ブログトップ | ログイン

ふりかけそーすけ別館 ver.guardian vein

gvein.exblog.jp

7ヶ月ぶりに投稿再開しました

海上自衛隊掃海部隊・平成23年度機雷戦訓練「index陸奥湾・日向灘」(試験投稿)修正追記

「謹賀新年」。本年が皆様にとりまして、良き一年でありますよう、心よりお祈り申し上げます。個人的には、大晦日に夕刻から明くる新年深夜まで横須賀本港を右往左往した挙げ句、風邪がぶり返し、元日は寝て過ごすと云う「相も変わらず」でありますが、画像作成には復帰致しました。作成すべき画像があり過ぎますので、寝てもいられないのです。夢に見ます。初夢は処分艇さんが突進して来られると云う「かくあるべき」内容でありました。まだも至らぬ弱輩者ですが、本年も宜しくお願い致します。では、2012年、こちら『gvein(別館)』最初の投稿も「index」です。大晦日までに作成したかったのですが、時間切れとなりました。
c0122266_10224790.jpg
海上自衛隊掃海部隊の皆様の「機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練」双璧。「陸奥湾・日向灘」。東日本大震災災害派遣の直後であった陸奥湾にての「機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練」。被災地となった東北地方での訓練でありました。全日程見学記録出来なかった事が大変残念でありましたが、限られた見学記録期間に数々の難関を突破。初の洋上にての訓練の記録を多く撮る事が出来ました。「強い気持ち」がもたらした超遠方マニュアルフォーカス。「強い気持ち」とは、被災地を縦走すると云う行程、被災地への思い、美しい東北地方への思い、災害派遣に向かわれた掃海部隊の皆様への思い。「失敗した」と、すごすご帰るなど出来ません。一昨年は失敗し、すごすご帰り、再び、大湊を訪れました。特別な思いをもっての見学記録。2011年は、「超大作3部構成」なのです。2月伊勢湾は完全失敗に終わっています。7月陸奥湾、10月横須賀、11月日向灘。この3部構成です。日向灘が重複しますが、改めて投稿します(前回投稿の日向灘ver.1231一部修正)。
c0122266_10345542.jpg
平成23年度 機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練(日向灘ver.1231blau)
c0122266_10374795.jpg
10月横須賀 掃海部隊集結(ver.0)
c0122266_10391785.jpg
10月横須賀 掃海部隊集結 ver.1020 満艦飾



まだ、10月横須賀のindexが殆ど作成出来ていない事が判りました。直後に日向灘へと向かった為です。2012年が明けましたが、引き続き、2011年の画像作成を続けます。ここ、しばらく時間があると思いますので。本年は見学記録の形が、やや変わるかもしれません。自分でもどうなるか、やってみないと判りませんが。昨年10月の無謀とも云えた約1ヶ月間連続見学記録の際に、ある事が見えたのです。本当に自分は、氷山の一角しか見えていなかった。では、今年2012年は、どうする。どこまで出来る?

東日本大震災発災時の横須賀本港の投稿(『日報版』)を『横須賀経済新聞』さんに、ご紹介(掲載)して戴きましたが、『横須賀経済新聞』さん2011年度年間PV(ページビュー)第1位であったそうです。過去最高のアクセス数を記録したそうです。如何に、東日本大震災への関心(「関心」と云うと語弊があるかもしれません。「関心」と云うレベルの災害ではありません)が桁違いであったかが判りました。これで、2010年、2011年、2年続けての年間PV第1位の「2冠」を達成しましたが、それでも、まだ肩書きがない(自分の事など、どうでも良いと思って生きて来ましたので)。この3年余りで実績は積み重ねられていても、肩書きがない。その無位(無冠ではなくなりましたね)の自分が、どこまで出来る。肩書きなくとも、掃海部隊の皆様、水中処分員の皆様の莫大な数の記録は持っています。おそらく、世界一の海上自衛隊掃海部隊の皆様・水中処分員さんがたの記録であると思われます(一個人として)。「世界一」。しかし、持っているだけではダメです。しかも、まだ距離が遠い。特に水中処分員さんがた。距離がある。記録数が「世界一」でああるだけ。まだ遠方からの記録でしかありません。年の始めに思うのは、「やっぱり、全然ダメぢゃん。自分」。ダメで結構。それが、今の自分。華々しい肩書きも経歴もない金持ちでもない「雑草」。でも、それが強み。雑草は、思いもよらぬ進化をしたりするかもしれない。踏まれても平気(でも、割と体調崩しがち)。

毎日、出来る限りの事をするだけ。ひたすら考えたり、作ったりしているうちに、何かが見えて来る。それが、この3年余り。
by guardianvein | 2012-01-02 11:05 | ┣掃海部隊