ブログトップ | ログイン

ふりかけそーすけ別館 ver.guardian vein

gvein.exblog.jp

7ヶ月ぶりに投稿再開しました

<   2009年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧

予想していた通り,黄金週間が始まると予定が「変則的」になりました.出勤が明日に繰越となったので,せっかくの晴天ですし,横須賀へ.明日出勤すれば,まとまった休みがやって来ます.この機会にまた少し渋滞している各ブログの調整をしましょう.ここも昨日はお休みになってしまいましたし.明日が過ぎるまでは落ち着かないので,本日の『YOKOSUKA軍港めぐり』の記録をはさみます.この連休で各700pix版を一挙投稿したいですね.
c0122266_2226557.jpg
長浦港にて.掃海母艦「うらが」さん,護衛艦「さわゆき」さん,「はつゆき」さん.今日もとても良いお天気でした.横須賀は青空が本当に綺麗です.横浜は,いつも少し白くもやっとしているように思います.横浜は澱んでいる?
c0122266_22283195.jpg
丁度,新井掘割水路から,運貨船YL09号さんのお姿が.
c0122266_22293313.jpg
「しらゆき」さんの横を通過されます.
c0122266_22301657.jpg
水中処分母船YDT03号さん.今日の『YOKOSUKA軍港めぐり』は,年末年始の頃を思い出すような感じでした.

さて…明日を乗り切れば(乗り切る?),やっとまとまった休みがとれます.ここ1週間,ずっとあれこれ思案していました.700pix版を多数投稿したいですし,ここも表示が重いのを出来る限り解消したいですし,ほぼ連休中はMacの前でしょう.お金がないので,旅行に行く予定もないです.とにかく,時間が足りず出来ていない事に一つずつ取り組む連休です.
by guardianvein | 2009-04-30 22:35 | YOKOSUKA軍港めぐり
既に世の中は,黄金週間なのでしょうか?自分にはよく判らないのですが…今朝は少々冷えていますが,とても綺麗な青空が観えます.横須賀に行きたいですね.でも,出勤です.注文が入っていますし,黄金週間営業案内やあれこれ連休対応作業ですね.では,先週の『YOKOSUKA軍港めぐり』にての横須賀水中処分隊の皆様・水中処分班の皆様・陸上自衛隊の皆様の海上海中にての訓練見学記録(3)です.今回は「全景」を中心に.
c0122266_521929.jpg
吾妻島前に水中処分班の方々のお姿が観えて来ました.
c0122266_531546.jpg
右手には,これから「船体消磁」をされるのでしょうか.「はたかぜ」さんが横須賀消磁所に.大型曳船YT68号さんがお手伝いしています.「船体消磁」の見学は,この時が初めてでした.
c0122266_552579.jpg
水中処分班の皆様の先(背後)に…「しんかい6500」?と思ったのですが,とても似ていますが違いますね.
c0122266_571377.jpg
引いてみますと…左手にとてもたくさんの方々がいらっしゃいます.
c0122266_58784.jpg
その上空をヘリコプターさんが通過します.
c0122266_5101141.jpg
『YOKOSUKA軍港めぐり』のSea Friend V号さんが進むにつれ,徐々に「全景」が観えてきます.
c0122266_5113440.jpg
この段階でも,処分艇さん全て観えていなかったと思います.思いっきり引いてみましょう.
c0122266_5124371.jpg
手前「赤よこすか8」から,奥の「緑はこざき」まで進む間が水中処分員の方々の訓練を「見学する事の出来る限られた区間」です.こうして見ると,とても短い事が判りますね.凝縮集中の区間です.
c0122266_5161279.jpg
アイクル前.殆どが水中処分隊の皆様ですが,陸上自衛隊さんの方々もいらっしゃるようです.撮っている段階では,殆ど判らなかったのですが…
c0122266_5185410.jpg
これほどたくさんの方々がいらっしゃった事に驚きました.前便で長浦港から出て行かれた水中処分隊の皆様の処分艇さんは6艇.実際に,ここで海上にいらっしゃるのは…
c0122266_52271.jpg
「???」です.新米見学者,よく判らなくなっていました.判らないと云っても,確実に皆様は観えています.
c0122266_5244184.jpg
距離も「ものすごく遠い」訳ではありません.
