ブログトップ | ログイン

ふりかけそーすけ別館 ver.guardian vein

gvein.exblog.jp

7ヶ月ぶりに投稿再開しました

カテゴリ:平成21年度自衛隊観艦式( 10 )

今朝は「30cutシリーズ」を2編続けて投稿しましょう。『YOKOSUKA軍港めぐり』乗船に復帰?するまで、あと数日。何編作成出来るでしょうか。1編作成する際には時間を要します。海上自衛隊横須賀警備隊「横須賀水中処分隊」の皆様の記録を中心に30cutシリーズを時間を追って作成していますが、現在、平成21年度自衛隊観艦式週間に入っています。今回は、幸いにも「予行2」にて護衛艦「はたかぜ」さんに乗艦させて戴いた事もあり、10月22,23日の記録にて構成しました。大勢の多彩な方々がご登場になられます。
c0122266_436305.jpg
こちらの画像は表示は520pixですが、元画像は800pixあります。画像をクリックして800pixでご覧下さい。では…ご登場になられた皆様は…「時系列」です。10月22日、やっとの事で辿り着いた横須賀新港埠頭にて艦内一般公開海面警備をご担当にされていた「潜水医学実験隊」のナベさん、HACHIさん、HORIEさん。イエローメガホンは極めて画期的でありました!猿島行きのSea friend I号さんもご一緒に。続いて、観艦式予行2の記録。株式会社トライアングルさんの泉谷翔さん、スゴいブログを展開されている御仁の乗艦されていた潜水艦救難艦「ちはや」さん。「長浦港出航組」でありました。初めての事で慌てまくった観艦式…新米見学者が乗艦させて戴いたのは、奇しくも?護衛艦「はたかぜ」さん。「はたかぜくん」の艦です。「はたかぜ」さんの皆様、遥々佐世保よりサポートに来られていた警務隊の坂本さん、本当に皆様、大変ご親切でした。和やかな笑顔がいっぱいです。まだまだ記録が殆ど投稿出来ていませんが、3年に1度の行事です。じっくり時間をかけて投稿予定です(もしくは、site形式先行)。じゅんじゅんママのお供が出来た事にも感謝しきりです。そして、長浦港へ戻り…こちらでの海面警備をご担当されていたのは、掃海隊群司令部「水中処分班」の山岸さん、牧内さん、浜野さんでした。時間ぎりぎりでしたので、記録の写真が少なくなってしまいましたが、お話し出来て安堵致しました。
by guardianvein | 2010-01-09 04:54 | 平成21年度自衛隊観艦式
昨夜から今朝にかけて、各ブログ集中投稿。速度が上がって来ているとは思うのですが、記録は膨大。地道に着実に。では、『平成21年度自衛隊観艦式週間Chapter編』。Chapter.24〜25。いずれも「本編」です。10月21日(水)「観艦式予行1」。時刻は16時半。日の入りまで約15分。あたりが次第に暗くなり、完全に夜が来るまで。
▼Chapter.24「10月21日観艦式予行1より吉倉桟橋到着」
横須賀水中処分隊の皆様「海面警備」

c0122266_759132.jpg
既に吉倉桟橋には「予行1」より全ての皆様が戻られました。吉倉桟橋付近の海面警備をされる横須賀水中処分隊の皆様のお姿がようやく観えました。ヴェルニー公園からの記録ですので、横須賀水中処分隊の皆様のお姿が観えるのは、最もヴェルニー公園側にいらっしゃる護衛艦「あしがら」さんの付近のみです。写真は明るくしていますが、実際には観えづらくなって来ています。
c0122266_841392.jpg
c0122266_851190.jpg
大変大勢の方々が、吉倉桟橋に降り立ち始めています。横須賀水中処分隊の皆様も常に移動されながら警備をされています。吉倉桟橋に戻られたのは、全7隻。1隻1隻に大変多くの方々が乗艦されていましたので、本当に大変な人数です。正確な人数をお伺いしていませんが、掃海母艦「うらが」さん、「ぶんご」さんの2隻だけでも1,000人以上の方々が乗艦されていたとの事でしたが…
c0122266_810478.jpg
c0122266_8101868.jpg
c0122266_810435.jpg
「あしがら」さん艦上には、乗艦されていた方々がまだいらっしゃいますね。ああ…毛布が観えます。必需品でした。「はたかぜ」さんの杉内さんに「自衛隊たたみ」と云う、きちんとした毛布のたたみ方がある事を教えて戴きました。
c0122266_813326.jpg
横須賀水中処分隊の皆様と処分艇さん、ゆっくりゆっくり移動されています。乗艦されていた方々は、落ち着いて行動されているように観えましたが、どうしても「柵」に近づいたり、寄りかかったりしてしまいます。つい手を置いてしまう「柵」。体重をかけてしまうと、実は外側に簡単に倒れるのです。一般人の感覚からすると、外側に倒れるものとは思えないのですが…だからこそ、「落水者」に備えての海面警備をして下さっている事を忘れてはならないのです。
c0122266_8184724.jpg
「あしがら」さん後方には、まだまだ大変大勢の方々がお待ちです。
c0122266_8194429.jpg
「あしがら」さんから降りる為には、内側に戻られている「いなづま」さん、「さわゆき」さんに乗艦されていた方々が全て降りられないとならないのです。
c0122266_821246.jpg
時刻は16時49分。暗くなって来ました。吉倉桟橋周辺をぐるり廻られ、再び横須賀本港に出て来られましたね。
c0122266_8232880.jpg
c0122266_8235366.jpg
そして、「あしがら」さんの向こうへ…横須賀水中処分隊の皆様のお姿が観えなくなりました。日の入り10分前。

