ブログトップ | ログイン

ふりかけそーすけ別館 ver.guardian vein

gvein.exblog.jp

7ヶ月ぶりに投稿再開しました

20140529 第2掃海隊・掃海母艦うらが「高松港入港」(4)赤硝子灯台前

はっと気付けば7月。多忙月間再びですが、出来る限りの投稿を続けます。こちら『gvein(別館)』と『FK日報』の詳細投稿大作2本立て。莫大な記録数となった5月29日よりの記録を高松篇と江田島篇に分けて、それぞれのblogに投稿中です。では、早速参りましょう。「掃海部隊高松篇」。海上自衛隊掃海隊群 掃海母艦「うらが」さん、掃海隊群第2掃海隊 掃海艇「やくしま」さん、ようやくお姿大きく見え始め、高松港の最先端「赤硝子灯台」前通過、間もなく、高松港のサンポート高松岸壁にご到着…のところまでを高松篇詳細投稿第4回と致します。
c0122266_9125996.jpg
掃海母艦「うらが」さんのお姿が極めて白く霞む彼方より見え始めてから1時間10分。もう間近です。お出迎えは、「あさか丸」さん、「さぬき丸」さん。「あさか丸」さんは、昨年坂出港で初めてお目にかかりました。「さぬき丸」さんは2年前の高松港出港時にいらしていますね。
c0122266_921218.jpg
「うらが」さん、入港折り返し。ゆっくりと進んで来られます。フェリーさんがたは、忙しく白波蹴立てて航行されてゆきますが、「うらが」さんは、殆ど波が立っていませんね。
c0122266_9224727.jpg
「うらが」さん、ゆっくりと徐々にお姿が大きくなり、続く「やくしま」さんもファインダ内に入って来られました。高松港入港の際、先端の赤硝子灯台の間近を斜めに通られます。とても臨場感があります。新米見学者が訪れた各地の港のうち、掃海母艦さんがたと最も至近距離になるのが高松港かもしれません。大湊も至近距離を通られますが、高松港が最も近いように思います。掃海艦・掃海艇さんがたの場合は、油津港、松阪港が最も近いでしょう(着岸時ではなく、航行されている場合)。
c0122266_9284049.jpg
折り返し前後交差。久しぶりに掃海母艦「うらが」さんが航行されている際を間近で拝見した気がします。2月伊勢湾での『機雷戦訓練』の際は、ずっと沖にいらっしゃいましたので。「うらがさんは大きい…」と改めて。
c0122266_93030100.jpg
あまりに近い為、「分割」です。艦首の皆様と屋島。屋島が良く見えるようになりましたね。「てっぺん」に新屋島水族館があるのですが、なかなか行かれません。傘をさすゼニガタアザラシくんにお会いしたいのですが…と、話が反れましたが、掃海部隊の皆様が寄港される各地の港の風景と共に記録するようにしています。艦艇さんがたに寄りまくるのではなく、寄港される、その各地の特色や名所と共に記録するよう心がけています。艦艇さんがたに寄りまくってしまうと、何処の港か判りづらくなります。高松港ではあれば、沖合に連なる瀬戸内の島々、特徴的な「平」な屋島など、高松ならではの風景と掃海部隊の皆様を。
c0122266_9382895.jpg
掃海母艦「うらが」さん、中央デッキクレーン付近の皆様。いつもは、この付近に掃海隊群司令部「水中処分班」の皆様もいらっしゃるのですが、今回、高松にはいらしていません。直前まで、奄美群島及び沖縄東方海域にて「島嶼防衛に係る自衛隊の統合運用要領を演練し、その能力の維持・向上を図る平成26年度 国内における統合訓練(実動訓練)」が行われていましたので、そちらに参加されていた事でしょう(当時、ニュース等で少しだけ映像が観られましたね)。
c0122266_9431158.jpg
「うらが」さん艦尾の皆様は、こんがり日焼けなさっていますね。お元気そうです。そう云えば…「うらが」さんは、長崎・博多を経て、高松港にご到着でした。
c0122266_9511664.jpg
引いて、「うらが」さん全景。屋島より大きい「うらが」さん(間近ですから当然ですが)。既に、この時、カメラの調子が宜しくない事が判ります。何故か画像が粗い(設定通りでない)。
c0122266_9531897.jpg
「うらが」さんが最も近付いた頃、続く掃海艇「やくしま」さんも間近に。お姿見え始めたのは、12時半。それから丁度3時間が経過していました。「やくしま」さんの皆様にお会いするのは、2月松阪港以来です。お見送りした日は、猛烈な強風と厳しい寒さでしたが、季節はすっかり「夏」(気温が)。先に「たかしま」さんが屋島側に入港されていますが、「ひらしま」さんは、この頃、神戸。高松港ご到着は翌日でありました。
c0122266_9583824.jpg
「やくしまさんが間近に…!!?!
