ブログトップ | ログイン

ふりかけそーすけ別館 ver.guardian vein

gvein.exblog.jp

7ヶ月ぶりに投稿再開しました

機雷の除去は掃海部隊の皆様がご担当では(投稿準備途中経過)画像追加

【0429画像・本文追加】4月29日(昭和の日)午前7時頃。ふなばし三番瀬海浜公園沖で爆発性危険物発見のニュースを『news every.』さんにて知りました。twitter版3tweetを、こちら『gvein(別館)』に統合追加します
【20130422 2307画像追加・本文追記】キャプチャ画像がスマートフォンでは見えづらいので、テキスト版を追記します。また、画像も新たに追加致しました。

こちら『gvein(別館)』の投稿が10日も停止していますが、サボっていた訳でも、忘れてしまった訳でもありません。一所懸命に資料を捜し、記録画像を確認していました。その間、twitter版の「@guardianveins」を逐次投稿。地道ながら順調にtweet蓄積中。ほぼ全てのtweetに画像添付。と、今投稿はtwitter版のプロモーションではありません。どのような事柄を一所懸命に追っていたのか。そのきっかけは…3月26日付の朝日新聞朝刊の記事。判り易く画像化しました。3月26日の朝日新聞朝刊。「ニュースQ3」と云う記事を読み、「え?」でした。

近年も年に数個見つかる「機雷」も処分隊が担当する。(3月26日付 朝日新聞部分転載)

「え?え(?.?)?」

c0122266_1335743.jpg
判り易く画像化しました。不発弾処理の記事でしたが、確かに海で見つかった場合は、各地の水中処分隊さん…大湊水中処分隊・横須賀水中処分隊・呉水中処分隊・舞鶴水中処分隊・佐世保水中処分隊・沖縄水中処分隊さんが担当される事と思いますが、機雷は海上自衛隊掃海隊群・海上自衛隊各地方隊の掃海隊さんのご担当では?海上自衛隊掃海隊群第1掃海隊・第2掃海隊・第51掃海隊・第101掃海隊、大湊地方隊函館基地隊第45掃海隊・横須賀地方隊第41掃海隊・呉地方隊阪神基地隊第42掃海隊・舞鶴地方隊第44掃海隊・佐世保地方隊下関基地隊第43掃海隊・佐世保地方隊沖縄基地隊第46掃海隊の皆様のご担当では?

掃海隊群さんの銀製バッヂは機雷そのもの。先代の掃海隊群さんのイルカさん(現在、ドラゴン!)、掃海艦「つしま」さんの豹?、第46掃海隊さんのシーサーくんも機雷を仕留めてます。文字で説明するより、画像で一目瞭然。

ですが、新米見学者も最初は、よく判らなかったのです。何せ、EOD員さん・掃海部隊の皆様の見学記録を始めて、まだ5年。永々と連なる掃海部隊の皆様の歴史からすれば、5年など瞬き程。「爆発性危険物(不発弾)」と「機雷」の除去は…掃海部隊の皆様と水中処分隊さんは…。昨年、ようやく「機雷は掃海部隊。そうでないものは水中処分隊」と、掃海部隊のお方に教えて戴きました。これにて納得(物わかりの悪い新米見学者)。「ご当人がた」からお聞きしたのですから、間違えはありません。

ですので、エラそうな事は云えませんし、云うつもりもありませんが、自らの勉強不足を少しでも改善する為、この新聞記事をきっかけに、これまでの文字資料・websiteを再確認。再勉強です。現在、非公開ブログの方で投稿準備中ですが、ようやく形になって参りました。まだ、確認中ですので、テキストではなく、非公開ブログ(試験用)のキャプチャー画像を。
c0122266_1326451.gif
現在、新米見学者が知り得た範囲での作成です。試験・準備用の非公開ブログもexciteですので、即座に転載可能ですが、今回はキャプチャー画像にて。2009年9月9日の当時の横須賀水中処分隊さんの常陸那珂港での不発弾処理から、2012年7月12日の東京湾魚雷水中爆破処理まで。現在、知り得た範囲での作成ですが、相当な時間を要しました。慎重に、間違えはないか?と、幾度も資料を確認しています。この一覧を見ると、不発弾=爆発性危険物の除去も、地域によっては水中処分隊さんではなく、掃海部隊の皆様が担当されている事が判ります。横須賀では、不発弾=爆発性危険物処理は横須賀水中処分隊さん。昨年の東京湾魚雷の際は、水中爆破の日、自分は大湊におりましたので、その日を実際に目にしていませんが、事前の調査は掃海隊群司令部「水中処分班」の皆様、第41掃海隊・掃海艇「のとじま」さん(当時)、「つのしま」さんがあたられていました。水中爆破処理に、掃海隊群司令部「水中処分班」の皆様がいらしたとお聞きしています。

