ブログトップ | ログイン

ふりかけそーすけ別館 ver.guardian vein

gvein.exblog.jp

7ヶ月ぶりに投稿再開しました

20140529 第2掃海隊・掃海母艦うらが「高松港入港」(5)サンポート高松ご到着

7月に入り、慌ただしくなって参りました。『日報』、こちら『gvein(別館)』、頑固に詳細投稿を続けております。時間切れまで出来る限り。掃海部隊の皆様の「高松篇」も江田島も大変記録数が多く、そうそう簡単には投稿完了しません。高松篇は、特に活き活きとした掃海部隊の皆様の記録が大変多いのです。今回は、サンポート高松岸壁ご到着時ですので、特に、ですね。では、早速参りましょう。海上自衛隊掃海隊群 高松港入港詳細投稿第5回。海上自衛隊掃海隊群 掃海母艦「うらが」さん、掃海隊群第2掃海隊 掃海艇「やくしま」さん、サンポート高松岸壁ご到着!
c0122266_12243568.jpg
高松港のサンポート高松岸壁は、臨場感満点です。掃海母艦さんがたの入出港を間近真正面から観られる港はそう多くは…新米見学者が訪れた港のうちでは、ここ高松港、大湊…米ノ津港や水俣港もですね。最も距離が近いのは、高松港かもしれません。
c0122266_12293641.jpg
「うらがさんは大きい!」と、改めて圧倒される距離ですね。お足下までゆけますが、着岸時はサンドレッドが飛びますし、人が握れる限界の太さの索が弾けると大変危険ですので、「安全圏内」からの記録です。掃海母艦「うらが」さんは、横須賀にご所属ですので、「いつも見ている」のですが、各地の港でお姿拝見すると、いつもとは違う感覚ですね。
c0122266_12333489.jpg
掃海母艦「うらが」さん…「母王」にぴったり付いての、ご到着。「子」の掃海隊群第2掃海隊 掃海艇「やくしま」さん。高松港初寄港です。沖合は相当霞んでいましたが、港内は実に明瞭!
c0122266_12354975.jpg
前方、「うらが」さんより次々とサンドレッドが飛びます。「うらが」さんの甲板は8m程あるそうですので、空からサンドレッドが降って来る、と云う感じです。掃海艇さんがたからの際も、高く投げ上げられますが。
c0122266_12394854.jpg
常日頃、サンドレッド投擲の練習なさっていますので、見事に滞りなく飛んでゆきます。細い策がこんがらがる事なく。実に鮮やかに。
c0122266_1241783.jpg
サンドレッドが岸壁に着地すると、「走れーーーッ!」です。サンポート高松岸壁に最初に着岸されるのは、掃海母艦「うらが」さんですので、自衛隊香川地方協力本部の皆様が「もやい要員」をご担当されますが、海上自衛隊さんの皆様のみではありませんので、時に大変そうな事もあります。それぞれ、皆様の「分野」があります。「ぐるぐる全力で走る!」とは、どんな風に?と戸惑われる事もあるでしょう。
c0122266_12451284.jpg
新米見学者も「うらが」さん艦尾まで、全力で走ってみました。勿論、着岸の作業に支障のない距離で。こちらは、既にサンドレッド着地し、人が握れる限界の太さの策を思いっきり曵いて曵いて!綱引きです。「うらが」さんは大きくていらっしゃるので、それは大変な綱引き。術科競技会の種目に「綱引き」なかったですか?
c0122266_12474651.jpg
2年前の横須賀。丁度、陸奥湾での『機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練』直前です。当時の第51掃海隊 掃海艦「はちじょう」さんの皆様が綱引きなさっていました。同日、高速サンドレッドタイムトライアルの練習もなさっていましたので、術科競技会を控えての午后であったと思います。
c0122266_12491825.jpg
それから2年後の高松港。曵いて曵いて…ぎりぎりと索の音が聴こえます。
c0122266_12503553.jpg
まだ曵くまだ曵く。ですが、曵き過ぎてもいけませんし、緩くてもいけません。その張り具合も、その時々によって異なる筈ですので、着岸も「場数」ですね。高松港は多くのフェリーや船舶が行き交いますから、曵き波が頻繁に起きていますし、その日の潮汐、天候など、さまざまな状況を考慮してのロープの張り具合。常にいつも同じではなく。
c0122266_12541324.jpg
落ち着かれたようですね。時刻は午后3時50分。「うらが」さんが高松港に入港されるのは…いつ以来でしょう。新米見学者が初めて高松港を訪れたのは2010年。その際は、掃海母艦「ぶんご」さんでした。2011年は東日本大震災災害派遣期間中でしたので、掃海艇さんがたのみの入港でありました。2012年は再び、「ぶんご」さん。2013年は「うらが」さんでありましたが、坂出港でした。2009年が「うらが」さんであったかもしれませんね…当時の横須賀5月下旬の記録に「うらが」さんが写っていません。「うらが」さん艦尾に同化しているのは、JRホテルクレメント高松さん。お部屋を選べれば、掃海艦艇さんがたの「空撮」が可能です。横須賀で云えば、メルキュールホテルさんですね。