c0122266_5275476.jpg
こちらは水中処分班の方々ですね.どなたか海中にいらっしゃるようです.
c0122266_529893.jpg
この時,すぐ近くを通られたのは…陸上自衛隊さんの方々ですね.でも,水中処分隊の方もいらっしゃるのでは.新米見学者,全然判っていませんが…(判っている方がおかしいですよね)
c0122266_5331189.jpg
tank area.こちらへ向かって来られる方々がいらっしゃるようです.これまでの見学とは様子が異なります.慌ててはいませんでしたが,あまりにたくさんの方々がいらっしゃるので,水中処分隊の皆様に付いてゆけるのか,少々不安でありました.
by guardianvein | 2009-04-28 05:38 | ┣横須賀水中処分隊
カメラの事を考えていて,「望遠レンズを持つ必要がなかった頃」の事を振り返ってみました.「独り言」を投稿してみましょう.4年間ほど,殆どスチールの写真を撮らず動画ばかり撮っていた頃.でも,自分は動画は「素人」.ずっと違和感のあった4年間.スチールに戻りたい.動画のカメラを置き,敢えて撮ったLIVE写真.この距離.
c0122266_439787.jpg
望遠のレンズなど付けていたら,ふッ飛ばされる至近距離.と云うか撮れない距離.実際に,カメラがふッ飛んだ事も.衝撃を感じ,はっと気付くと,カメラは2mぐらい飛ばされて落ちていたり.身体もあざだらけ.
c0122266_442348.jpg
今もレンズフードを付けていないのは,光が入り過ぎても,その時の状態を記録しておきたいと思うのと,壊れてしまっているのと,ぶつかるので.現在も『YOKOSUKA軍港めぐり』に乗船している際,いろいろなところにレンズが当たります.狭いところから撮ったりするので.お客さまがたくさんいらっしゃる便では尚の事.
c0122266_4453713.jpg
こんな狭い地下空間(ライブハウスと呼ばれる場所.この日のライブハウスは特別狭かったのですが)で撮っていたのですから,海はあまりに大きくて,明るくて,広いのです.海は広いな大き過ぎる…でも,地下空間には戻ろうとは今現在は思っていません.海です.海が良いのです.
c0122266_4483578.jpg
それにしても,この距離.改めて驚く至近距離.このブログに頻繁に登場する「距離があったので」「距離が開いてきました」は,まだ自分がスケールの大きさに適応し切れていない事の顕われですね…と,改めて認識する事も大事.遠くへ.その先へ.
by guardianvein | 2009-04-28 04:52 | 独り言
昨日は強風だったものの,本当に良いお天気でした.久しぶりに富士山も観えました.頭痛も治ったので,画像を作ったり,調べ事をしたりで,気付けば深夜.と云うか早朝です.4月中に新しいカメラを…と思ったものの,金曜日に実際に手にとってみて,結果は見送り.また,改めて写真の難しさを思う数日間.「観えていない」を「観える」へ.それは単に倍率を上げる等ではなく.と,ぶつぶつと独り言的な事を書いていないで.今回は「速報」は「1」に留め,横須賀水中処分隊の皆様,水中処分員の皆様の見学記録編(2)で参りましょう.
c0122266_4123990.jpg
前回の投稿から1枚.美しい「陣形」へ.第一陣から第四陣の皆様.本当に,幾度見学しても素晴らしいです.こちらの皆様は,まだ正確に確認出来ておりませんが,掃海隊群の水中処分員の方々.
c0122266_41344100.jpg
そして,第五陣の方々も続きます.左手(『YOKOSUKA軍港めぐり』のSea Friend V号さん進行方向では右手)から出て来られた方々が殆ど観えない位置に居た事を悔やむばかりです(悔やんでも取り戻せないのですが).
c0122266_417662.jpg
第五陣の方々が加わり,更に大きく美しい陣形に変化してゆきます.果てしなく見学し続けていたい光景です.新米見学者,勝手に思うに,この中央に第六陣の方々が加わられる筈だったのでは…
c0122266_4203347.jpg
もう,ぎりぎりです.この段階で左側に移動は難しい…(観えなくなる時間が少しだけ早くなるので)でも,実際には左側に移動しようとしていたのが写真から判りました.