▼Chapter.25「10月21日観艦式予行1終了まで」
c0122266_8283661.jpg
視界が赤く染まり始めました。空を見上げると強い夕焼けが出始めました。時刻は17時丁度。
c0122266_8292771.jpg
怖い程の夕焼けです。このような夕焼けであれば、辺りは明るいのでは?と思われるでしょうが、このような夕焼けが出ると尚観えづらくなります。
c0122266_8305713.jpg
ヴェルニー公園には、大変大勢の方々が観艦式予行1より戻られる7隻の護衛艦さん、掃海母艦さんを見学していました。その方々も思わず、この夕焼けを見上げ、写真に撮っていました。また、続々と横須賀地方総監部さん方面より、乗艦されていた方々が出て来られ始めた頃でもあります。日の入り後、徐々にヴェルニー公園に人が集まり始めます。各所に輪が出来て、大変な(異様な?)盛り上がりとなります。
c0122266_8385594.jpg
高感度の粗い画像になっていますが…多用途支援艦「えんしゅう」さんが横須賀本港に戻って来られました。「えんしゅう」さんは、支援艦艇部隊の警戒部隊。
c0122266_8413899.jpg
かなり厳しくなっていましたが…こちらの場面が、10月21日の横須賀水中処分隊の皆様、「final cut」です。この日、横須賀水中処分隊の皆様は、早朝6時前より観艦式予行1出港時の海面警備、吾妻島前での訓練、日の入り後まで帰港時の海面警備をなさっていた事になります。

更に、この後、完全に夜が来てから、潜水艦さん「そうりゅう」さん、「わかしお」さん、「なつしお」さんがたが戻られます。潜水艦さんがたも「漆黒」。かろうじて、戻られた事は判りましたが、昼間にゆっくりと入って来られるお姿のみを見学していたので、暗くなった横須賀本港内に戻られた際の「速度」に驚きました。非常に近いところまで来られた事も。横須賀地方総監部さんから続く人並みは果てしなく、全ての方々が出て来られたであろう時間帯は、19時半を過ぎていたと思います。10月21日(水)平成21年度自衛隊観艦式「予行1」が終了しましたが、ヴェルニー公園には、まだまだ余韻が。

間もなく1ヶ月が経過しようとしている今、改めて振り返る1週間。ようやく「中日(なかび)」です。では、ここで投稿しましょう。昨夜から今朝にかけて、多くの投稿をしました。
by guardianvein | 2009-11-17 08:52 | 平成21年度自衛隊観艦式
少しずつマシン環境は整って来たものの、まだ未設定の箇所も多く、調整しながらの画像作成・投稿となっています。窮余の一策として思いついたChapter編。本編の作りになりつつありますが、引き続きChapter編として投稿します。では、『平成21年度自衛隊観艦式週間Chapter編』。10月21日(水)「観艦式予行1」に向かわれた皆様が吉倉桟橋へと続々お戻りになられます。空は次第に夕暮れへと変わります。
▼Chapter.23「10月21日観艦式予行1より続々帰港」
「くらま」さん→「うらが」さん→「あしがら」さん→「まきなみ」さん→「ぶんご」さん

c0122266_7474911.jpg
観閲艦・護衛艦「くらま」さんのお姿が観えて参りました。既に「さわゆき」さん、「いなづま」さんは吉倉桟橋に戻られています。大型曳船YT66,68号さんがお出迎えです。このお姿に戻られる事を願い、細かく(多く)投稿します。
c0122266_7595111.jpg
c0122266_80039.jpg
c0122266_801615.jpg
c0122266_803596.jpg
曳船さんがた集結。大型曳船YT74号さん、曳船YT83号さん、大型曳船YT79号さん、66号さん。「くらま」さん、吉倉桟橋へ到着です。
c0122266_831759.jpg
5分の間を置き、掃海母艦「うらが」さん横須賀本港へ。大型曳船YT67,68号さんがお手伝いです。後方甲板に音楽隊の方々のお姿が観えます。
c0122266_875248.jpg
c0122266_882046.jpg
c0122266_882815.jpg
c0122266_883619.jpg
c0122266_885575.jpg
5分後、護衛艦「あしがら」さん横須賀本港へ。大型曳船YT66号さんがお出迎えです。
c0122266_812065.jpg
c0122266_813109.jpg
c0122266_81406.jpg
徐々に写真が少なくなっているのは、手を抜いているのではなく、戻って来られる間隔が狭まって来ている為です。護衛艦「まきなみ」さんのお姿が観え始めた、この場面との間は僅か8秒です。と云うより、「あしがら」さんの方向転換と同時進行です。
c0122266_8174687.jpg
大型曳船YT74,66号さんがお手伝いです。
c0122266_8192680.jpg
夕陽を浴びて、「まきなみ」さんも方向転換です。吉倉桟橋付近で同時に2隻の護衛艦さんが方向転換されている場面は、この時初めて観ました。また、これほど多くの大型曳船さん、曳船さんがたがご登場になれたのも、「ひゅうが」さん就役の日以来であると思います。
c0122266_8203382.jpg
「まきなみ」さんをお手伝いされているのは、大型曳船68,67号さん。
c0122266_8222774.jpg
上空を哨戒ヘリコプターSH-60K24号さん通過です。
c0122266_8233477.jpg
「まきなみ」さん、間もなく吉倉桟橋にご到着です。大型曳船YT66,74号さん「急行!」です。この時、新米見学者の周囲には、見学の方々が多く集まられていました。殆どの皆様が21日以降の乗艦券をお持ちではなかったのですが、せめて、戻られる際を見学したい、との事でお集まりでした。これほど多くの護衛艦・掃海母艦さんがた、曳船さんがたを見学出来る機会は、観艦式週間以外では、今のところ思い浮かびません。
c0122266_828175.jpg
吉倉桟橋に戻られる「締めくくり」は、掃海母艦「ぶんご」さんでした。大型曳船YT66,74号さんがお手伝いです。この後、「ぶんご」さんに乗艦されたお客さまとお話しする機会がありました。この場面から約1時間後ですが。
c0122266_8312651.jpg
c0122266_8313547.jpg
「ぶんご」さんにて、吉倉桟橋に戻られる皆様は全てお揃いですが、新米見学者は、これにて「見学終了」ではありません。
c0122266_8314840.jpg
reflexに交代です。時刻は16時半。吉倉桟橋海面警備ご担当の横須賀水中処分隊の皆様、「ご登場」です。吉倉桟橋には、7隻の護衛艦・掃海母艦さんが戻られました。後に判るのですが、大変大勢の方々が乗艦されていますし、辺りは次第に暗くなりつつあります。吉倉桟橋・横須賀水中処分隊の皆様、長浦港・水中処分班の皆様、横須賀新港・潜水医学実験隊の皆様が海面警備に当たられる事が、この時きちんと「理解」出来ました。危ないです。辺りが暗くなりつつある時間帯が1日のうち、最も「観えづらく」なるのですから。また、2日後に自分も「はたかぜ」さんを降りる際に「これは危ない…」と思いました。長時間波に揺られている状態が続くと、地に足がついていても、まだ艦上に居るような感覚で、ずっと揺れているようなのです。その状態で、薄暗くなって来た桟橋(海辺)を歩くのは、危なっかしいです。

