ブログトップ | ログイン

ふりかけそーすけ別館 ver.guardian vein

gvein.exblog.jp

7ヶ月ぶりに投稿再開しました

20130523 海上自衛隊掃海部隊「坂出港入港(2)」整備ご準備開始

台風4号が硫黄島に接近せず幸いでした。天気予報を見ても、毎回小笠原諸島は詳しく判りません。遠方の東京都。さて…excite系各ブログ、なかなか投稿速度が上がりませんが、twitter版「@guardianveins」は、日々少しずつ稼働中。1cut毎の投稿(tweet)ですので、1日に複数回少しずつ。こちら『gvein(別館)』は「別館」と云っても本家ですので、大作構成。また、オリジナル画像に忠実な表示ですので、出来る限り詳細に。では、『第62回 掃海殉職者追悼式』週間初日。香川県坂出市の坂出港林田岸壁に到着された掃海部隊の皆様、着岸直後から始まる各所整備・ご準備の詳細投稿。
c0122266_457306.jpg
早朝は相当に白く霞んでいた瀬戸内海ですが、掃海部隊の皆様が林田岸壁に到着される頃には、見事な快晴となりました。掃海部隊林田岸壁縦列。最も近い地点から第42掃海隊・掃海艇「まきしま」さん、第1掃海隊・掃海艇「あいしま」さん、「いずしま」さん、掃海母艦「うらが」さん。
c0122266_45919100.jpg
縦列中央の第1掃海隊さん地点。岸壁側は一般公開を担当される掃海艇「いずしま」さん。手動タラップ降ろし。クレーンを使用される場合もありますが、この時は手動。こちらのタラップは、一般公開時用。
c0122266_511214.jpg
このタラップは一般公開用ですので、待機分ですが、タラップは「降ろして掛けて、はい終わり」ではありません。海は満ち引きしますので、掃海艦艇さんがたの高さも上下します。干満の差が大きいと滑り台になったりしますので、その都度、設置位置を変えたり、様々工夫を凝らしたり。港と時期によっては、本当に滑り台。
c0122266_59289.jpg
第1掃海隊さん前方に移動。いやはや…本当に実に見事に晴れました。まだ、午前10時ですが、気温は早くも30度に達しようとしていました。地元坂出のお方にお訊きしたところ、この日から突如晴れて真夏になったようです。自分は2010年に初めて掃海殉職者追悼式週間に香川県を訪れ、以降、毎年同じ時期に訪れていますが、4度めの香川県は本当に暑かったです。2010年高松港入港時は寒さに凍え、2011年は台風2号接近で連日雷雨と雨(大雨)、2012年は今年に近く晴天が続きましたが、目眩がする程暑かったと云う記憶はありません。
c0122266_5151195.jpg
林田岸壁先頭は掃海母艦「うらが」さん。掃海殉職者追悼式に掃海母艦「うらが」さんがいらした際の記録は今回が初めてとなります。2010,12年と掃海母艦「ぶんご」さんでした。掃海母艦「うらが」さんにても各所でご準備が始まっていました。掃海母艦さんは「広大」です。一般公開用の安全ネットもたくさん必要です。クレーン稼働。
c0122266_5164213.jpg
「うらが」さんは背がお高いので、どんなに背伸びしても、飛び跳ねても、なかなかご準備の様子が見えないのですが…デッキクレーンが稼働している際を間近でじっくり見学したのは、今回が初めてかもしれません。とても興味深い。滑らかに自在に動くクレーン。
c0122266_5192295.jpg
一般公開用の安全ネット、荷出しはクレーンで行っても、その後の設置は手作業です。広大な周囲をネットで囲ってゆかれます。
c0122266_522997.jpg
新米見学者、林田岸壁を右往左往。再び、第1掃海隊さん地点。実は坂出に到着するまで、寝台特急サンライズ瀬戸号内で殆ど寝ていなかったので(ついつい景色を見てしまい)、突如の30度は厳しいものがありましたが、これまで、特に「いずしま」さんの晴天時の記録が殆どなかった事もあり、くらくらしていたものの、寝ていない事を忘れていました。物忘れがひどくなった気がしますが、このような時は便利です。よく「疲れも忘れ」と云いますが、新米見学者は別の意味で忘れる特技を習得したようです。