ここのところ、家の事情等あり、また横須賀に見学記録にゆけぬ日々となっていますし、こちら『gvein(別館)』の投稿も止まっておりますが、実際には、ひたすら確認・作成・投稿(twitter版)を続けています。突発的に画像を作成する事もありますので、作成でき次第、twitter版に投稿しています。例えば…今朝の投稿(tweet)。
c0122266_13365282.jpg
iPadサイズ掃海隊群さんindex。「晴天」の際の記録で構成できないだろうか…と試みました。こちらも時間を要する画像ですので、一気に作成出来ません。各地方隊掃海隊の皆様は「coming soon」です。掃海管制艇「さくしま」さんが勇退されるまでのversion。

こちら『gvein(別館)』が停止していても、新米見学者自体が停止している訳ではありません。今回、こちらに投稿した『機雷の除去は掃海部隊の皆様のご担当では」は、こちら『gvein(別館)』と『日報』の同時投稿・もしくは時間差投稿致します。

twitter版の「@guardianveins」は、無節操なフォロワー集め・がむしゃらな宣伝活動は行っておりませんので、まだフォロワーさんがたも少ないのですが、それで良いと考えています。地道に育てるtwitter版。facebookと比べて、画像表示がかなり綺麗ですので、facebook版は一時お休み。twitter版が日々稼働中です。突発的に各exciteブログ未投稿の記録もあり、新たな進行です。最も画像表示が美しいのは、exciteブログですので(極めて元画像に忠実)、先にtwitter版に、それこそ「速報」で投稿し、後にexciteブログにて大作として投稿する、と云う形になるでしょう。ただ、twitter版の難点は、exciteブログのように詳細なアクセス解析が出来ない事でしょうか。フォロワー数のみでは、閲覧数は全く判りません。自分自身、フォローしていなくても、閲覧しているtwitterアカウントがありますので。

▼【20130422 2307画像追加・本文追記分】
非公開ブログ(試験・準備用)より、一部転載いたします。現在、新米見学者が知り得ている範囲内での作成です。ブログでは全てのHTMLタグが使用出来ない為、閲覧されるPC環境・ブラウザによっては表組が崩れて見づらいかもしれません。