Chapter.23は単独で投稿します。Chapter.24は、横須賀水中処分隊の皆様の海面警備の記録〜夜が来るまでを。

ところで…本日は何かあるのでしょうか?(漠然と)早朝7時半から、上空をヘリコプターさんが頻繁に行き来していらっしゃるのですが。
by guardianvein | 2009-11-16 08:45 | 平成21年度自衛隊観艦式
10月21日の記録は、『YOKOSUKA軍港めぐり』終了後から日没まで続きます。通常の見学記録は、本日最終14時便で終了しますが、この日はここから更に『YOKOSUKA軍港めぐり』3便分ほどの記録が始まります。では、『平成21年度自衛隊観艦式週間Chapter編』。10月21日(水)「観艦式予行1」に向かわれた皆様が続々横須賀本港へ戻られます。
▼Chapter.21
10月21日観艦式予行1・『YOKOSUKA軍港めぐり』本日最終14時便・帰港第一陣

c0122266_605527.jpg
新井掘割水路を抜け、本港に入った時、目の前にお迎えの準備をなさっている大型曳船YT79号さんのお姿。まだ14時35分…「!!」。赤よこすか8地点に、ミサイル艇「おおたか」さん(佐世保)と交通船YF2151号さん。「もう戻られた!?」。
c0122266_64332.jpg
c0122266_641593.jpg
左手には…ミサイル艇「くまたか」さん。観艦式予行1より戻られた第一陣は、ミサイル艇「くまたか」さん(大湊)、「おおたか」さんでした。この時、初めて、ミサイル艇さんの印象に残る「音」を耳にしました。「ぎゅいーん」。ジェット機のようです。「くまたか」さん、「おおたか」さんに気付いたのは、この「音」です。これまで横須賀本港内で聴いた記憶がないものだったのです。
c0122266_67013.jpg
c0122266_671190.jpg
c0122266_684446.jpg
「くまたか」さん、大型曳船YT67号さん。
c0122266_672374.jpg
一気に本港内が動いた感じがしました。大型曳船YT67号さん「急行!」です。
c0122266_6103016.jpg
大型曳船YT79号さん、吉倉桟橋前に待機中。
c0122266_6111714.jpg
YT79号さん後方、YT68号さんも「急行!」です。
c0122266_6123033.jpg
曳船YT83号さんも準備万端。小柄ながら実に力持ち。
c0122266_6133421.jpg
ミサイル艇「おおたか」さん、本港に入って来られました。YT67号さん、米海軍さん「爆発物処理班」ボートさんのお姿も。
c0122266_6153648.jpg
曳船YT83号さんがいらっしゃる吉倉桟橋には、これより7隻の艦艇さんが戻って来られる筈です。
c0122266_6165527.jpg
まだ、『YOKOSUKA軍港めぐり』本日最終14時便、汐入桟橋到着前です。永井さん、高橋さんがお待ちです。早くも本港が動き始めましたが…
c0122266_6182657.jpg
『YOKOSUKA軍港めぐり』10月21日全便終了。全てのお客さまが帰られた汐入桟橋。鈴木さん、細井さん。本港内が動き始めましたが、まだこの時、最も速いミサイル艇さんが1時間ほど早く戻られた、と思っていたのです。ダイエーさん内で「体勢」立て直し、ヴェルニー公園へ向かおうと思っていましたが…

▼Chapter.22
10月21日観艦式予行1帰港開始→「さわゆき」さん、「いなづま」さん

c0122266_6213491.jpg
実際には、すぐに向かわなくては間に合わなかったのです。ヴェルニー公園を歩いていると、早くも「いなづま」さんのお姿が。時刻は15時12分。カメラ装備が軽くはないので走れません。
c0122266_6234411.jpg
大型曳船YT67号さん、YT79号さん、たくさんの方々を乗せた「いなづま」さん。ここで気付きます。「いなづま」さんが今まさに戻られたと云う事は…既に、「さわゆき」さんは吉倉桟橋に着かれた後では?
c0122266_6291987.jpg
「125」が観えました。やはり、既に「さわゆき」さんは戻られていました。本港前を離れたのは、ほんの20分ほど。その間に戻られたのです。続いて、「いなづま」さん、「さわゆき」さんのお隣に。そして、約10分の間を置いて戻られるのは…

