ブログトップ | ログイン

ふりかけそーすけ別館 ver.guardian vein

gvein.exblog.jp

7ヶ月ぶりに投稿再開しました

掃海母艦「ぶんご」さんと第二海堡(短く投稿)

「平成24年度米国派遣訓練」へ掃海母艦「ぶんご」さんが出航されてより、間もなく1週間ですね。その間、自分は母親の病院付き添い(検査)等あり、なかなか投稿が出来ずにおります。こちらも休刊が続いておりますので、短く2cutの投稿を入れます。「ぶんご」さん出航詳細投稿は、『日報』へ投稿予定です。こちらは、過密月間5月の記録を松阪港より再開したいと思っております。
c0122266_18125440.jpg
横須賀より「平成24年度米国派遣訓練」へ出航された「ぶんご」さん。白波走る東京湾へと出てゆかれましたが、前方に第二海堡が見えて参りました。本日も検査がありましたので、母親と共に病院へ。横浜市には東西南北の基幹病院があり、その一つ。大きな病院ですので、診察・検査を待つ人々も大勢。当然、予約があっても、長時間待つ事になります。何となく、病院内のコンビニエンスストアに行き、本を見ていたところ…『旧軍史跡を歩く』(新人物往来社文庫)、『懐かしの鉄道遺産』(KAWADE夢文庫)が目に留まりました。2冊とも購入。『旧軍史跡を歩く』に第二海堡の平成17年当時の写真が掲載されていました。それから7年。現在の第二海堡。随分と面変わりしてしまいました。
c0122266_18303510.jpg
面変わりしたと云うより、小さくなってしまった…と云う印象ですね。第一海堡と第二海堡の存在を知ったのは、おそらく中学生の頃。地図で見つけました。かれこれ30年以上が経過しますが、今では、「いつも観ている」。第一海堡と第二海堡は、東京湾上空がかなりの曇天、しかも霞んでいて、他の船舶が全く見えない日でも、不思議と浮き上がって見える時があります。珍しい事ではなく、割と頻繁に。いつも不思議に思っています。晴天の日よりも、むしろ、曇天、かなり東京湾が霞んでいる日の方が判り易いかもしれないと思う程です。

本日、病院の待ち時間の間に読んでいた『旧軍史跡を歩く』。「ぶんご」さん出航の日の東京湾を思い出し乍ら。呉のアレイ烏小島のクレーンの事も判りました。長い長い待ち時間ですが、無駄ではなかったと云う事ですね。それにしても、病院に行くだけで疲れてしまいます。1日がかりです。
by guardianvein | 2012-06-18 18:39 | ┣掃海部隊