c0122266_12582633.jpg
さあ、続いては、初入港の掃海艇「やくしま」さん。「やくしま」さんは体験航海・一般公開が多いですね。今年も各地で体験航海・一般公開なさっています。佐世保の掃海隊としては8年ぶりの高松港寄港であったそうです。「やくしま」さんは就役されたのは2009年ですし、今回が初寄港。第2掃海隊さんは「初寄港」。
c0122266_13124868.jpg
西日本の梅雨入りが迫っていた頃ですが、快晴の初入港となりました。毎年5月最終週に掃海部隊の皆様が香川県に寄港されますが、2011年は台風2号接近の為、体験航海が中止となり、どしゃ降りの雨の中、第1掃海隊さん、第42掃海隊さんは予定よりも早くに出港されました。今年は快晴。昨年に続き、気温が30度に迫っていました。畑中艇長をはじめ、「やくしま」さんの皆様、こんがり日焼けなさっていますので、まるで真夏の記録のようですね。思えば、「やくしま」さんの皆様にお会いするのは、2月伊勢湾以来です。『機雷戦訓練』終了当日の夜からは雪。翌日は冷たい雨降る一般公開、更に翌日の一斉出港時は、台風並の暴風、雨…厳しい寒さでありました。
c0122266_13174817.jpg
「飛べよサンドレッド!」。高松港ならではの同じ高さからの記録です。やはり、掃海艇さんがたの前甲板と同じ高さからの記録が出来る港も、そう多くはないですね。
c0122266_13215159.jpg
昨年は掃海母艦「うらが」さん敷設長として、坂出港にいらしていた豊田第2掃海隊司令。今年は佐世保の第2掃海隊司令としての「初寄港」ですね。豊田第2掃海隊司令は、初代の掃海艇「たかしま」艇長でもありました。
c0122266_13232944.jpg
「やくしま」さん後方の皆様。ほぼ、ご到着時。後方は岸壁よりも下になっていますね。潮の満ち引きで上下しますが、高松港は、この時期、満潮時は岸壁とほぼ同じ高さであったかと。岸壁の高さも各地それぞれの港で異なりますので、油津港では、時にタラップが滑り台のようになります。かなりスリリング。
c0122266_13264830.jpg
前方の「うらが」さんに続き、「やくしま」さんでも綱引きです。艦艇さんがたの大きさに関わらず、綱引きはいつも全力。さあ、これから曵かれますよ…
c0122266_1328145.jpg
「やくしま」さんより前方の「うらが」さんまで。「うらが」さんと「やくしま」さんの間隔は、かなり詰まっていますが、これでサンポート高松岸壁(コンクリート部分)は、いっぱいいっぱい。掃海艦さんがたであると、少しはみ出ます。サンポート高松岸壁は、大変広々しているのですが、それでも、掃海部隊の皆様には、縦いっぱいっぱい。
c0122266_13302370.jpg
さあ、タラップを何処にかけましょうか(?タラップをクレーンで降ろしている際の記録がないですね…??)。このタラップかけも容易ではありません(ラッタルとは記載しない新米見学者)。潮汐によって、波や曵き波によって、「ガリガリ」動く。随時、変更される事もしばしば。
c0122266_13345872.jpg
前甲板の皆様は、ほぼご到着ですね。ロープもしっかり巻かれています。「着いた着いた初高松」。そう云えば、一度は、この高松港沖を通過されての入港です。第2掃海隊さんは早朝、淡路島の辺りにいらしたのです。
c0122266_13365897.jpg
「OK!」の声が聴こえそうな光景ですね。佐世保より高松へ。前々週には、伊万里での体験航海を行われていた「やくしま」さん。ここ高松港でも体験航海をされます。
c0122266_13435840.jpg
「到着しましたー!」。時刻は午后4時5分。お姿見え始めたのはお昼どきの12時半。ようやくのご到着でありました。ご到着したと云っても、ここからがまたお忙しいのです。翌日の電灯艦飾のご準備もあります。
c0122266_13472060.jpg
タラップも落ち着いたようです。豊田第2掃海隊司令、掃海母艦「うらが」さんにご到着の報告をなさって?戻られます。日の入り頃になって、ようやく落ち着く…でしょうか。ご到着直後は、皆様、とてもお忙しいのは、よくよく判っていますので、いつも少し離れたところから、じっと見ています。高松港には4日間ほど滞在されますし。
c0122266_13504366.jpg
その頃、前方の掃海母艦「うらが」さんでは、電灯艦飾のご準備が始まっていました。大掛かりですよ。デッキクレーンも動きます。「うらが」さんは電灯艦飾のみではなく、航路啓開・掃海縁の皆様、地元香川の皆様をお招きしてのレセプションも行われます。それはもう大忙しでありましょう。

さて…では、数日ぶりの投稿ですし、大作になっておりますので、海上自衛隊掃海隊群 高松港入港詳細投稿第5回は、ここまで!
by guardianvein | 2014-07-06 13:52 | ┣掃海部隊