10月21日(水)『平成21年度自衛隊観艦式週間Chapter.21〜22編』、ここで投稿しましょう。Chapter編の予定が、ほぼ本編の作りになり始めていますね。「初心」を忘れたのではなく、必然的に…ですね。とは云うものの、この「Chapter」のNo.が今後の各ブログ投稿の「基準」となるでしょう。その為、全日通しNo.とします。
by guardianvein | 2009-11-15 06:40 | 平成21年度自衛隊観艦式
急激に投稿が進んでいますが、最新のマシンが加わった事が大きいでしょう。まだ、完全に環境は整ってはいませんが、出来る限り投稿速度を上げたいものです。早くも1ヶ月が経過しようとしています。でも、3年に1度の大きな行事です。また、連続7日間の記録に初挑戦したのですから。では、『平成21年度自衛隊観艦式週間Chapter編』。10月21日(水)「予行1」の午后2時。吾妻島前です。殆ど「本編」の作りです。
▼Chapter.19
10月21日観艦式予行1・『YOKOSUKA軍港めぐり』本日最終14時便・吾妻島前

c0122266_5105149.jpg
吾妻島・長崎の岬(菱形標識の岬)越しに横須賀水中処分隊の皆様…処分艇さんが観えて参りました。時刻は午后2時14分。既に「観艦式予行1」の訓練展示も終了し、皆様、それぞれの「港」を目指している頃ですね。
c0122266_5125350.jpg
GLOBAL SPIRIT・はこざきのはこ・横須賀水中処分隊の皆様(洋上・海中)、処分艇さん、謎の小さな遺跡。水中処分員の皆様を処分艇さん上でお待ちしているお方を「テンダー」と云うそうですね。テンダーさんお一方。10名の方々が海中に。海面付近に気配は全くありません。ただ、じっと処分艇さん上で「待つ」事も大切な役割。処分艇さん上に、ケータイやゲーム機はありません。ただ、じっと待つのです。ここより刻々と変わる背景ごとに。この日は、全く海面付近の「気配すら」記録出来ていない事もありますが。
c0122266_516937.jpg
背景:アイクル、吾妻島端→
c0122266_5191120.jpg
背景:蛇チューブ、tank area入江→
c0122266_5223699.jpg
背景:tank area→
c0122266_5232160.jpg
背景:漂着の砂浜→
c0122266_52468.jpg
背景:流木の岩場→
c0122266_5244584.jpg
背景:砂岩場→
c0122266_5252514.jpg
背景:neuron、蔦根の崖→
c0122266_5262170.jpg
背景:白石柱→
c0122266_527321.jpg
ここで、視界に交通船YF2151号さんが入って参りました。長崎の岬前。
c0122266_5274827.jpg
横須賀水中処分隊の皆様と交通船さんは今年6月に訓練をご一緒されていましたし、皆様、「横須賀警備隊」さんです。依然として海面付近には全く気配がありません。気配のかけらも。
c0122266_529583.jpg
背景:長崎の岬(吾妻島入口)→
c0122266_5302974.jpg
背景:小さな遺跡、赤よこすか8(本港入口)→
c0122266_5311476.jpg
背景:degaussing range前。これにて本日吾妻島前見学時間切れ。「ただ、じっと待つ」6分間。

▼Chapter.20
10月21日観艦式予行1・『YOKOSUKA軍港めぐり』本日最終14時便・長浦港〜横須賀本港

c0122266_5335093.jpg
田浦倉庫群前の海洋観測艦「にちなん」さん。塗装中のようです。
c0122266_534446.jpg
新井掘割水路前方より、海洋観測艦「にちなん」さんの作業艇さん。
c0122266_5363132.jpg
こちら地点でも、皆様、大変素敵な笑顔と共にお帽子を振って下さっています。本当に横須賀の港全体が和やかで華やいでいます。
c0122266_5384099.jpg
「!?」。本港へ戻って来た時です。大型曳船YT79号さん。時刻は14時35分。「観艦式予行1」に向かわれた方々が戻られるのは、17時頃と思い込んでいたのですが…

では、10月21日(水)『平成21年度自衛隊観艦式週間Chapter.18〜20編』、ここで投稿です。この後、横須賀本港は大変めまぐるしく動きます。総勢何千名の方々がご登場になられるのでしょう?「オールスター出演」となります。
by guardianvein | 2009-11-15 05:49 | 平成21年度自衛隊観艦式
現在、ここ『gvein(別館)』集中投稿中です。殆ど「本編」に近い形になってきたように思いますが、とにかく『Chapter編』を続けましょう。何事もやってみなくては判りません。では、『平成21年度自衛隊観艦式週間Chapter編』。10月21日(水)「予行1」。横須賀水中処分隊の皆様、始動です。
▼Chapter.16
10月21日観艦式予行1・『YOKOSUKA軍港めぐり』13時便・横須賀水中処分隊参上

c0122266_320721.jpg
ぎらぎらの逆光の彼方より、横須賀水中処分隊の皆様参上。一直線。新米見学者、並ぶブイたちに撹乱されぬよう。
c0122266_3231096.jpg
写真で観ると、見間違えようがないと思われるでしょうが、実際にはかなり距離があり、ブイたちに惑わされる時があります。
c0122266_3243966.jpg
先代砕氷艦「しらせ5002」号さん、護衛艦「あさゆき」さん一直線上にて黄金等間隔へ。
c0122266_3261146.jpg
吾妻島に機雷桟橋が見切れてから、7分4秒後。横須賀水中処分隊の皆様、『YOKOSUKA軍港めぐり』Sea friend V号さんに追い付かれました。お姿観えてから1分半。あっと云う間です。
c0122266_3305155.jpg
第一陣の皆様、吾妻島・長崎の岬に到達。
c0122266_3315365.jpg
c0122266_3321293.jpg
蔦根の崖付近で180度方向転換。
c0122266_33384.jpg
続いて杉山隊長第二陣の皆様。吾妻島前ご到着。
c0122266_3341781.jpg
第一陣、第二陣の方々集結。僅か1分10秒。
c0122266_3363696.jpg
第三陣の方々ご到着。僅か1分30秒。『観艦式週間』の記録が、『横須賀水中処分隊訓練記録』へ一気に変わる存在感。
c0122266_3401289.jpg
振り返り「出発点」。長崎の岬。僅か2分。
c0122266_342973.jpg
謎の小さな遺跡、赤よこすか8。見学時間切れ7秒前。横須賀水中処分隊の皆様が吾妻島長崎の岬付近にて、『YOKOSUKA軍港めぐり』のSea friend V号さんに追い付かれてから、僅か3分10秒間の出来事。吾妻島前を『横須賀水中処分隊』に塗り替えてしまう3分10秒間。

