ブログトップ | ログイン

ふりかけそーすけ別館 ver.guardian vein

gvein.exblog.jp

7ヶ月ぶりに投稿再開しました

20111012「掃海部隊長浦港に続々集結」(別館日報remix)

金曜夕方に突如体調を崩し、遂に寝込みました。病院に行ったのですが、「いつもの事」と薬渡され、「とにかく寝る事。休む事!」。はあ…そうですか…。休みたくないのですが、自分はマシンではありません。確かにふらふら。投稿もまともに出来ない状態ですが、転載と短く。
【0112日報remix転載】
現在の長浦港…横須賀の港は大変な事になっています。『YOKOSUKA軍港めぐり』史上初の「海上自衛隊掃海部隊結集」。横須賀本港も負けじ(護衛艦隊50周年記念)と護衛艦「ひゅうが」さん、「むらさめ」さん、輸送艦「おおすみ」さんが満艦飾・電灯艦飾のご準備をなさっていますし、砕氷艦「しらせ」さんはCH-101号さんを積んでおられます。スゴい事になっているのです。現在の『YOKOSUKA軍港めぐり』。では、駆け足も駆け足の速報にて、圧巻の長浦港「掃海部隊結集・吾妻島前水中処分員結集」を。日本が世界に誇る掃海部隊の皆様の集結。スゴ過ぎて、画像の確認が追いついていません。「海上自衛隊掃海部隊、ここにあり」。
e0150566_22584333.jpg
掃海部隊さんの機雷戦部隊パンフレットの写真がそのまま再現されているかのような現在の長浦港。船越岸壁には、呉よりお越しの海上自衛隊掃海隊群・掃海母艦「ぶんご」さん、遥々沖縄は勝連よりお越しの第46掃海隊・掃海艇「あおしま」さん、「ししじま」さん、「くろしま」さん。横須賀に掃海部隊の皆様が結集される日が来るとは、まさに「夢ではなかろうか…」です。今、長浦港は油津港の如く、です。
e0150566_2321964.jpg
昨年11月、「平成22年度機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練」の為、宮崎県日南市油津港に集結されていた掃海部隊の皆様。今、長浦港を空撮すると、このような状態になっている筈です。
e0150566_2342689.jpg
掃海部隊の皆様の凄さは、数多あれど、この密集停泊は目を見張ります。密集停泊は、それぞれの列が、ものの数分で完了します。この密集停泊が形成される様を目の当たりにしていた、油津のタクシー運転手さんがたが感動されていました。「さ〜っと入って来て、すぱっと止める。さすが海上自衛隊って思ったよ」。
e0150566_2375178.jpg
本日の長浦港。みっしり掃海艇さんがた。『YOKOSUKA軍港めぐり』1便の間に、この密集停泊が形成されているのです。岸壁側より、第41掃海隊・掃海艇「すがしま」さん(HOME YOKOSUKA)、下関よりお越しの第43掃海隊・掃海艇「なおしま」さん、「とよしま」さん、「うくしま」さん。
e0150566_23103989.jpg
あまりに見事に「横縦一致」の為、真横から撮ってしまいました。これでは、2隻の方々がどなかた判りませんね…。ですが、この見事なまでの「一致」。
e0150566_23115218.jpg
掃海艦艇さんがたの機能凝縮の後方。岸壁側から函館よりお越しの第45掃海隊・掃海艇「とびしま」さん、舞鶴よりお越しの第44掃海隊・掃海艇「ながしま」さん、「まえじま」さん。
e0150566_23135277.jpg
画角いっぱい過ぎて、僅かにフレームアウトしてしまっていますが、本日の「全員お揃い」の場面は、この1cutのみになってしまっていました。田浦中学校前海側から佐世保よりお越しの掃海隊群第2掃海隊・掃海艇「ひらしま」さん、「たかしま」さん、前方海側より(HOME YOKOSUKA)第41掃海隊・掃海艇「のとじま」さん、「つのしま」さん、第2掃海隊・掃海艇「やくしま」さん。
e0150566_23164079.jpg
その前方には、左手から呉よりお越しの掃海隊群第101掃海隊・掃海管制艇「さくしま」さん、「いえしま」さん、(HOME YOKOSUKA)第51掃海隊・掃海艦「はちじょう」さん、「やえやま」さん。
e0150566_23181963.jpg
その右お隣には、呉よりお越しの掃海隊群第1掃海隊・掃海艇「あいしま」さん、「いずしま」さん。「いずしま」さんタラップに「いずしま幕」。お客さまがいらっしゃるのかもしれませんね。慌ただしくなさっていました。
e0150566_23195536.jpg
NP-1桟橋には、到着したばかりの神戸よりお越しの第42掃海隊・掃海艇「つきしま」さん、「くめじま」さん、「まきしま」さん。給油中の油船YO28号さん。これにて、現在、長浦港に集結されている掃海艦艇さんがた全てです。全25隻。掃海部隊の皆様は、総勢29隻です。4隻いらっしゃらない?
e0150566_2324783.jpg
掃海母艦「うらが」さん、掃海艦「つしま」さんは、ペルシャ湾掃海派遣部隊より20年の時を経て、「米英共催多国間掃海訓練」の為、現在、ペルシャ湾にいらっしゃいます。横須賀に戻られるのは、12月初旬です。「うらが」さん、「つしま」さんで2隻。では、あと2隻は…第1掃海隊・掃海艇「みやじま」さん、第45掃海隊・掃海艇「ゆげしま」さん。「ゆげしま」さんは11日早朝に出港されました。11日までは横須賀にいらしたのです。と云う事は…ほぼ全ての掃海艦艇さんがたが長浦港に集結されている事になります。と云う事は…掃海部隊の水中処分員さんがたも集結されています。今、長浦港には「東日本大震災災害派遣」に向かわれた掃海部隊の皆様が集結されている、と云う事でもあります。
e0150566_5515298.jpg
一昨日長浦港に遥々遠路、沖縄よりいらした(左より)第46掃海隊・掃海艇「くろしま」さん、「ししじま」さん、「あおしま」さん。沖縄ご出発の直前、NHKさんのニュースで報じられたのは、那覇港にての不発弾水中爆破処理でした。
e0150566_5535043.jpg

