ブログトップ | ログイン

ふりかけそーすけ別館 ver.guardian vein

gvein.exblog.jp

7ヶ月ぶりに投稿再開しました

20120503 第46掃海隊「満艦飾の日」(後編)

沖縄県より神奈川県への移動がありましたので、少し時間が開きましたが、投稿再開します。少々疲れが出ていますが、あまりのんびりもしていられません。では、2012年5月3日。祝日旗日の海上自衛隊佐世保地方隊沖縄基地隊第46掃海隊・掃海艇「あおしま」さん、「ししじま」さん、国旗・自衛艦旗・満艦飾降下後の薄暮の記録を。
c0122266_22183829.jpg
見事な青空と美しい海。風いっぱいに張っていた満艦飾。既に梅雨入りしていた沖縄。梅雨の晴れ間を「五月晴れ」と云うそうですが、まさにその通りの美しい晴天の満艦飾でありました。ホワイトビーチ桟橋は、「聖地」の間に位置しています。前方は琉球加護の久高島。後方は「ひっちゃ」加護の御嶽と御杜がおわします。滞在中、「ひっちゃーんちゅ」の方々に、詳しく教えて戴きました。滞在期間中、最も見事に晴れたのは、2日のみ。特に、満艦飾の日への思いは強かったのです。幾度も、それぞれのブログに書いていますが、祖父が海軍さんへお納めする羽二重(光絹)の国旗を染めていたからです。大変貴重な見学機会を戴いた事に心より御礼申し上げると共に、祖父から三代。「横浜捺染一族の血統」の強い思いを以ての見学記録です。
c0122266_22162726.jpg
美しい青空から夕焼け空へ。『0503満艦飾』前・中・後編3部作の後編は、日の入り刻を過ぎ、国旗・自衛艦旗・満艦飾を納められる後方の皆様。前方から足音を立てずに走ってやって参りました。間に合いましたね…。多くの信号旗を束ねられています。
c0122266_22375661.jpg
まだ、掃海艇さんの満艦飾の旗数を数えていませんが、多くの信号旗をロープから外し、仕舞われますので、見学記録の時間は十分にありました。
c0122266_2239363.jpg
写真は、かなり明るく加工してありますが、照明が点灯している事でお判りかと思います。日の入り後、辺りが少しずつ暗くなり始めています。「あおしま」さん、「ししじま」さん、共に満艦飾納めです。
c0122266_22403043.jpg
洗濯物のように、どっと束ね担いで信号旗収納棚に持って行っても良いと思うのですが、そうはされません。1旒毎に重ねられていました。
c0122266_22424684.jpg
満艦飾は、見事に等間隔で掲げられています。寄ってしまわないように、「ピン(強力な)」で止められているのですが、よくよく考えると、どのようなピンで固定されているのか、凝視した事がありませんでした。
c0122266_22464080.jpg
「ししじま」さん、「Z旗」。全ての信号旗が外されましたね…。見学記録時間は十分にあったと云っても、実際には10分以内です。この時点で、まだ日の入りから僅か5分。
c0122266_22475936.jpg
「あおしま」さん満艦飾も、あと1旒です。
c0122266_22512998.jpg
満艦飾のロープも外されてゆきます。『0503満艦飾の日』投稿は、出来る限り記録画像を省略せずに詳細に投稿しています。満艦飾は年に幾度か行われますが、納められるまでを記録する機会は、そう多くない為です。電灯艦飾もです。掃海部隊の皆様は、5月末の高松港にて、記録出来ますね。電灯艦飾・満艦飾いずれも行われる筈です。昨年は台風2号接近に阻まれましたが。
c0122266_22583054.jpg
先ほども書きましたが、時間にして僅か10分以内ですので、集中的に記録しました。特に集中したのは、旗を仕舞われるお手元と、旗の流れ(風に揺れる)です。とにかく、こだわりました。
c0122266_230972.jpg
連写に近い状態で記録されています。日の入り後、少し見えづらい視界、また手持ちで撮影していますので、意識的に多く記録していたのですが、失敗は殆どなく、その為、投稿を3部作とするに至りました。
c0122266_23213192.jpg
出来る限り、旗と掃海部隊の皆様を記録したかったのです。「掃海部隊の皆様と旗(生地)」。
c0122266_23234822.jpg
風と波の音だけが聴こえる静かな夕刻。機能凝縮の掃海艇さんと柔らかい旗。しかも、皆様、とても丁寧です。旗を雑に扱っているようには到底見えません。カメラが向いているから、と云う事ではない筈です。新米見学者が掃海艦艇さんがたの近くを右往左往している光景も、あまり珍しくない筈ですし。
c0122266_23271725.jpg
旗。染め物。勿論、世の中には、布地も染められた生地も当たり前に存在していますが、新米見学者にとっては「特別」。どうしても、艦艇さんがたと一族の捺染工場が重なるのです。うかつに歩くと(素人が)怪我をする機材密集地帯。特にロープと生地。捺染工場内は、艦艇さんがた内に近いのです。子どもの頃から観ていた光景に思えるのです。また、ホワイトビーチ内は、自分が子どもの頃の横浜根岸のベース内に似ています。とても近い。嘉手納基地内・周辺は本牧のようです(いずれも、現在の横浜にあらず)。