▼Chapter.17
10月21日観艦式予行1・『YOKOSUKA軍港めぐり』13時便・長浦港〜横須賀本港

c0122266_3461789.jpg
長浦港へ到着。皆様のお帰りを待つ「空間」。「観艦式予行1」の記録に戻ります。
c0122266_3493133.jpg
振り返り…海洋観測艦「にちなん」さんの作業艇さん通過。
c0122266_3502092.jpg
吾妻島前に横須賀水中処分隊の皆様がいらっしゃると云う事は…新井掘割水路を抜ける間に、早くも次便の準備にかからねばなりません。その間に何とか1枚。水中処分母船YDT03号さん、特務艇「はしだて」さん。この光景も、滅多に目にする機会はないでしょう。
c0122266_354817.jpg
横須賀本港に着かれた直後の護衛艦「あさゆき」さん。油船YO35号さんがいらっしゃいますね。給油中でしょうか。間もなく、『YOKOSUKA軍港めぐり』13時便も汐入桟橋に到着です。

▼Chapter.18
10月21日観艦式予行1・『YOKOSUKA軍港めぐり』14時便出航

c0122266_3571188.jpg
とてつもないハイコントラストな画像ですが…交通船YF2151号さんと日本鋼管扇島製鉄所付近。reflexの特性が顕著に出ている為、ハイコントラストに。『YOKOSUKA軍港めぐり』14時便出航から13分。
c0122266_41380.jpg
このあたりの記録から、「2地点同時進行」となっていますが、Chapter18,19に分けます。Chapter.18は交通船YF2151号さん。
c0122266_423085.jpg
交通船YF2151号さんが至近距離を通過されます。既に吾妻島前に着いており、処分艇さんのお姿も観えている為、reflex onlyでは近過ぎましたね…
c0122266_441445.jpg
c0122266_45967.jpg
最高素敵な笑顔にて、お帽子を振って下さっています。観艦式週間の和やかで華やいだ港全体をお二方が顕して下さっています。「特別な1週間」を改めて実感しました。

10月21日の記録は、長時間に渡ります。正午から日没までの7時間。通常の見学記録は、この『YOKOSUKA軍港めぐり』本日最終14時便までですが、この日は違います。とにかく、Chapter編を作成してみましょう。どれほどの規模であるのかが、「Chapter編完了」の時に観えて来る筈です。
by guardianvein | 2009-11-15 04:10 | 平成21年度自衛隊観艦式
何とか連日投稿出来ていますね。「Chapter」編の作成は「正解」でした。7日間連日の記録は、あまりに膨大で自分自身、全体の流れを把握出来ていません。「指針」となる「Chapter」編。画像作成・投稿を続けているうちに、「本編」になっているChapterもあるような気も致しますが。では、『平成21年度自衛隊観艦式週間Chapter編』。10月21日(水)「予行1」の日に入りました。
▼Chapter.12
10月21日観艦式予行1・『YOKOSUKA軍港めぐり』12時便

c0122266_093152.jpg
午前11時38分。汐入桟橋から一直線に「しらせ5002」号さん。前日、吉倉桟橋にいらしたのは(「しらせ5002号」さんより手前に)、護衛艦「あしがら」さん(佐世保)、「いなづま」さん(呉)、「さわゆき」さん(横須賀)、掃海母艦「うらが」さん(横須賀)、「ぶんご」さん(呉)、護衛艦「まきなみ」さん(佐世保)、「くらま」さん(佐世保)。皆様、全て観艦式予行1の為、午前8時に吉倉桟橋を出航されました。2Fデッキお客さま満載『YOKOSUKA軍港めぐり』11時便と「しらせ5002」号さん。皆様お出かけになると、機雷桟橋付近まで観えます。
c0122266_0291184.jpg
多くの艦艇さんがたがお出かけになられていますが、いつもの通り、『YOKOSUKA軍港めぐり』に乗船。お昼の機雷桟橋付近、とても静かです。静かであっても油断は出来ません。いつ何が始まる(起きる)のか判らないのです。
c0122266_0343660.jpg
「合成パノラマ写真」。背後の建物(倉庫?)の屋根が合わせられませんでしたが、「しらせ5002」号さんは不思議と繋がりました。1枚の引きの写真ではなく、2枚を合わせたのですが…「しらせ5002」号さん、完全に繋がりました。
c0122266_035692.jpg
「しらせ5002」号さんと水中処分母船YDT03号さん。YDT03号さんの付近にバスがたくさん並んでいますね。
c0122266_037933.jpg
特務艇「はしだて」さんも、こちらにいらっしゃる事は滅多にないでしょう。
c0122266_037582.jpg
実に晴れやかに横須賀消磁所。対岸の千葉県もよく観えます。
c0122266_0391115.jpg
彼方に護衛艦「あさゆき」さん(佐世保)を発見。
c0122266_0403223.jpg
君津・木更津industrialと「あさゆき」さん。真正面です。方向転換されましたね。
c0122266_0413368.jpg
横須賀本港へお戻りになられるようですね…この距離であれば、入港される際に間に合いそうです。
c0122266_0423962.jpg
がら〜ん…長浦港。前夜、こちらにいらしたのは、護衛艦「まつゆき」さんでしたか(タラップで確認)。
c0122266_0462922.jpg
「みんな出かけちゃったね…早く帰って来ないかなあ…」のカモメたち。
c0122266_0472333.jpg
c0122266_0473690.jpg
潜水艦救難艦「ちはや」さん(呉)、護衛艦「はたかぜ」さん(横須賀)、皆様、揃って「予行1」に向かわれています。
c0122266_0484954.jpg
長浦港(船越)海面警備をご担当されているのは、掃海隊群司令部水中処分班の皆様。予行1に向かわれている方々が戻られるまで、処分艇さんも待機です。
c0122266_0532733.jpg
輸送艇2号「にちなみ」さん上にゴムボートさん発見。
c0122266_0541013.jpg
長浦港にいらっしゃるのは、輸送艇2号「にちなみ」さんと海洋観測艦「にちなん」さんのお二方のみ。これまで気になっていた港各所を記録。相模運輸倉庫さんの「G」前の赤錆三角群。
c0122266_0565585.jpg
「C」と、いつも屋形船に観えていた(すみません…)東京汽船「海上災害防止センター横須賀基地」さん。
c0122266_0583832.jpg
田浦倉庫群前には、海洋観測艦「にちなん」さん。お昼どきの笛の時間ですね。
c0122266_059256.jpg
日頃から気になっている各所の記録が登場。たわわに実った柿と「53」。アメリカの皆様、柿は食されないのでしょうか??機雷桟橋少し手前。
c0122266_104999.jpg
お昼時の機雷桟橋。やはり静かです。一見とても静かですが、油断は出来ません。
c0122266_12568.jpg
間に合いましたね。「あさゆき」さん、横須賀本港に入って来られました。
c0122266_1319100.jpg
機雷桟橋と「あさゆき」さん。方向転換。大型曳船YT68号さんがお手伝いです。
c0122266_145269.jpg
『YOKOSUKA軍港めぐり』12時便、汐入桟橋へ到着。「あさゆき」さん、後ろ向きに吉倉桟橋に入られるようですね。

