ブログトップ | ログイン

ふりかけそーすけ別館 ver.guardian vein

gvein.exblog.jp

7ヶ月ぶりに投稿再開しました

掃海母艦「ぶんご」さんRIMPAC2012より帰国(『日報』版移植)

【0821転載追記】現在、なかなか投稿時間がとれない状態にあります。先に『日報』へ投稿の掃海母艦「ぶんご」さん帰国の速報をこちら『gvein(別館)』へも移植転載致します。

駆け足の速報です。海上自衛隊さんの見学記録を始めた2008年以降、毎年8月15日には熊谷に行っておりましたが、今年は思うところあり予定を変更。東京湾が観たかったのです。早朝から追浜へ向いました。早朝でないと動けない、と云う事もありましたが(高温になる事が判っていましたので)。いつもの時間に家を出たのですが、電車が止まってしまい、予定より15分遅れで、「いつもの埠頭」に着きました。そして…
e0150566_15373142.jpg
本日午前、機雷を征する西の鋼の女王、掃海母艦「ぶんご」さん、RIMPAC2012より横須賀へ御帰還。ハワイより圧巻の「BACK RIDE 20120815」となりました。3日前には、機雷を征する東の鋼の女王、掃海母艦「うらが」さん、掃海艦「はちじょう」さんがアラビア半島周辺海域へ向けて出航されています。「東西鋼の女王東京湾往来」。
e0150566_15431276.jpg
いつもの見学地点(1)に到着した直後、東京湾遥か彼方に既に「ぶんご」さんのお姿が見え始めていました。電車が止まらなければ、お姿見え始めると同時の到着であった事でしょう。「18」は、ここが横須賀である標。
e0150566_1545432.jpg
reflexの距離ですが、敢えて300mmで徐々に近付いて来られる際、また、壮大な東京湾雲情景と共に。高温・高湿度ながら視界は極めて良好。
e0150566_15481684.jpg
今夏の陸奥湾を彷彿とさせる見事な「雲劇場」。銀河の光の粒のように煌めく水平線、浮かび上がる第一海堡・第二海堡。鋼の女王の帰還に相応しい「情景」となりました。掃海母艦「ぶんご」さん、RIMPAC2012へ向けて横須賀を出航されたのは、6月13日。約2ヶ月。世界各国の大部隊が集結したハワイ周辺海域での訓練を終えられ、本日帰国でありました。
e0150566_1556599.jpg
2ヶ月前、「ぶんご」さん出航の朝、横須賀の港は入出港ラッシュでありました。本日も、忙しく動きました。到着直後、まだ、「ぶんご」さん彼方の頃、間近にいらしたのは、米海軍タグボートさん。つい、「セミノール」さんと思ってしまうのですが、トリプル進化されました。こちらのお方は…よ…読めないのです。「YT-806 PUYALLUP」さん。米海軍タグボートさんが吾妻島のこちら側にいらっしゃる事は珍しいのですが、深浦方面からの台船さんを待っていらしたのです。
e0150566_161296.jpg
長浦港より、海上自衛隊横須賀警備隊の大型曳船YT95号さんが出て来られた頃、横須賀本港側より、米海軍さん駆逐艦「フィッツジェラルド」さん出港です。
e0150566_1623242.jpg
徐々に「ぶんご」さんのお姿が大きく見え始めます。更に大きく見えているのは、大型曳船YT95号さん。
e0150566_1635827.jpg
吾妻島黒岩海岸付近には、大型曳船YT99号さん。長浦港より出て来られたのは、油船YO40号さん。更に、その後方からは独特の音で、どちらにいらしてもすぐに判る米海軍台船さん部隊の皆様が東京湾へ出てゆかれます。日本国内はお盆休み中ですが(本日まで?)、横須賀の港、東京湾は忙しく動いていました。
e0150566_16741.jpg
「ぶんご」さんの後方を「どなたかが駆け抜けてゆかれた?」。よくよく観ると、伊豆諸島を目指す高速船「セブンアイランド」号さんです。「ぶんご」さん出航の朝も爆走してゆかれましたね。
e0150566_1682064.jpg
目の前いっぱいにYT95号さん。「ぶんご」さんのお出迎え待機中。
e0150566_1691877.jpg
同じく、お出迎えのYT99号さんと田浦倉庫群。そして、米海軍台船さん、東京湾へ向われます。この時、東京湾には米海軍さん駆逐艦「ラッセン」さん、横須賀本港を出港された「フィッツジェラルド」さんがいらっしゃいました。台船部隊さん続々出港。
e0150566_16121544.jpg
見学地点移動。暑さと窓の隙間との攻防となりますが、東京湾を高い位置から一望です。壮大な積乱雲。かなり近くに来られた「ぶんご」さん、右手は「フィッツジェラルド」さん。
e0150566_16143663.jpg
reflexに切替。東京湾満員。「フィッツジェラルド」さん、「PUYALLUP」さん、台船さん、「赤防ライト」、掃海母艦「ぶんご」さん。圧巻の画角いっぱいいっぱい。そして、「ぶんご」さん艦首付近には、乗員の方々。遂に東京湾ご到着です。横須賀ご到着まで、あと少し。「今か今か」の頃でしょうね。
e0150566_16185858.jpg
西の鋼の女王、遂に横須賀防波堤赤灯台を折り返し、長浦港入港ラインに入られました。背景の積乱雲は「MAX」到達直前。
e0150566_1620499.jpg
「ぶんご」さんの皆様、もう間近。「着いたなあ…横須賀に…横須賀だ…」。【註】「ぶんご」さんは呉のご所属です。この直前、入港らっぱが鳴り響き、元気いっぱいの「入港よーい!!」が、しっかり聴こえました。
e0150566_16232278.jpg
間もなく真横の位置です。「…船越まであと少し…」。
e0150566_16271671.jpg
逸る心。皆様、あともう少しですね。こんがり日焼けなさっているように見えますね。お元気そうで何よりです。良かった…。どなたか判る距離です。
e0150566_16325873.jpg
皆様、とてもお元気そうですので安堵しましたが、「ぶんご」さんは、点々とお怪我なさっていますね…。鋼の女王「何を申すか。かすり傷にもならぬわ」かもしれませんね…。
e0150566_1638683.jpg
皆様、お帰りなさいませ。船越は目前ですが、まだ、もう一旅ですね。呉へお帰りになられる前の横須賀にてしばしの上陸、休息でありましょうが。横須賀にご所属の皆様のお顔も見えていましたが。
e0150566_16404658.jpg
田浦倉庫群前へ。多くのお出迎えの皆様がいらっしゃる船越岸壁が間近に見えた頃でしょう。あと僅か。

では、駆け足の速報、これにて投稿致します。日曜日の「うらが」さん、「はちじょう」さん出航に続き、「ぶんご」さん帰国。共に見学記録は、暑さと汗(目が見えづらい)の攻防となりました。その間に母親を病院に連れて行った事もあり、連日の厳しい暑さとの攻防で、新米見学者、かなりヨレヨレです。「ぶんご」さん、横須賀滞在はそれほど長くはないでしょう。母港・呉へ向けて、すぐに出港される事でしょうが、新米見学者、体力限界…。何にしましても、皆様、ご無事に、元気にご帰国された際を何とか記録出来ました。
by guardianvein | 2012-08-21 07:30 | ┣掃海部隊