブログトップ | ログイン

ふりかけそーすけ別館 ver.guardian vein

gvein.exblog.jp

7ヶ月ぶりに投稿再開しました

20111007 EOD JAPAN is...MSC-679「吾妻島前」(速報)

現在、考えあって、記録を「陸奥湾状態」にしています。十分考えました。「時間と距離」。これからずっとこの状態を続ける訳ではありません。現在、自分的にぎりぎりのところで試みています。さまざま「ぎりぎり」。距離が近付く数分間に賭けるのか、長時間の定点に臨むのか。今週、選択したのは「長時間定点」。駆け足にて投稿します。記録先行週間中です。
c0122266_2221089.jpg
早朝。「長時間定点」の始まり。「安全なる航海を祈る」地点に処分艇さん。処分艇さん的には「はちじょうさん」号。
c0122266_22211746.jpg
続いて、黒崎海岸のカモメたちと共に第二陣。一瞬、「やえやまさん」号に思えましたが、自衛艦旗の大きさが違います。長時間定点の問題は、距離です。お顔ぶれが確定出来ない。ですが、早朝に訓練に出て来られる際の様子は、むしろ引いた方が出ます。
c0122266_22212971.jpg
早朝「adzuma west ride」第三陣は、こちらはほぼ新米見学者的に確定。掃海艇「つのしま」さんEODチームの皆様。この後、横須賀本港側からも横須賀水中処分隊の皆様が出て来られます。水中処分員さんがたと距離が開く事は判っているのに、何故、『YOKOSUKA軍港めぐり』に乗船しない?と思われるかもしれませんが。
c0122266_22222642.jpg
時に、ここまで距離が開く事があるのです(これは本日の記録)。1便の数分間にかけて乗船し、その時々の状況において、現在の「定点」に匹敵する距離が開く事があります。自分のチャーター便ではありませんから、なりゆき次第です。
c0122266_2222461.jpg
このように比較的近い場合もあります。その日、その時にならないと判りません。3年、その状況を重ねて参りました。昨日、ジョブズ氏逝去の知らせに衝撃を受け、1日「遠方定点」から動けなくなりましたが、水中処分員さんがたの訓練の開始から終了までを見学する機会ともなりました。早朝から夕刻まで。相当距離が開いているように思えますが、意外と良く見えています。
c0122266_22231031.jpg
手前には、横須賀水中処分隊の皆様。その後方、右手には掃海艇「つのしま」さん水中処分員の皆様。ここまで判ります。左手の皆様が現在確認出来ずにいますが。
c0122266_22233174.jpg
「ひたすら漕ぐ」をなさっているのは、長浦港第二陣、カモメと共に出て来られた皆様。
c0122266_2224035.jpg
現在、「長時間定点」を試みているのは、大変大勢の方々が広範囲に渡り、訓練をなさっている事もあります。潜られている方々よりも処分艇さん上にいらっしゃる方々が多いのも、現在の「特徴」。
c0122266_22241786.jpg
「ひたすら漕ぐ」のは、「つのしま」さんの皆様。肉眼でも「ひたすら漕ぐ」は見えています。
c0122266_2224342.jpg
早朝の第二海堡。遠目では、昨日のように掃海艇「えのしま」さんが出て来られたと思ったのですが、画像で確認すると煙突は2本。推定で掃海艇「のとじま」さん。
c0122266_22245153.jpg
陸奥湾を彷彿とさせる場面です。沖合には護衛艦「いかづち」さん。長浦港に戻られるのは掃海艇「ゆげしま」さん。今投稿の記録は『YOKOSUKA軍港めぐり』から見えていない時間帯です。
c0122266_2225784.jpg
現在、函館からお越しの掃海艇「とびしま」さん、「ゆげしま」さんの記録、掃海艇「のとじま」さんの記録が多くなっていますが、今夏の陸奥湾にての記録には、「とびしま」さん、「ゆげしま」さん、「のとじま」さんがありません。

水中処分員さんがたより距離が開いてしまいますが、現在、長時間定点選択の理由は、上記の通りです。難しい選択ではありましたが、敢えて。また早朝4時半に起床して、約10時間「定点」に居続ける事は体力的にも厳しく、長くは続けられません。水中処分員さんがたとも距離が開いています。

さまざま「ぎりぎり」の選択。難しいです。ですが、何事もやってみないと判りません。そう云えば…「長時間定点」には、先に優秀な「カメラマン」さんがいらっしゃるのです。長く、この地点に張り付いているお方がいらっしゃる。頼もしいお方です(しかも、とても楽しいお方)。

かなり、ふらふらになっておりますので、今夜はこれにて投稿です。
by guardianvein | 2011-10-07 22:25 | ┣掃海部隊