▼Chapter.13
10月21日観艦式予行1・『YOKOSUKA軍港めぐり』13時便出航

c0122266_184845.jpg
13時便に乗船しようとしたところ…眩しい雲。美しい光景。
c0122266_193276.jpg
観艦式予行1日目、多くの艦艇さんがたがお留守の『YOKOSUKA軍港めぐり』を乗り切る凄腕・細井さん。高田さんと共にハロウィンバージョン。
c0122266_164051.jpg
13時便出航。潜水艦さんがたの横を通過。
c0122266_17468.jpg
「45分の旅」に行って参ります。

▼Chapter.14
10月21日観艦式予行1・『YOKOSUKA軍港めぐり』13時便・機雷桟橋始動

c0122266_114462.jpg
機雷桟橋動きましたね。短い時間内に「激変」します。大型曳船YT68号さん、67号さん機雷桟橋前通過。
c0122266_1153882.jpg
横須賀水中処分隊の皆様ですね。ご準備なさっています。
c0122266_118221.jpg
4分経過。一旦、機雷桟橋観えなくなります。果たして…

では、『平成21年度自衛隊観艦式週間Chapter.12〜14』ここで投稿しましょう。横須賀水中処分隊の皆様、動かれます。多くの艦艇さんがたがお出かけになり、お天気にも恵まれ、やや和みの『YOKOSUKA軍港めぐり』が一気に加速します。今回のChapter.12〜14、ほぼ「本編」の作りになっていますね。
by guardianvein | 2009-11-15 01:21 | 平成21年度自衛隊観艦式
2.16&3.06GHz Core 2 Duoマシン2台で同時に進めてゆく作業に少しずつ馴染んで来たようです。前後の繋がりの投稿が多いので、2.16で投稿しながら、3.06で確認。また、LEDバックライトディスプレイでの画像表示と従来のiMacディスプレイとを比較。画像表示は、それぞれの環境に左右されるので、「中間」はどのあたりなのかを確認。Quad Coreまで手が届かなかった事が残念。では、『平成21年度自衛隊観艦式週間Chapter編』続行。
▼Chapter.8
「10月20日艦内一般公開初日・満艦飾・いなづまさん艦上より横須賀水中処分隊さん」

c0122266_5251759.jpg
艦内一般公開にての見学をさせて戴きつつ、吉倉桟橋海面警備をご担当される横須賀水中処分隊の皆様のお姿を探していました。ようやく「発見」です。大石さん、浅賀さん、先任伍長・原さん。
c0122266_5284584.jpg
上空を哨戒機P-3Cさん通過です。まだこの段階では、空が暗めですね。
c0122266_5292278.jpg
「ひゅうが埠頭」付近に横須賀水中処分隊の御三方。
c0122266_5322644.jpg
吉倉桟橋へ移動です。「いなづま」さん→「さわゆき」」さん→吉倉桟橋へ。
c0122266_5313277.jpg
振り返り…「あしがら」さんCIWSと満艦飾。

▼Chapter.9
「10月20日艦内一般公開初日・満艦飾・吉倉桟橋より」

c0122266_535571.jpg
吉倉桟橋へ降りました。吉倉桟橋付近に横須賀水中処分隊の皆様と処分艇さんがいらっしゃるのは、サマーフェスタ以来ですね。
c0122266_5363860.jpg
左手に…横須賀音楽隊の皆様でしょうか。式典のリハーサルを終え?掃海母艦「うらが」さんより降りて来られたようです。整然と。
c0122266_5395742.jpg
水中処分母船YDT03号さんに向かって行進なさっています。でも…どちらへ行かれるのでしょう?丁度、シャッター切った瞬間、警務隊の方々が通られました。
c0122266_542556.jpg
整然と行進。皆様、「うらが」さんから降りて来られたようです。

▼Chapter.10
「10月20日艦内一般公開初日・満艦飾・吉倉桟橋の夕焼け」

c0122266_543061.jpg
再び右手。横須賀水中処分隊の皆様と夕陽。時間の経過が判ります。艦内一般公開見学終了時間が近づきつつあります。16時半までです。
c0122266_5444024.jpg
少しずつ少しずつ、吉倉桟橋に夕暮れが近づきつつあります。「しらせ」さんは夕陽の色。
c0122266_5455223.jpg
横須賀水中処分隊の皆様とdegaussing range・横須賀消磁所・東北赤灯台。
c0122266_5464331.jpg
「あしがら」さんの先へ。この後、お姿が確認出来なくなりました。
c0122266_5472387.jpg
「しらせ5002」号さんに夕陽が照ります。感慨深い夕陽の光景です。「しらせ5002」号さんのお隣は、護衛艦「くらま」さん(佐世保)、「まきなみ」さん(佐世保)。
c0122266_5532960.jpg
強い夕陽が照り始めました。掃海母艦「ぶんご」さん(呉)、「うらが」さん。寸分違わぬ後ろ姿。
c0122266_5545767.jpg
春先を思わせる空です。護衛艦「さわゆき」さん、「いなづま」さん、「あしがら」さん。
c0122266_5561078.jpg
際立つ光景。自衛艦旗、満艦飾、CIWS。このような夕景(空)は、滅多に撮る事が出来ません。
c0122266_558449.jpg
夕陽が消えました。吉倉桟橋的「日の入り」後です。艦内一般公開初日終了です。時刻は16時32分。吉倉桟橋を後にします。