c0122266_527434.jpg
「いずしま」さん整備・ご準備開始。これまで、「いずしま」さんは呉にご所属ながら、お会いする機会が格段に多いのですが、何故か晴天時の記録が殆どなく、前回の水俣港でも記録が多いとは云えませんでした。次第に焦りが募る程になっていました。掃海部隊の皆様を出来る限り均等に記録する、それが大前提。今回、「いずしま」さんは体験航海はされません。その為、岸壁側にいらした事もあり、着岸時の掃海艇さんがたの記録は「いずしま」さんに集中させました。お隣の「あいしま」さん、後方の「まきしま」さんは体験航海時に多く記録可能です。
c0122266_5363836.jpg
林田岸壁が掃海部隊岸壁へとなってゆきます。掃海部隊の皆様は各地で長期の訓練、一般公開・体験航海などを続けられていますので、皆様、それぞれ役割分担がしっかり出来ていて、各所さくさく進みます。
c0122266_5394850.jpg
1cutに、整備・ご準備さまざま凝縮。左手より銀杖をお持ちのお方は塗装、中央は一般公開用タラップ幕チーム、右手より電灯艦飾電球チーム。まるで、絵コンテがあっての映画のスチール写真のようでもあります。ですが、撮影用の再現ではありません。そのまま。皆様の「日常」そのまま。
【註】画像にテキストが入っている分は、先行してtwitter版に投稿した分(もしくは、これから投稿分)です。同じ画像ではありますが、twitterは画像が圧縮されてやや不鮮明になりますので(facebookほど圧縮されない)、重複してもオリジナル画像に極めて忠実表示のexciteブログに投稿します。省略する必要はありませんし。twitterはtwitter。exciteブログはexciteブログ。
c0122266_546207.jpg
呉の掃海艇「いずしま」さんより神戸の掃海艇「まきしま」さんへと配達されてゆく電灯艦飾電球。年季が入っていますね。夜が訪れると、どこか懐かしく温かい橙色の灯で掃海艦艇さんがたを照らします。
c0122266_5473532.jpg
この時、ふと「?」。何故、「まきしま」さんへ電灯艦飾電球が運ばれてゆくのでしょう。「ある答え」かもしれません。
c0122266_551085.jpg
電灯艦飾電球、「まきしま」さんにご到着。実に明瞭な視界。5月は陽射しが強い季節ですが、この日は格別でした。気温も30度に達しようとしていました。くらくらしましたが、幸い湿度が低かった事もあり、風は爽やか。
c0122266_5523728.jpg
とは云え…暑い…「うう…暑い…暑過ぎる…」と思っていた時でした。「そこの見学者さん見学者さん。気温が30度に達しようとしています。水分補給をして下さい」。掃海艇「まきしま」さんより冷たいお茶の差し入れを戴きました。先日、新聞に「常温飲料がコンビニで人気」との記事がありましたが、個人的には暑い時は冷たい飲み物が必需です。高温の屋外で常温の飲み物を飲んでも効きません。甲子園のかち割り氷が良い例です。気温が上がる程に冷たいものが必需になってゆきます。この時は、まさに「命の冷たい水(お茶)」でした。記事には「冷たいとバッグ(かばん?)が濡れる」とあった気がしますが、外出時にハンカチやタオルを持っていないと云う事では。ボトルケースも世の中にはあります。
c0122266_61119.jpg
冷たいお茶で息を吹き返し、再び、林田岸壁を右往左往。「まきしま」さん前方、「いずしま」さんでは、塗装・真鍮磨きが始まっていました。「いつもの光景」ですが、省略しません。逆に「いつも記録がある事」が大事。常に艦艇さんがたが整備されている証左です。整備を怠れば、それは後に自分たちに跳ね返って来る事になります。何事も日々の積み重ねが大事。

さて…今投稿は少し短いですが、ここまで。詳細に投稿してゆきますので、細かく分けます。超大作となると、投稿するのにも数時間かかります。少しずつ、回数を増やす方が良いかと思い、試行。次回投稿は「フネを塗ろう」篇ですね。
by guardianvein | 2013-06-23 06:06 | ┣掃海部隊