ブログトップ | ログイン

ふりかけそーすけ別館 ver.guardian vein

gvein.exblog.jp

7ヶ月ぶりに投稿再開しました

20120430 46MD, YDT06, LSD46...(速報)

「速報」と云っても、本日4月30日の見学記録は僅か10分足らずですが。本日の午前中は、沖縄市上空は夏の青空でした。少し蒸し暑い感じがしましたが、強めに風が吹くと爽やかです。急遽、むつみ姉さんに「いつもの公園」へ連れて行って戴きました。
c0122266_027287.jpg
ホワイトビーチ桟橋には、水中処分母船YDT06号さん、第46掃海隊・掃海艇「あおしま」さん、「ししじま」さん。一見、美しく晴れているように見えますね。実際に、数秒間、この地点のみ夏の青空風情でしたが…
c0122266_0302716.jpg
実は晴れていません。空を覆う雲は厚くなり始めていました。第46掃海隊さん後方の沖合に艦番号「46」。ドック型揚陸艦「トーテュガ」さん。「W46」。「トーテュガ」さん、おそらく…ご到着直後であると思うのです。勝連に向かう前、「ライカムビバリーヒルズ」からホワイトビーチ方面を見ていた際、「トーテュガ」さんのお姿は見えていなかったのです。沖縄市・うるま市は中城湾をはさみ向かい合っています。横須賀と千葉県を彷彿とさせます。距離もほぼ同じぐらいであると思うのですが(少し近いかもしれません)。
c0122266_039329.jpg
「トーテュガ」さん門扉が開いていましたし、「連絡艇」さんが見えていましたし。すぐに「連絡艇」さん出発されました。2月の伊勢湾にての掃海母艦「ぶんご」さんと「作業艇ぶんご」さんを思い出しました。
c0122266_0384499.jpg
「晴れた!」のは、ほんの数秒。日蝕帯のように光の帯が桟橋をこちら向かって駆けてきました。不思議な光景でした。そう云えば…まだ、先週金曜日の美しく晴れた日の速報を後編を投稿していませんでしたね…。
c0122266_0532399.jpg
先週金曜日、津堅島越しに見えた「あおしま」さん。この少し前、新米見学者、津堅島へ行きましたが、この時も、とても不思議な光景を目にしています。
c0122266_0593696.jpg
津堅島から平敷屋漁港へ戻る際、勝連半島のお隣の平安座島・宮城島・伊計島方面を見た時でした。「???何が光っている??」。写真では平面に見えますが、津堅島フェリー上から見ると、光の帯が浮き上がり、オーロラの蜃気楼のように見えていました。不可思議で幻想的な光景でした。
c0122266_14264.jpg
では、次回投稿は、先週金曜日の大変美しい晴天の日後編としましょう。天候次第では、明日も「いつもの公園」へ行くかもしれません。天候次第ですが、横須賀と千葉県ほどの距離でありながら(と云っても、横須賀と千葉は車30分では着きませんが)、かなり天候が異なります。こちらは夏の青空でも、勝連半島は曇天、スゴい時は大豪雨。本日などは、うるま市に時間30mmの集中豪雨予報も出ていました。「いつもの公園」にほぼ毎日「通学(見学記録ですので、通学)」している状態になっているのは、最高値の晴天を追っている為です。数秒でもいい。ですが、なかなか実現しません。時間差と交通事情と公園事情とエキセントリック天候事情。う〜ん…難しい…。明日の事は、今、決められません。
by guardianvein | 2012-04-30 23:23 | ┣掃海部隊