▼Chapter.11「10月20日電灯艦飾・『艦船イルミネーションクルーズ』2日目」
c0122266_604685.jpg
横須賀本港に夜が来ました。大変美しい夜景へと変わります。Sea friend Vさんも「電灯船飾」。
c0122266_614657.jpg
電灯艦飾点灯は18時。夕景の吉倉桟橋から一変。夜の吉倉桟橋。
c0122266_633365.jpg
夜の長浦港。「まつゆき」さん、「はたかぜ」さん、「ちはや」さん。
c0122266_655741.jpg
金色(こんじき)の海面。どうしても多めに入れたいのです。
c0122266_6101187.jpg
『艦船イルミネーションクルーズ』最終盤。金色の吉倉桟橋が遠ざかります。これにて、10月20日終了。まだ2日です。翌日は、観艦式予行1の日です。横須賀の港が一変します。『YOKOSUKA軍港めぐり』と予行1より大変大勢の方々が戻られた際の海面警備をなさる横須賀水中処分隊の皆様の記録が中心となります。今夜は、ここ『gvein(別館)』に集中投稿。叔父たちの見舞いに行っていた事もありますが、Chapter編を早くに完成させたいですね。
by guardianvein | 2009-11-14 06:17 | 平成21年度自衛隊観艦式
少しずつペースが戻りつつあります。膨大な記録の重圧に窮余の一策?として浮かんだ「Chapter」。実際に投稿を始めてみると、次々と展開が観えて来たり。とにもかくにも、莫大な量の記録を如何に綴ってゆくのか。まずは「全体の流れ」が判るよう。Chapter編など作成していないで、早く本編に取りかかれば良いものを…と思われるかもしれませんが、敢えて。また、このまま本編になりうるChapterもあります。3年に1度の大規模な行事です。「簡単」には綴れません。年を越す可能性もありますが、間に『YOKOSUKA軍港めぐり』にての速報を入れ、絶対に「完遂」する…と、意気込む新米見学者2年生。意地になっているようですが。では。
▼Chapter.4
「10月20日艦内一般公開初日・満艦飾・『YOKOSUKA軍港めぐり』12時便」

c0122266_257432.jpg
艦内一般公開は13時半からとなります。まずは、『YOKOSUKA軍港めぐり』に乗船し、各所を見学です。11時便、お客さまを満載して戻って来ました。吉倉桟橋は晴れ晴れと見事に満艦飾です。
c0122266_301827.jpg
平日の12時便です。驚きの長蛇の列です。しかも、団体(ツアー)のお客さまではありません。
c0122266_334085.jpg
12時便出航。護衛艦「ひゅうが」さんは12号バースです。飛行甲板に哨戒ヘリコプターSH-60K20号さんのお姿が観えます。ヘリコプターさんがいらっしゃるのは、「ひゅうが」さん就役の日以来です。
c0122266_352365.jpg
早くも長浦港へ。護衛艦「はつゆき」さん満艦飾笛の時間。
c0122266_361269.jpg
潜水艦救難艦「ちはや」さん(呉)、護衛艦「はたかぜ」さん。
c0122266_372130.jpg
掃海艇「あいしま」さん(呉)、掃海艦「やえやま」さん、「はちじょう」さん。
c0122266_393216.jpg
掃海艇「すがしま(681)」さん、「のとじま(682)」さん、「つのしま(683)」さん。テントも設営され、翌日の「観艦式(予行1)」の準備が整いつつありますね。
c0122266_3114120.jpg
試験艦「くりはま」さん、輸送艇2号「にちなみ」さん、護衛艦「ゆうばり」さん、「ゆうべつ」さん(大湊)。
c0122266_3141878.jpg
海洋観測艦「にちなん」さんは田浦倉庫群前。本港方面へ向かわれる大型曳船YT67号さん。

▼Chapter.5
「10月20日艦内一般公開初日・満艦飾・『YOKOSUKA軍港めぐり』12時便・機雷桟橋始動」

c0122266_3175449.jpg
艦内一般公開時の吉倉桟橋海面警備をご担当になる横須賀水中処分隊の御三方が機雷桟橋に出て来られました。
c0122266_3191663.jpg
その右手…大型曳船YT67号さん、吉倉桟橋に到着です。ベイスターズクラブハウス?前には、ミサイル艇「おおたか」さん、「くまたか」さん。多用途支援艦「えんしゅう」さん満艦飾です。「しらせ5002」号さんのお隣は、護衛艦「あさゆき」さん(呉)。
c0122266_322352.jpg
横須賀水中処分隊さん「出動」です。機雷桟橋をご出発になられました。
c0122266_3225172.jpg
横須賀水中処分隊の御三方、吉倉桟橋にご到着。実に見事な満艦飾。特務艇「はしだて」さんも満艦飾。
c0122266_3242770.jpg
『YOKOSUKA軍港めぐり』12時便、汐入桟橋に戻りました。護衛艦「あしがら」さん(佐世保)の傍らにいらっしゃる横須賀水中処分隊の御三方、汐入桟橋からも判ります。さあ、横須賀地方総監部さんへ向かいましょう。