▼2009年9月〜2012年12月 爆発性危険物・機雷爆破処理
2009年09月9日 茨城県常陸那珂港 旧軍250kg爆弾 水中爆破処理
▲海上自衛隊横須賀地方隊横須賀警備隊 横須賀水中処分隊
(資料:常陽新聞)
2010年6月12日 神戸港中央航路 機雷(推定)1発 水中爆破処理
▲海上自衛隊呉地方隊阪神基地隊第42掃海隊
(資料:国土交通省近畿地方整備局神戸港湾事務所発表PDF)
2010年11月03日 太刀浦海岸北東関門海峡 不発弾9発 円錐形砲弾8個・円柱形機雷1個 水中爆破処理
▲海上自衛隊佐世保地方隊下関基地隊 第43掃海隊 掃海艇「とよしま」「うくしま」
(資料:読売新聞)
2011年04月26日 富津沖第二海堡付近 不発弾直径20cm、全長約1m 水中爆破処理(※部分爆破) 
▲海上自衛隊横須賀地方隊横須賀警備隊 横須賀水中処分隊・水中処分母船YDT03
(資料:千葉県防災危機管理監防災危機管理課発表・当時のニュース映像)
2011年09月29日 那覇港 3インチ艦砲弾・小銃弾等193発 水中爆破処理
▲海上自衛隊佐世保地方隊沖縄基地隊 沖縄水中処分隊
(資料:那覇市発表・NHK web 確認:沖縄水中処分隊さんご本人がた)
2011年12月01日 富津沖第二海堡付近 不発弾長さ約88cm、直径約13〜17cm 水中爆破処理
▲どなたが担当されたのか文字資料がありませんが、横須賀水中処分隊さんとお聞きしています。
(資料:国土交通省関東地方整備局東京湾口航路事務所発表PDF)
2012年03月13日 福岡県苅田港沖 旧陸軍91式尖鋭榴弾 揚収
▲海上自衛隊佐世保地方隊下関基地隊第43掃海隊(画像のEOD員さんは掃海艇「うくしま」ご所属)
(資料:海上自衛隊佐世保地方隊下関基地隊site)
2012年03月15日 福岡市西区宮浦港沖 爆発性危険物1個 回収
▲海上自衛隊佐世保地方隊下関基地隊第43掃海隊
2012年03月20日 福岡市西区宮浦港沖 50kg爆弾、94式、91式榴弾2個(計 爆発性危険物4個) 残置・回収
▲海上自衛隊佐世保地方隊下関基地隊第43掃海隊
(資料:海上自衛隊佐世保地方隊下関基地隊site)
2012年04月12日(EOD潜水調査) 福岡市西区宮浦港沖 直径50cm、長さ80cmの爆雷2個(後に爆破処分)
▲海上自衛隊佐世保地方隊下関基地隊第43掃海隊
2012年05月10日(EOD潜水調査) 直径20cm、長さ100cmの爆弾らしきもの・旧軍99式30kg爆弾(後に爆破処分)
▲海上自衛隊佐世保地方隊下関基地隊第43掃海隊
(資料:海上自衛隊佐世保地方隊下関基地隊site)
2012年06月06日 関門航路 沈底機雷MK26(約2m) 水中爆破処理
▲第43掃海隊 掃海艇「うくしま」EOD潜水調査・掃海艇「なおしま」爆破処分
2012年07月11日 玄海島沖 不発弾39発水中爆破処理
▲海上自衛隊佐世保地方隊下関基地隊
(資料:MSN産経ニュース)
2012年07月12日 横須賀港沖 直径40cm、全長約4.7m魚雷 水中爆破処理
▲当日を確認していませんが、事前に調査を行われていたのは、海上自衛隊掃海隊群司令部「水中処分班」、第41掃海隊 掃海艇「のとじま」(当時)「つのしま」の皆様です。
(文字資料:神奈川県安全防災局危機管理部危機管理対策課発表・国土交通省関東地方整備局発表)


▼海上自衛隊佐世保地方隊下関基地隊・第43掃海隊 爆発性危険物・機雷処理
(1)H24.03.13 福岡県苅田港沖 旧陸軍砲弾91式尖鋭砲弾 1個 EOD(うくしま?)潜水調査の後、回収
(2)H24.03.15 福岡市西区宮浦港沖 旧海軍爆雷1個 EOD潜水調査の後、回収
(3)H24.04.12 福岡市西区宮浦港沖 直径50cm 長さ80cmの爆雷
EOD潜水調査の後、福岡市と協議の上、爆破処分(予定←平成24年8月28日現在)
(4)H24.05.09 福岡市西区宮浦港沖2カ所
▲直径20cm 長さ100cmの爆弾らしきもの ▲旧軍99式30kg爆弾(直径15cm 長さ75cm)
EOD潜水調査の結果、内1個は牡蠣柄に覆われ信管の有無不明の為、残置(後日調整爆破処分)
もう1個は下関基地に搬送、水蓄保管(後日調整爆破処分)

(5)H24.05.11 関門海峡 沈底機雷(米国製機雷MK26)
掃海艇うくしまEOD潜水調査の後、6月6日、掃海艇なおしま水中爆破処分


▼海上自衛隊佐世保地方隊沖縄基地隊 爆発性危険物処理状況(平成24年1月31日現在)
年度     出動    弾数     重量
平成19年  20回    631     2.3t
平成20年  21回    121     3.2t
平成21年  16回    362     4.9t
平成22年  20回   1,292    21.9t
平成23年  22回   1,163    15.2t
計      99回   3,569    47t   (平成19年〜平成23年1月31日)