まだ、詳細が判っていませんが、那覇市発表の資料では「海上自衛隊沖縄基地隊」とあります。沖縄基地隊は第46掃海隊さん、沖縄水中処分隊さんです。更に詳細な状況が判ると良いのですが…。
c0122266_224682.jpg
吾妻島前も夢にまで観た「水中処分員さんがたの集結」となっています。早朝の吾妻島前に処分艇さん多数。本日は午前11時まで10隻の処分艇さんがいらしたのです。「吾妻島の夜明け作戦」。NHKさんの那覇港での不発弾水中爆破処理の記事にある「午前11時半にボートに乗った海上自衛隊の隊員が〜」の部分。その「ボートに乗った海上自衛隊の隊員」とは、海の爆発物処理班=水中処分員さんがたの事です。
c0122266_2291856.jpg
吾妻島前の水中処分員さんがたの眼前には、飛行甲板に掃海輸送ヘリコプターMCH-101・51号さん、54号さんをお載せした護衛艦「ひゅうが」さん。この時、長時間定点地点には、釣り人の方々もいらっしゃらず、自分ただ独り。本日は「Aicle」が閉館日ですので、ここに留まり続ける事が難しく(敷地内にも入れませんので、金網越し長時間は大変厳しい。囚人になった気分です)、また、記録地点を『YOKOSUKA軍港めぐり』に移行した方が良いと判断。1時間半で移動開始。
c0122266_2264648.jpg
『YOKOSUKA軍港めぐり』11時便より4便連続乗船に移行(10時便はテスト便・15時便はチャーター便の為、乗船できません)。11時便にて、「ひゅうが」さんより掃海輸送ヘリコプターMCH-101号さんがた発艦。「怒濤の夢ではなかろうか…の1日」の幕が切って落とされた瞬間でもあったかもしれません。
c0122266_2238120.jpg
掃海艇「やくしま」さん水中処分員の皆様、『YOKOSUKA軍港めぐり』の最至近距離を通過。この日の12時便の名ご案内は、水上大先生です。案内に心配など全く不要。全く以て不要。水上氏は、昭和51年に海上自衛隊さんを勇退され、『YOKOSUKA軍港めぐり』の初代案内人にして、伝説の案内人です。水上氏は護衛艦「あきづき」さん、輸送艦「みうら」さんにご乗艦でありました。「やくしま」さんの皆様が最至近距離を通過された際、「今、横を通過したのは、水中処分員。彼らが行方不明者の捜索など東日本大震災で大活躍をしました。ボートにやくしまとありますね。先ほどの掃海艇の水中処分員です」。ああ、水上大先生…でありました。この距離での通過ですので、ほぼ満員の見学者の皆様にも十分判りました。
c0122266_22315960.jpg
自分も名ご案内の岩澤さんも「!?」でありました。11時便、水中処分員さんがたは吾妻島前にいらっしゃらないと、二人とも確認していた筈なのです。でも、東京湾側から処分艇さん。「神出鬼没」。第1掃海隊・掃海艇「いずしま」さん水中処分員の皆様。「確定」です。昨年の油津・志布志でお目にかかっています。皆様、お久しぶりです。
e0150566_23353343.jpg
本日の吾妻島前で、元気いっぱい自衛艦旗誇らしく「たかしま」さん水中処分員の皆様。
e0150566_23361894.jpg
「発見!」。至近距離を通過される事の多い「すがしま」さん水中処分員の皆様。本日の『YOKOSUKA軍港めぐり』13時便は、大変豪華な「run EOD(水中処分員)run」が繰り広げられました。曇天ながら、颯爽と吾妻島前へ訓練に出てゆかれる水中処分員さんがたの見事な「ライド」が次から次へと続きました。
e0150566_23382669.jpg
「run EOD run 1013」大トリは、遥々遠路沖縄よりお越しの第46掃海隊…何と。第46掃海隊の杉山隊司令ごと(「ごと」と書いたら叱られそうですが)出て来られました。杉山隊司令は今年3月まで掃海艦「やえやま」さん艦長(更にその前は、横須賀水中処分隊長)。ご自身も水中処分員さんですので、第46掃海隊の水中処分員さんがたと一緒に吾妻島前へ。掃海艇「くろしま」さん水中処分員さんがたとご一緒でしょうか。なにぶん、今回、初めて第46掃海隊の水中処分員さんがたにお目にかかりましたので、まだ各ご所属が「確定」ではありません。
e0150566_23443557.jpg
こちらが第46掃海隊・掃海艇「あおしま」さん、「ししじま」さん、「くろしま」さん水中処分員の皆様(杉山隊司令は海の中??)。
e0150566_23454515.jpg
こちらは、第2掃海隊の「やくしま」さん、「たかしま」さん水中処分員の皆様。かと思うと…
e0150566_23464211.jpg
この場面では、「やくしま」さん、「ししじま」さん水中処分員の皆様。次々と位置が変わりますので、皆様のお顔ぶれが判っていないと、ご所属の掃海艇さんがたが判りません。お顔ぶれにこだわるのは、水中処分員さんがたは「その他大勢水中処分員」ではないからです。
e0150566_23484274.jpg
「HOME YOKOSUKA」。こちらは掃海隊群司令部「水中処分班」の皆様。いつもは3隻編成で出て来られるのですが、本日は単独でありました。銀色のマシンが目印です。
e0150566_23504317.jpg
こちらは、左手より第45掃海隊・掃海艇「とびしま」さん水中処分員の皆様とHOME YOKOSUKAの第41掃海隊・掃海艇「つのしま」さん水中処分員の皆様。
e0150566_23523571.jpg
本日は吾妻島前に出て来られませんでしたが、一昨日の掃海艦「やえやま」さん水中処分員の皆様。遠景では、掃海艦「はちじょう」さん水中処分員の皆様も午前に吾妻島前に出て来られています。