c0122266_449406.jpg
ほんの数秒遅かったのです.第六陣の方々が観えていました.実際には,もっと近い距離にいらっしゃった段階で撮っていましたが,ワイヤー?(多分)が被ってしまっていました.本当にあと10秒ぐらいだと思います.デッキを4,5歩,階段を6,7段.
c0122266_4562277.jpg
吾妻島の入口(出口)付近が写っています.Sea Friend V号さんが長浦港中心に向かって少し斜めになったところですね.
c0122266_4593346.jpg
間もなく,第六陣の方々のお姿が観えなくなってしまいます.この後,長浦港を一巡り.と,同時に頭再起動です.
c0122266_5511100.jpg
新井掘割水路に差し掛かった時です.前方に処分艇さんが観えました.かなり距離があるので,後から判りました.第六陣の方々です.ほぼ各地点で,処分艇さんのお姿が観えるのです.以前は,1便で1GBのコンパクトフラッシュ1枚撮り切るペースでしたが,現在は違います.基本?を2GBに換えました(それ以上の大容量はあまり使いたくないです).
c0122266_594316.jpg
新井掘割水路を進むと…「あれに観ゆる」の地点からは,横須賀水中処分隊の方々のお姿が観えました.
c0122266_51153.jpg
季節は初夏を通り越し,「夏」であります.
c0122266_5122130.jpg
こちらに水中処分隊の皆様がいらっしゃったのは,3月のはじめ以来です.
c0122266_5141972.jpg
真横を通過…たくさんの方々がいらっしゃったので,驚きました.いつもとは一変していましたので,寄らずに引きました.写真を帰宅して確認するまで,皆様,横須賀水中処分隊の方々と思っておりました.こちらに陸上自衛隊さんの方々がいらっしゃるとは思いませんでした.
c0122266_5175528.jpg
こちらは水中処分隊の皆様ですね.昨年8月2日の「横須賀水中処分隊さん展示」にて,海に飛び込まれたお二方がいらっしゃいますよ(^-^).処分艇さんを移動されるのでしょうか?
c0122266_5221724.jpg
とても重そうです.処分艇さんの重量は,どのぐらいあるのでしょう?3月のはじめに,こちらに水中処分隊の方々がいらっしゃった際にも,何人もの方々の手で運ばれるところを見学しました.
c0122266_5244153.jpg
この外灯は,このような用途?でも使用されるのですね.でも…これから何が行われるのでしょう?
c0122266_5255980.jpg
処分艇さん,向かい合わせに立てかけられました.
c0122266_5293788.jpg
間に入られて何かなさっていますが,そろそろ距離が開いて来ました.
c0122266_5304227.jpg
丁度,水中処分母船YDT03号さんの真正面を通過します.
c0122266_5312181.jpg
目の前に,あの気になっていた多用途支援艦「えんしゅう」さん艦上に観えた蛍光オレンジツリーが観えました.これは何でしょう??
c0122266_5332142.jpg
そして,振り返ります.距離がかなり開いたのもありますが,さきほどまでたくさんの方々がいらっしゃったのですが,「波が引いたよう」に観えました.このあたりで横須賀消磁所方面が再び観えて来ます.
c0122266_5363755.jpg
処分艇さんが観えました.背景の大きな赤い船は追浜industrialですが,更に後ろの赤白(キリン)クレーンは,横浜ではないかと…
c0122266_537418.jpg
実際に処分艇さんは,吾妻島前にいらっしゃるのだと思うのですが,とても遠く(横浜市)まで行っておられるように思える場面です.
c0122266_5404385.jpg
700pixで投稿しないと判りづらいですね…処分艇さん2隻(単位が正確に判りません…)のお姿が観えています.ごらいあすSUMITOMOが入ってくると,間もなく時間切れです.
c0122266_5425741.jpg
ここで「見学時間切れ」.汐入桟橋5分前です.まさに時間いっぱいいっぱいまで見学です.今回は一気に24枚で投稿です.投稿を急いでいる訳ではなく,1便続けた方が良いと思いましたので.とても長い投稿になりました.自分の失敗の数々を改めて見ると,とてもいたたまれないのですが,落ち込んでも仕方がありません.しっかりしろ自分!です.
