ブログトップ | ログイン

ふりかけそーすけ別館 ver.guardian vein

gvein.exblog.jp

7ヶ月ぶりに投稿再開しました

掃海艇「のとじま」さんと東京湾アクアライン(2cut)

夕刻、「きりしまさん(数日前に出逢った、とても楽しいカメラマンさん)」が長浦港より戻り、「689と687が入港していましたよ…」と教えて下さいました。わざわざ教えて下さってすみません。有り難うございました。ここのところ、水中処分員さんがたが大勢吾妻島前の広範囲に渡り訓練なさっていた事、掃海艇「とびしま」さん、「のとじま」さんが幾度も入出港されていた為、「長時間定点」見学を続けています。残念ながら、24時間の見学記録ではありませんので、目の前の方々のみの記録となっています。
c0122266_21415117.jpg
この1週間、最も記録数が多いのは、「のとじま」さん。本日は初の記録となった東京湾アクアラインと掃海艇さん。
c0122266_2146083.jpg
後に夕刻近くに長浦港に戻って来られました。この時、とても興味深い事を「釣り人ひげじい」が仰られました。「ほらな。横須賀の船は、埠頭の突端辺りで、入港よーい!なんだ。昨日、陽が暮れてから戻って来ていた掃海艇は、だいちのはな辺りで入港よーい!だったぞ。だから、横須賀以外のところの船だなと思ったぞ」(艦番号までは見えなかったようですが)。

本日、新米見学者を哀れんで、釣りたての立派な鯖をお土産に下さり、金沢文庫駅まで送って下さった、「ひげじい」。水曜日のどしゃ降りの雨でも釣りをしている筋金入りの「釣りおやじ」のひげじいは、新米見学者よりも遥かに「見学回数」が多いのです。実は「大先輩」は、ここにおられたのです。毎日のように朝から晩まで、釣りをなさっているのですが、つまり毎日のように入出港される海上自衛隊さん、米海軍さんをしっかり観ていらっしゃると云う事なのです。吾妻島前で訓練なさっている水中処分員さんがたを毎日のように見学なさっていたのです。ご本人は見学しているつもりではなかったかもしれませんが、「ずっと気になってたんだ。あそこで何の訓練してるんだ?と思ってた。そうか。爆発物処理班だったのか。被災地にも行ってたのか。今回の事で(東日本大震災災害派遣)、自衛隊の有り難みを思い知ったべ」。

「長時間定点見学」地点は、東京湾がよく見えるのですが、距離がかなり開く、『YOKOSUKA軍港めぐり』のように長浦港・横須賀本港を一巡出来ない等ありますが、それでも拘りたい、と云う思いがあります。釣り人の方々のお話も聴きたい。横須賀を航行されている掃海艇さんがたを見学記録したい。「きりしまさん」によると、本日入港されていた「いずしま」さん、「あおしま」さん。『YOKOSUKA軍港めぐり』に乗船すれば記録出来ました(と云っても、11時便から15時便まで超満員)。でも、長時間定点地点に粘りました。結果、水中処分員さんがたは訓練なさっていませんでしたので、本日の見学記録は「のとじま」さんのみ、となりました。

危なっかしい綱渡り人生。もしくは自転車操業人生。全く、ひげじいの云う通り。「バカだなあ。お前。鯖持って帰んな」。
by guardianvein | 2011-10-08 22:06 | ┣掃海部隊