とにもかくにも、今、長浦港と吾妻島前は大変な事になっています。ひしめく「掃海部隊」の皆様。何故、これほどの「大集結」になっているのでしょう。その答がありました。
e0150566_23562234.jpg
「答」は旗です。「ひらしま」さんと「たかしま」さんの艦橋前に掲げられていた、オリジナリティ溢れるデザインの旗。
e0150566_23571986.jpg
「力戦奮闘 掃海艇くろしま」。気合満点です。この旗が掲げられ、長浦港に響く野太い声援(激励)。「術科競技大会」ですね。残念ながら、まだ新米見学者は、その競技を間近で見学出来ていませんが…。昨年は佐世保で行われたとお聴きしました。今年は横須賀で開催されているようです。とにかく、長浦港と吾妻島前が大変な事になっていますし、横須賀本港も負けじ、です。
e0150566_031389.jpg
本日早朝8時に横須賀本港に入港された輸送艦「おおすみ」さん。お隣の護衛艦「ひゅうが」さん、「むらさめ」さんと共に満艦飾・電灯艦飾のご準備をなさっています。

さあ…明日も早朝4時半起きです。今夜は、ここが限界…。掃海部隊の皆様の「密集結」に圧倒されています。投稿が全くおいつきません。記録先行。「はじめに記録ありき」。
by guardianvein | 2011-10-16 13:28 | ┣掃海部隊