ブログトップ | ログイン

ふりかけそーすけ別館 ver.guardian vein

gvein.exblog.jp

7ヶ月ぶりに投稿再開しました

20120427 第46掃海隊「快晴勝連・津堅島」(速報)

ようやく快晴となった沖縄。目も眩む美しさ。ですが、地元の皆様は「いや。まだまだ」。大型連休直前4月27日。快晴の記録を速報にて。現在、「機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練」期間中と同じく、『日報』へ投稿を集中させていますが、今夜はこちら『gvein(別館)』へも速報を投稿します。とにかく美しい!
c0122266_127733.jpg
海上自衛隊佐世保地方隊沖縄基地隊の第46掃海隊さん・水中処分母船YDT06号さんがいらっしゃるホワイトビーチ。こちらの長く伸びた桟橋が大変印象深いです。そして、ため息の出る美しい海。その美しさを忠実に再現したつもりです。「色」。とにかく、今回最も気を遣っているのは色です。勿論、これまでも「色」にこだわってきましたが、沖縄には色が溢れ返っています。「極彩色」です。とにかく、色を忠実に再現する事。桟橋地点もとても多彩。とにかく、色。特に海色を忠実に。窓から射す朝日に気付き、カメラフル装備担ぎ、早朝の公園に向かいました。到着時は、まさに光量、視界、共に申し分のない早朝でしたが…
c0122266_1371927.jpg
第46掃海隊・掃海艇「あおしま」さん、「ししじま」さんの出港が始まる頃、陽が翳りました。上空はほぼ快晴であったのですが、この時だけ、薄雲がかかったのです。そもそも、この日の朝は、ようやく快晴となった為、勇んで?公園に出かけたのです。よもや、第46掃海隊さんが出港されるとは思っていませんから、出港を見学記録出来るだけでも幸いなのですが、人間と云うものは欲張りです。雲が早くに流れる事を願いました。出来る事なら、最良の条件下で記録したい。そう思うのが人の常では。快晴になるのは、しばらく望めない…とも思っていましたので。沖縄は、間もなく梅雨入りです。貴重な晴れの1日となる筈です。
c0122266_1423283.jpg
美しいバウスラスターの水流を引き、下がってゆかれる「ししじま」さん。やや視界が暗い。ですが、やや暗くとも、やはり美しい。
c0122266_1441679.jpg
早くも白い夏服の方々がいらっしゃるので、「夏」と判りますが、冴え冴えとした冬色にも見えます。今回、こだわっているのは、色とバウスラスターの水流。高い位置からの記録は、数少ないのです。
c0122266_1464736.jpg
まだ、やや視界暗い。雲との攻防です。早く雲よ流れてくれ…。静かに横に滑り出港される「あおしま」さん。冴え冴えとした冬色に見える「あおしま」さん付近とは対照的に、実に多彩な桟橋地点。アーティスティックな桟橋です。
c0122266_1505229.jpg
「来た。光が来始めた…」。視界は冬色から群青へと変わり始めます。早くも大変美しい。もう、ただ、美しいとしか云えない色へと変わってゆきます。掃海艇さんがたが輝き始めます。「ししじま」さんの光沢は、良く斬れる刃のようです。新米見学者、料理が数少ない特技の一つですが(父方の一族は高島埠頭・本牧・石川町で料理店を営んでいた事もあり)、日々、包丁を研ぎます。良く斬れぬ包丁は苛々します。砥石で磨き上げた包丁の刃を思わせる「ししじま」さんの光沢。思えば、艦艇さんがたは刃の色でもあります。
c0122266_159342.jpg
「あおしまさんにも光が来てる…もっと光…光…」と内心呟きながら。両舷「ダブルバウスラスター」。幾度見ても、バウスラスターが一直線に湧き上がってゆく光景は感動します。
c0122266_241780.jpg
光来ましたね。敢えて、refelxで寄って「バウスラスター」。最早、画像を加工せずとも紺青の海。
c0122266_271887.jpg
「あおしま」さんも続いて、刃光沢の角度へ。雲は流れ、最良の条件下となりました。
c0122266_293816.jpg
蒼い。いえ。青い。何処までも青い。群青は「青の群れ」。群青よりも更に青い。日本の伝統色「漆黒」の2つ手前、「紺青(こんじょう)」もしくは、「濃藍(こいあい)」。
c0122266_2105444.jpg
これが「沖縄の掃海艇さん」。日本全国にご所属の掃海隊さん。それぞれの土地に色がある筈です。横須賀以外では、初の「ご当地見学記録」となった第46掃海隊さん。色は、勿論「紺青(濃藍)」。横須賀の掃海隊さんは…インダストリアルカラーの赤銅色?まだ、横須賀・沖縄以外でのご当地色が判りません。呉もインダストリアルカラーですが、「煉瓦色」。まだ呉では、掃海母艦「ぶんご」さんのみの記録ですが。
c0122266_2212979.jpg
第46掃海隊さんが出港され、ホワイトビーチ桟橋を護るのは、水中処分母船YDT06号さん。こちらも紺青ですね。
c0122266_2223647.jpg
出港される際を引いて。対岸の知念半島が良く見えています。横須賀と千葉県ほどの距離でしょうか。やや近いかもしれませんね…。是非、この地点からの夜景を幾度か撮りたいのですが、少し難しいです。ある「条件」があります。車があるとかないとかではなく。気象条件もありますが、そうではなくて。
c0122266_2281991.jpg
交差する航跡。早朝のホワイトビーチ。風は弱くはありませんでしたが、穏やかな海ですね。まだ、大荒れの状態を目にしていませんが。前日は、凄まじい北風が吹きましたが、それでも、横須賀のように波ざぶんざぶんではありませんでした。
c0122266_2315347.jpg
さあ、訓練へ。本日は、どちらにゆかれるのでしょうね。前日も訓練に出てゆかれましたが、どちら(方面)にいらしたのかは判りませんでした。
c0122266_221291.jpg
日向灘・陸奥湾・伊勢湾を思い出させる遠方へとなってゆきます。
c0122266_2341232.jpg
「琉球の聖地」である久高島。聖地の島。ニライカナイへ通じる島。
c0122266_2385820.jpg
まだ見えますよ…。岬に点在する不思議な岩岩と「あおしま」さん。本日は津堅島方面へ向かわれるようですね…。
c0122266_242882.jpg
更に、本日はまだ見えますよ…「あおしま」さん、「ししじま」さん、間もなく津堅島の向こう側へ。左手に少しだけ津堅島港の岸壁が入っていますね。平敷屋漁港から津堅島まではフェリーが出ています。「あおしま」さん、「ししじま」さんが訓練に出てゆかれたと云う事は…いつ戻られるか判りませんが、時間は十分にあるでしょう。どう考えても。その日のうちに戻られないかもしれませんし。と云う事で、新米見学者も津堅島へ行ってみる事にしました。日々見ていて、気になっていたのです。よくよく考えると、まだ「観光」をしていません。飛行機で飛んで来てしまいましたので、まだ沖縄の海の上を体験していません。
【註】投稿した後、確認していたところ、写真を間違えている事に気付きました(苦笑)。訓練より戻られる際の写真でしたが、敢えてこのままと致します。