c0122266_23341496.jpg
1旒1旒、重ねられてゆきます。くしゃっとまとめて持ってゆかれるのではなく。
c0122266_23381715.jpg
次第に視界は夕焼けの色から夜の訪れ、青い視界へと変わってゆきます。「ししじま」さんでは、満艦飾のロープが外されました。とにかく、こだわったのは、お手元。「手から手へ」。
c0122266_23401778.jpg
静かに暮れてゆく、満艦飾の日。本当に静かでした。穏やかな時間でした。都会の喧噪・雑踏はありません。皆様も黙々と作業を進められています。
c0122266_23361272.jpg
「あおしま」さんでは、既に満艦飾のロープが束ねられていました。生地をたたむように、ロープも手繰られまとめられてゆきます。
c0122266_2345112.jpg
日が暮れると、途端に肌寒くなります。日中は真夏であったのですが。じりじりと紫外線が刺すように感じられ、砂浜では、子どもたちが泳いでいた程でしたが。沖縄は日中暑くとも、日が暮れると、かなり涼しいのです。肌寒い程に(真夏は判りませんが)。
c0122266_23474465.jpg
む?こちらが満艦飾のロープですね…いや、2本ありましたね。
c0122266_23513732.jpg
こちらはワイヤー?ワイヤーとロープ?(これほど詳細に記録していて、まだ判っていないようですね…新米見学者)
c0122266_23522579.jpg
辺りがかなり暗くなり始めていましたので、ふと空を仰ぐと…「あおしま」さん、「ししじま」さんのマストにお二方。それぞれ。満艦飾仕舞作業大詰めですね。
c0122266_23541824.jpg
「あおしま」さんマストのお方。とにかくこだわった、お手元と「流れ(動き)」。「動線」。
c0122266_23555474.jpg
「ししじま」さんマストのお方。それにしても…実に多くのロープが張っていますね。満艦飾の「支柱(支点)」が外されます。間もなく、「満艦飾の日」が終わります。
c0122266_23575438.jpg
さくさくとマストを降りて来られます。今回、これまでで最もと云うより、縦位置の写真が大変多くなりました。ブログ上に投稿する際には、縦位置画像は不向きなのですが、そのような事にこだわる必要はありません。
c0122266_005111.jpg
静かながら、各地点で皆様動いていらっしゃいます。夜の訪れを前に。
c0122266_022537.jpg
「あおしま」さんマストのお方も、さくさく降りて来られます。やや無理をすれば、もう少し明るく撮れたでしょうが、明るくすると夜の訪れが判りづらいですし、マスト頂上の赤い照明が色褪せてしまいます。
c0122266_04210.jpg
これにて、「満艦飾仕舞作業」完了ですね。日の入りから、僅か15分足らず。さあ…新米見学者も満艦飾見学記録を終え、撤収です。油津港や高松港、松阪港では夜遅くまで、港を右往左往していますが、ここはホワイトビーチ。
c0122266_072692.jpg
「こやけ」の時刻に入ったようですね。夕焼けは二段階あります。劇的な日の入りまで。その後、少し経った頃に、もう一度、空が夕焼け色に染まる時間帯があります。それが「こやけ」。童謡にも歌われている「ゆうやけこやけ」。非常に美しい時間帯です。西の空側の「ししじま」さん、「あおしま」さんは、まだ少し明るさが残っていますが…
c0122266_091287.jpg
お隣、東の空側の水中処分母船YDT06号さんは、夜の青に染まり始めていました。
c0122266_0104020.jpg
「こやけ」の空と「あおしま」さん、「ししじま」さん。これにて、満艦飾の日見学記録終了です。大変貴重な見学機会を戴いた5月3日が暮れました。

前・中・後編、全て大作となりました。沖縄にての見学記録投稿は、まだ完了していません。連休明けから沖縄滞在最終日前日まで。沖縄県から神奈川県に戻り、2日が経ちましたが、やや疲れております(早くも夏バテ?)。メインのマシンへの画像移動は完了しました。これより、大きなモニタでの記録確認・投稿となります。

【番外編】ふと気になった事柄「かっぱ」くん
c0122266_22403043.jpg
当日は気付いていなかったのですが、後に「あおしま」さんのフロートに「かっぱ」くんが出現している事に気付きました。「う〜ん?」。前から居ましたか…伊勢湾にての記録を確認しました。
c0122266_0201039.jpg
旅するスカレー兄弟は挟まっていますが、「かっぱ」くんは居ませんね。最近、「あおしま」さんに棲み始めたようですね…。
by guardianvein | 2012-05-10 22:12 | ┣掃海部隊