」。突如、左手より「めおん2号」さん。驚きました。「やくしま」さんを凝視しておりましたので。高松港と女木島・男木島を結ぶフェリー「めおん2号」さんは、実に個性的です。
c0122266_1093967.jpg
「めおん2号」さんと「やくしま」さん。実に個性的な「記念撮影」ともなりました。こうした各地色豊かな記録を重視しています。掃海艦艇さんがた単独の記録は、これまでも大変多くあり、撮影機会も多くあります。各地色豊かな記録は、その土地でなければ撮れません。掃海艇さんがたは「MINE SWEEPER, COAST」。岸に近い。岸に近い=私たちに近い。訓練や実際の任務の際も、私たちから見える距離で行われます。『機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練』は、陸から見えるのです(やや遠いのですが)。と云う事は、私たちとの距離が近い海に、掃海部隊の皆様の「任務」があると云う事でもあるのです。
c0122266_1016564.jpg
「めおん2号」さんの描いた航跡の美しさと瀬戸内海の美しさ。「めおん2号」さんの航跡は良く見えますが、「やくしま」さんの航跡は僅か。「めおん2号」さんが走っているとすれば、「やくしま」さんは「摺り足」で航行されているかのようですね。
c0122266_10183734.jpg
「プルチネッラブイ」を通過。「やくしま」さん、ますます近くへ…と、今度は高松港から色鮮やかな黄緑色の小柄な船。「しょうえい」さん。豊島フェリーさんのチャーター船のようですね。
c0122266_10215625.jpg
近付く「やくしま」さんを注視しつつ、「しょうえい」さん。高松港を行き来するフェリーさんがたは、本当に皆様、実に個性的です。「やくしま」さん後方からも高速船が来ていますね。晴れ晴れとした「やくしま」さんと個性的なフェリーさんがた。高松港ならではの記録です。まして、現在の第2掃海隊さんは、皆様、今回が高松港初寄港です。
c0122266_1025025.jpg
「602ーッ!」と云った感じですね。最接近。2月松阪港でお見送りした際は、お帽子がふッ飛ぶ程の強風…いえ、暴風でした。耐え難い厳しい寒さでした。それから約3ヶ月。
c0122266_1027217.jpg
佐世保より淡路島(付近)を経て高松港へ。2月伊勢湾の直前には、横須賀にもいらっしゃいましたね。佐世保は横浜横須賀から、とても遠いのですが、第2掃海隊さんはお会いする機会が多いので、その距離をあまり感じませんが。
c0122266_10291549.jpg
思わず「夏だなあ」の眩しく美しい光景でした。2月伊勢湾『機雷戦訓練』の期間中、雪や雨、台風並の暴風と、晴天の記録が少なかった為、今回の入港が殊更晴れ晴れと感じられました。
c0122266_10332273.jpg
twitter投稿分「あ。おった」。さあ、「やくしま」さん、間もなくサンポート高松岸壁、初着岸です。各所慌ただしくなります。
c0122266_10351550.jpg
本当に高松港先端赤硝子灯台付近は、距離が近いですね。やはり、自分がこれまで訪れた各地の港のうち、最至近距離である事が記録の写真から良く判ります。それぞれのお方が、はっきりと判る距離。「お元気そうで何より」と。確か…何か叫んだ気がします。声の届く距離です。
c0122266_10371356.jpg
後ろ姿になりつつ…赤硝子灯台前からの記録は、ここまで。大湊や油津のように「掃海艦艇さんと競争」です。前方の掃海母艦「うらが」さんも、まだ着岸されていません。さあ、間に合うか!
c0122266_1041419.jpg
間に合いました。高松ならではの「仕組み」です。掃海母艦「うらが」さんに追いつけたのは、高松港ならでは、ですね。高松港最先端の赤硝子灯台からサンポート高松岸壁まで、ほぼ一直線であるかこそ、間に合ったのです。「爆走」でしたが、「うらが」さん真正面に到着。
c0122266_10432435.jpg
掃海母艦「うらが」さんと四国フェリーさんと「さぬき丸」さん、「あさか丸」さんと屋島とガスタンクと宮脇書店観覧車と掃海艇「やくしま」さん。高松色満載です。
c0122266_1045234.jpg
「うらが」さんと「やくしま」さん「合体」。高松港は入港を正面から観られる大変臨場感のある港です。距離も大湊に匹敵します。駅から近い事もあり、いつも大勢の方々がいらっしゃる賑やかな港。フェリーも忙しく行き交い、活気のある港ですね。

さあ、では、「掃海部隊高松篇」詳細投稿第4回は、ここまで!
by guardianvein | 2014-07-01 10:49 | ┣掃海部隊