ブログトップ | ログイン

ふりかけそーすけ別館 ver.guardian vein

gvein.exblog.jp

7ヶ月ぶりに投稿再開しました

掃海部隊見学記録 ver.facebook900pix「6cut構成」(試験投稿)

只今、フリーズ状態。何も決められない状況に置かれていますが、画像確認・作成・投稿は出来ます。それしか出来ないとも云えますが。実に2011年の今頃に酷似しています。では、前回に続き、『海上自衛隊掃海部隊見学記録 ver.facebook』の900pix6cut構成の画像にて。facebook版ですが、未投稿です。パソコンからご覧戴いてる皆様、画像をクリックして戴ければ、元画像900pixがnew windowで開きますが、右下を引っぱり全面表示にして下さい。
c0122266_2293767.jpg
始まりは、650pix。各ブログ未投稿です。こちらの画像を見つけた事が今投稿のきっかけとなりました。走るJR日南線内より、志布志港を目指す掃海母艦「ぶんご」さん。既に、その前に第46掃海隊・掃海艇「あおしま」さん、「ししじま」さん(「あおしま」さんは、志布志港に入港されず)、第1掃海隊・掃海艇「いずしま」さん、「みやじま」さん、「あいしま」さんのお姿を確認していました。「間に合うのか!」と、手に汗握った事を思い出します。新米見学者は、いつも焦っている気しますね(苦笑)。「間に合うのか!」と。手に汗握っても、焦っても間に合わぬ時は間に合わない。幾度、地面に突っ伏したい衝動に駆られた事でしょう(そう云えば、昨日、自宅で思い切り転倒。しこたま右肱・右半身を打ちました。近くにテーブルがありましたし、床で頭を強打せず幸いでした)。話が反れましたが、こちらの画像がきっかけとなり、900pix6cut画像を多数作成しました。志布志港と油津港での記録です。
c0122266_2402074.jpg
2011年志布志港にて、当時の第1掃海隊・掃海艇「いずしま」さんの皆様。その後、ご所属が変わられた方々もいらっしゃいます。当時も速報にて投稿していますが、未投稿の記録もあります。facebook版では、これまで投稿し切れていない記録を多く…と考えています。また、和やかな「記念写真」的な記録も多く、と。
c0122266_2444460.jpg
2011年志布志港にて、当時の第101掃海隊・掃海管制艇「いえしま」さん、「さくしま」さんの皆様。美味しそうな「いえしまランチ」は、乗員の方々、一般公開のサポートをされる自衛隊鹿児島県地方協力本部の皆様が召し上がられます。とても美味しそうでしたので、記念に写真を撮らせて戴けるようお願いしました。「掃海部隊の皆様の日常」とも云える、「記念の写真」。多くが投稿出来ていません。時間が経過する程に「記念」となってゆきます。
c0122266_251994.jpg
2011年油津港にて、当時の第42掃海隊・掃海艇「つきしま」さんの皆様。既に昨年、勇退された「つきしま」さん。もう記録する事は出来ません。
c0122266_2532852.jpg
「つきしま」さん各所。思えば、この時が最初で最後の「つきしま」さん見学であったと思います。大変貴重な機会を戴きました。
c0122266_2551861.jpg
『平成23年度 機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練』期間中でしたので、出港を控え、黄色の処分具整備点検の際の記録です。
c0122266_2565266.jpg
この日、「つきしま」さんは報道取材陣の方々をお乗せして、日向灘へ向われます。各所にて整備やお掃除の時間帯。
c0122266_2583055.jpg
報道取材陣の方々と共に、いざ出港。日向灘の訓練海域へ。見事な快晴となりましたが、この日の日向灘はうねりが大きく、強風であったと思います。「つきしま」さん900pixを5点作成しましたが、6cut*5で30cut。それでも、まだ記録の全てではありません。900pix6cutは、1cutごとが小さく、やや観づらいかもしれませんが、「一望」出来ます。6cutが1つの画像内に並ぶ事で、「流れ」も判ります。
c0122266_311352.jpg
2012年油津港。第41掃海隊・掃海艇「のとじま」さん着岸時の「時系列(流れ)」。着岸サポートの第43掃海隊・掃海艇「うくしま」さんの皆様、「なおしま」さんの皆様。この日、第41掃海隊さん、最も岸壁側にご到着は、「のとじま」さん。サンドレッドが次々飛びます。最も岸壁側に着かれる掃海艦艇さんがたの着岸サポートは、最も近い距離にいらっしゃる掃海部隊の皆様がご担当されます。
c0122266_310292.jpg
第41掃海隊さん前方は、第43掃海隊さん。最も岸壁側は「なおしま」さん。一番手のご到着。その場合は?最も近い第46掃海隊さんが着岸をサポート。この時は「あおしま」さんの皆様ですね。こうして観ると、「人が掃海艇さんを曵く」ようにも見えます。艦艇さんがたを動かすのは、「人の力」。入出港時には、それぞれの艦艇さんがたの艦橋に隊司令・艇長が立たれます。この時、「なおしま」さんと「ししじま」さんは超至近距離。今投稿は、最も油津の街に近い岸壁の皆様ですが、第2掃海隊さん、第44掃海隊さんご到着時の記録あります。果てしなく900pix6cutを作成可能です。
c0122266_317580.jpg
快晴の油津港から雨の志布志港へ。2012年志布志港にて第1掃海隊・掃海艇「いずしま」さんの皆様の「記念写真」。雨ですが、終始和やかであるのが一般公開の日。『機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練』終了後ですので、殊更に。
c0122266_3205158.jpg
こちらは同日、第46掃海隊・掃海艇「ししじま」さん。終始和やかであった一般公開が終了、瞬く間に出港準備。和やかであったがゆえ、半月掃海部隊の皆様を見学記録し続けていましたので、云い知れぬ寂しさがどっと押し寄せる頃です。傘が必要な雨が降っていましたが、皆様、出港準備。笑顔である程に寂しさが増します。この頃、「ししじま」さんが戻られる沖縄地方には、強風波浪注意報が出ていました。波高予測は3m。新米見学者には、全く予測のつかぬ波高3m。幸い、これまで船酔いはした事がありませんが、波高3mには無事で居られないでしょうね…。

昨年12月の志布志港での一般公開時の記録は、その後、体調を崩した事もあり、あまり投稿出来ていません。あまりに投稿出来ていない記録が多いのです。とにかく、作成出来次第、投稿です。
by guardianvein | 2013-01-29 03:28 | ┣掃海部隊