更に画像を追加します。上記の爆発性危険物処理が行われる際の横須賀での「ご準備」の記録があります。僅かに…ですが。
c0122266_23335032.jpg
2011年10月12日。横須賀本港内。高速機動艇さんにEOD員さんがた。推定、横須賀水中処分隊の皆様。EOD員さんがたが高速機動艇にいらっしゃる事は珍しく、「吾妻島前より少し遠いところへゆかれる?」。当時…2011年9月29日に第二海堡付近で不発弾が発見されていますので、その調査に向われるところでは。前方の吾妻島前には、ペルシャ湾掃海派遣部隊20周年横須賀集結され始めていた、各地のEOD員さんがたが写っています。
c0122266_2340834.jpg
その時でした。高速機動艇さんと入れ替わりで前方に見えて来たのは、沖縄よりペルシャ湾掃海派遣部隊20周年横須賀集結にいらした第46掃海隊・掃海艇「くろしま」さん。
c0122266_23423499.jpg
既に、掃海部隊・EOD横須賀集結が始まっており、吾妻島前には各地のEOD員さんがたが訓練中。岸壁側に第2掃海隊・掃海艇「やくしま」さん、「たかしま」さんEODの皆様、近い地点に第45掃海隊・掃海艇「とびしま」さんEODの皆様。第51掃海隊・掃海艦「やえやま」さん、横須賀水中処分隊さんも訓練なさっていました。この時の不発弾は、後の12月1日に水中爆破処理されます。
c0122266_23455774.jpg
その翌年。東京湾で魚雷が発見されます。相当霞んでいますが、敢えて撮ったままの状態で。過密航路東京湾で見つかった魚雷。調査されているのは、第41掃海隊・掃海艇「つのしま」さん(左)、「のとじま」さん(当時)、EOD員さんがた。
c0122266_23474099.jpg
とにかく、とんでもなく霞んでいた東京湾。対岸の千葉県が全く見えませんので、これでは東京湾のどの辺りなのか、全く判りませんね…。調査なさっている側を頻繁に船舶が行き来します。EOD員さんがたが大勢いらっしゃいますが、後に長浦港に2隻で戻って来られます。
c0122266_23514898.jpg
戻って来られたのは、掃海隊群司令部「水中処分班」の皆様。魚雷調査にあたられていたのは、掃海隊群司令部「水中処分班」の皆様と掃海艇「のとじま」さん、「つのしま」さんの皆様と推定出来ます。
c0122266_23525363.jpg
今回の投稿を構成するにあたり、画像を作成して「奇しくも?」でした。この朝、相当霞んでいた東京湾に出てゆかれるのは、第46掃海隊・掃海艇「くろしま」さん、「ししじま」さん。その前方に第41掃海隊・掃海艇「のとじま」さん(現 第44掃海隊)、「つのしま」さん。第46掃海隊さんは、これより函館〜大湊へ向けての出港。当時、陸奥湾にての『平成24年度機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練』が迫っており、やはり掃海部隊集結が始まろうとしていた頃でした。
かろうじて、左端に第二海堡が写っています。これで、何とか発見された魚雷の位置が判りますね。追浜から見て、第二海堡より右手。

さて…かなりの時間を要する、爆発性危険物・機雷除去の「実績」。こちら『gvein(別館)』が停止気味であるのは、その準備もあって、です。
【0429画像・本文追加】2013年4月29日(昭和の日)午前7時頃。ふなばし三番瀬海浜公園沖で爆発性危険物発見のニュースを『news every.』さんにて知りました。twitter版3tweetを、こちら『gvein(別館)』に統合追記します。
c0122266_21484340.jpg
日テレ『news every.』さんに感謝です。1分程の映像でしたが、ニュースでの1分は長いのです。こうして、映像をキャプチャーしておかないと、後に当時の状況が判らなくなってしまう事は、当初、今投稿をする際に痛感しました。アサリ漁をなさっていたお方が引き揚げてしまった不発弾。長さ約30cm、直径約7cmの筒状のもの。調査なさっているEOD員さんがたは…横須賀水中処分隊さんでは…と思うのですが、今は「確定」では記載できません。「今は」です。後に判ります。
c0122266_21534186.jpg
三番瀬海浜公園は、こちら(と云っても、寄り過ぎですね)。東京湾の貴重な干潟です。海辺の生物、水鳥たちが集う干潟でしたが、東日本大震災で大きな被害を受けました。不発弾は海岸から1km以上沖で発見され、更に沖合に移動されたとの事。引きの映像を見る限り、陸地は映っていません。

2013年に入ってより、東京湾で発見されたのは、2つめでしょうか。現在、確認を続けております。後に関係機関より発表がある事でしょう。
by guardianvein | 2013-04-22 13:49 | ┣掃海部隊