と…ここで、深夜になりましたので、駆け足の『gvein(別館)』版の速報(1)は、ここで投稿とします。今回、突如、沖縄を訪れたのは、「今、行くべき」と思ったからです。新米見学者は、いつも唐突に突拍子もなく行動します。それが、この4年。海上自衛隊さんの見学記録の始まりとなった2008年8月2日の『よこすかさまーフェスタ2008』も、まさに「唐突に」でした。幾度かブログに書いていますが、「横須賀の花火大会を観に行ってみようかなあ?」が始まりです。当日、思い立ったのが、現在に至っているのです。何も変わっていません。人と云うのは、やるべき事が予め決められていて、それに従って生きていると思っています。自分が願うとか以前に。答えはいつも先には判らない。人生そんなもの。いつまで自分が生きているか判りませんし。その時、出来る事をしておかないと。新米見学者には「将来」と云う感覚がないのです。全く計画性がないとも云えますが。ですが、一昨日でしたか…タクシー運転手さんにして闘牛王者の牛主の古謝さんとお話していた際、思っている事が同じであったのです。「勝負は時の運。どんな勝ち方でもいい。勝つ事が全て。結果が全て。云い訳なんてしても何にもならない」。新米見学者は勝負師ではありませんが、「結果が全て」は、全く同感です。唐突な新米見学者の無茶ぶり。ですが「結果が全て」。結果=見学記録。「結果が全て」。しかし…ほんとに無茶なヤツ…
by guardianvein | 2012-04-28 03:04 | ┣掃海部隊