▼Chapter.6「10月20日艦内一般公開初日・横須賀地方総監部さんへ」
c0122266_3272380.jpg
サマーフェスタ以来の横須賀地方総監部さん。平日の「午后1」です。手荷物検査関所も余裕を持って通る事が出来ますね。今回、身につけている携帯電話、時計、お財布、iPodなどをビニール袋に入れて…でありましたが、ネックレス・指輪でも「ぶー」が鳴ってしまいました。
c0122266_3305520.jpg
早くも『YOKOSUKA軍港めぐり』13時便、吉倉桟橋前に戻って来られましたね。スゴいです。お客さま満載。
c0122266_3322353.jpg
横須賀水中処分隊の皆様、護衛艦「あしがら」さんの向こうへ。お待ち下され…
c0122266_3334855.jpg
横須賀水中処分隊の皆様のお姿が観えなくなってしまいましたので、艦内一般公開へ向かう事に。艦上からお姿観えると良いのですが。
c0122266_334233.jpg
吉倉桟橋に掃海母艦「うらが」さんがいらっしゃるのは、この日が初めてです(新米見学者的に)。式典のリハーサルが行われているようです。

▼Chapter.7「10月20日艦内一般公開初日・見学・国際信号旗・いなづまディーゼル」
c0122266_3363982.jpg
この日、艦内を見学出来たのは、護衛艦「いなづま」さんのみでした。お隣の「あしがら」さんは、ご支度中です。
c0122266_3385365.jpg
アルファベット順・番号順です。1つ1つを覚えるだけでは済まない国際信号旗さん。
c0122266_3401688.jpg
「いなづま」さん、「あしがら」さん内火艇さん付近。密集地帯。
c0122266_341520.jpg
「いなづまDIESEL」

では、ここで投稿しましょう。画像間に文章を入れてみたところ、場面的(写真の繋がり的)に、このまま本編となりうるChapterもある事が判りました。本編を投稿する際、このChapterごとに投稿してゆきますが、先に投稿した部分を、そのまま再投稿する場合もあります。7日間の記録を如何に観やすく判りやすく伝えられるのかを十分に考えて。
by guardianvein | 2009-11-14 03:47 | 平成21年度自衛隊観艦式
ここ『gvein(別館)』の休刊が続いておりますが、只今思案中です。膨大な記録をどう綴ってゆくのか。次第に形が観えて来ましたが、まだ落ち着いていません。また、新マシンへの移行も遅れていて、どうもうまく進行していません。昨夜は随分と時間を遡ったり。どうやら混乱しているようですが、少しずつ落ち着かせてゆきたいですね。記録投稿がいつから停止しているのか、また全体の流れを把握する為、「Chapter」を作成してみる事にしました。そのようにしなければ、把握出来なくなっています(規模が大き過ぎて)。「場面の基点」となる記録を順に並べてみます。「ダイジェスト版」ではありません。各場面indexです。
▼Chapter.1「10月7日台風前日」
c0122266_4191727.jpg
『日報』へ速報を投稿していますが、こちらには投稿していません。この日から記録投稿が停止している事が判りました。台風の前日、降りしきる雨の中、訓練なさっていた横須賀水中処分隊の皆様の記録から開始する事になるでしょう。
c0122266_421922.jpg
c0122266_4211972.jpg
c0122266_4214336.jpg
c0122266_4215364.jpg
この日の皆様の訓練に関して、現在、確認がとれていません。その為、非公開で投稿するかもしれません(非公開にて投稿準備)。また、この日以外の新たな投稿も可能になるかもしれません。
▼Chapter.2「10月19日観艦式週間幕開け」
c0122266_4275568.jpg
いよいよ平成21年度自衛隊観艦式の週間が明けました。港の各所で進められるご準備の様子が中心となります。
c0122266_429950.jpg
横須賀水中処分隊のお二方。少し通り過ぎてから、いらっしゃる事に気付きました。お天気も良く、港の各所が華やいでいます。
c0122266_4313182.jpg
長浦港には、掃海艇「あいしま」さん。初めてお目にかかりました。
c0122266_4341791.jpg
その頃、吾妻島前では…掃海艇「のとじま」さんの水中処分員の方々が黙々と訓練をなさっています。
c0122266_4322642.jpg
潜水艦救難艦「ちはや」さん、護衛艦「はたかぜ」さんの横を通過されるのは、掃海隊群司令部水中処分班の方々。ご準備の為、頻繁に行き来されています。いつも長浦港にいらっしゃる掃海母艦「うらが」さんが、吉倉桟橋にいらっしゃるからですね。
c0122266_4353098.jpg
「のとじま」さんの皆様、吾妻島前よりお戻りです。
c0122266_4362213.jpg
c0122266_4363449.jpg
入れ違いにて、水中処分班の御三方、吉倉桟橋より長浦港に戻って来られました。
c0122266_4373084.jpg
幾度も長浦港〜機雷桟橋〜長浦港間を頻繁に行き来しています。
c0122266_4384265.jpg
機雷桟橋にては、横須賀水中処分隊の方々がご準備をされているようです。
c0122266_4392235.jpg
c0122266_4411017.jpg
観艦式週間が明けた…と、目に見えて判る(感じる)数時間となりました。
▼Chapter.3「10月19日電灯艦飾」
c0122266_4421760.jpg
『YOKOSUKA軍港めぐり』のSea friend V号さんから見学する、初めての電灯艦飾です。数日後に乗艦させて戴く、「はたかぜ」さん。お隣は「ちはや」さん。
c0122266_4444688.jpg
吉倉桟橋〜特務艇「はしだて」さん、水中処分母船YDT03号さん。
c0122266_4461082.jpg
c0122266_4465228.jpg
「初日」終了まで。目指す形に完成させるのは、非常に時間的に厳しいようにも思えて来ますが、物事を最初から諦めていては前に進めません。また、Chapter編は、こちらに投稿しますが、実際には『日報』へ投稿するかもしれません。年内いっぱいかけて観艦式週間を綴り、同時に速報も…形は観えて来ていますが、決定ではありません。未だペースに戻せない事に苛立ちを感じますが(自分に対して)、考えて考えて、また少しずつ投稿してゆく事で、あるべき姿にしてゆきたいです。楽をしようと思えば、いくらでも手は抜けます。が、そのような性格でもないので。その性格が自分を苦しめているとも云えますが。悩み多し。
by guardianvein | 2009-11-12 04:55 | 平成21年度自衛隊観艦式