ブログトップ | ログイン

ふりかけそーすけ別館 ver.guardian vein

gvein.exblog.jp

7ヶ月ぶりに投稿再開しました

20130411 掃海母艦「うらが」さん、EODさんがた(『日報』版+)

昨日4月11日東京湾・吾妻島前の見学記録は、『日報』へ速報を投稿しました。見事な快晴の午后でありました。『日報』速報版より掃海母艦「うらが」さん、EOD員さんがた転載。『gvein(別館)』版追加。
c0122266_6630100.jpg
見事過ぎる快晴明瞭東京湾に掃海母艦「うらが」さん再び。第二海堡前には、護衛艦「てるづき」さん。スケールの大きな東京湾折り返しですね。視界は極めて明瞭。
c0122266_693067.jpg
吾妻島前も実に明瞭に見えました。視界さえ良ければ、実によくよく見えます。訓練終えられ横須賀本港側に戻ってゆかれるのは横須賀水中処分隊の皆様。お背中にタンクは、第41掃海隊・掃海艇「つのしま」さんEODチームの皆様。実によく見える!
c0122266_6115387.jpg
午后の訓練前半は、「ひたすら泳ぐ」でした。通り過ぎる見学では、全く見えていない時間帯。折り返しの「はこざきの箱タッチ」されているEOD員さんの赤い手袋まで見えます。
c0122266_6191040.jpg
「ひたすら泳ぐ」のゴールは、横須賀本港口近くの処分艇さん。昨日の東京湾は、かなりの強風。しかも、気温も低く、寒かった…。強風の海で泳ぐのは容易ではありません。
c0122266_6205614.jpg
ですが、元気に飛んでいらっしゃるお方も。どうして飛んでいらっしゃるのかは、画像左半分に答があるのですが(今回は画像右半分のみ)。追浜から、じっと新米見学者が見ているとはお判りにならなかったでしょう。少し距離はありますが、訓練に出て来られてから戻られるまで、じっと見学出来るのが、この地点。視界さえ良ければ、遠くはありません。陸奥湾・日向灘での見学記録を続けて来たからこそ、近いと云える距離かもしれませんが。
c0122266_6351257.jpg
4段階、敢えて色を変えて。やや日が陰っていたので、粗くなっていますが。欲を云えば、あともう少し距離が近ければ良いのですが、吾妻島前に駆け込んで来られる横須賀水中処分隊さんの「全景」が記録出来ます。通り過ぎる見学では、気象条件(特に強風)に大きく左右され、失敗の山を築き上げた吾妻島前。時間制限もなく、落ち着いて冷静に記録する事が出来ます。新米見学者は、独り遠くから、じっと見ている。
c0122266_650493.jpg
時折、視界がこんな事になり、驚いたりしますが。
c0122266_639251.jpg
それほど遠くもないのです。長浦港へ向われる掃海母艦「うらが」さん艦尾の皆様。こちらからは大変良く見えています。
c0122266_6423429.jpg
第二海堡前の掃海母艦「うらが」さん。背後千葉県の高圧電線群が、さながら神殿の如し。右手へ疾走内火艇さんは、護衛艦「ひゅうが」さん号。
c0122266_6462724.jpg
圧巻のreflex500いっぱいいっぱいの掃海母艦「うらが」さん。実に明瞭!
c0122266_6482182.jpg
朝は、さーっと雨が降り、昼頃も雲の多い曇天でしたが、見事に晴れ、まるで夏の情景のようでした。
c0122266_6503854.jpg
夕刻には、水中処分母船YDT03号さんも戻られ、昼少し前から日の入り少し前までの久しぶりの数時間見学記録となりました。

twitter版の「「@guardianveinsも順調にマイペースに進んでいます。facebookと比べ、かなり画像表示が綺麗です。exciteブログ版とtwitter版の連動を定着させてゆきましょう。こちら『gvein(別館)』が止まっている時は、twitter版が動いている事でしょう。
by guardianvein | 2013-04-12 06:54 | ┣掃海部隊