by guardianvein | 2009-04-27 05:53 | ┣横須賀水中処分隊
雨も上がり,青空の朝ですね.やはり頭痛は治りました.昨日は1日ひどい頭痛が続き,寝ている他なく.ようやく午前3時頃から頭痛が治って来たので,画像を作ってみましたが…この日は失敗の連続でした.1便1便が貴重な見学機会です.落ち込む新米見学者.全然追い付けていません.勿体ないです.と,ネガティブな事を書いてばかりでも仕方がないので.「駆け足投稿」ではなく,『快晴水中処分員の皆様の見学記録編』と致しましょう.
c0122266_5382241.jpg
この日,水中処分班の皆様は吾妻島・横須賀消磁所前での訓練はなさらないのかも…と思った約1,2分後です.第一陣の方々のお姿が「さわゆき」さんの背後から.この段階では遅れてはいません.
c0122266_5412170.jpg
真横を通過されるのに10秒弱.あっと云う間に後ろ姿となります.美しい波しぶきと吾妻島の緑.
c0122266_5425265.jpg
この日は,緑色の船でした.第一陣の方々は,早くもtank areaへ近づいています.
c0122266_5435987.jpg
第二陣の方々は緑の海岸の手前.今は使われていないのでしょうか,倉庫付近.あと,気のせいかもしれませんが,確か第二陣の方々の処分艇さん内であったと思うのですが,2度ほど何かが光ったのが観えた気がしました.時折あるのです.少し前にも,「うらが」さんの艦上で,何かが光った事がありました.
c0122266_5472888.jpg
第一陣の方々.緑色の船全体が入って来ました.前回もそうでしたが,ここの地点に合ったカラフルな船ですね.
c0122266_5481660.jpg
第二陣の方々も,tank areaに近づきつつあります.
c0122266_5484913.jpg
距離も開いて来ましたし,引いて第一陣,第二陣の方々ご一緒に.皆様のお姿が観えなくなるまで見学するのも,この美しい陣形への変化が見学したいからなのです.『YOKOSUKA軍港めぐり』のコース内で,縦に移動距離が長い地点は,横須賀消磁所から,はこざきの箱までと,そこから長浦港までの直線です.新井掘割水路もですが,幅が狭いので.そして,ここでは完全に進行方向とは逆を向いていますので,続いて出て来られる方に気付くのが遅れました.ただ,ぼ〜っと観ているのではなく,小さなファインダー内から,遥か彼方に点在されている処分艇さんに集中しています.完全に背後スキだらけの新米見学者.
c0122266_556254.jpg
大型バイクが??と「音」で,はっと気付き,振り返りました.ピントは合っていますが,処分艇さんの速度に合っていません.まさにサングラスしないと眩しくて目が痛くなる程の晴天です.普通に撮れば,ブレる事など殆どありません.処分艇さんの速度とこの近さ.既に第三陣の方々が迫っていました.標準のレンズであれば対応出来たでしょう.
c0122266_65283.jpg
前回の投稿と重複しますが,まさに「LIVE」の1枚です.新米見学者の得意とする場面でもあるのですが…300までの望遠しか所有していない理由は,これまで至近距離でLIVEを撮るのが「当然」でしたので.望遠は必要なかったのです.「写真は自分が近寄って撮るもの」と云うのがありました.しかし,『YOKOSUKA軍港めぐり』の見学では,これまでの自分の「常識」は,少々場違い.「ステージ」の規模が違い過ぎます.狭い空間内ではないのです.それに,作られた「セット(装置・スタジオ)」での「演目」でもありません.
c0122266_616175.jpg
あまりに格下の新米見学者と余裕の笑顔.この対比!この後,更にぼこぼこに打ちのめされます.それで良いのです.それが良いのです.強くなれます.
c0122266_6201261.jpg
豪快に芸術的に波しぶき.先の第三陣の方々と第四陣の方々.この角度で見学出来て,初めて観えた「ところ狭しと置かれた機材」.
c0122266_6214679.jpg
引いた画角で,第二陣の方々が彼方に入ります.
c0122266_6221758.jpg
ここで,第四陣の方々が横に並ばれるんですね.陣形が出来てゆきます.
c0122266_6234366.jpg
前方,第二陣の方々と第三陣の方々.そして…
c0122266_6252619.jpg
ここで,「黄金等間隔」.美しい整列です.目を奪われます.実際には,この段階で左手から第五陣の方々が出て来られているのに気付いていません.気付いていないと云うより,観えていなかったのです.2Fデッキに空間的余裕があれば,気付いたでしょう.両目を開けて撮っています.右目はファインダー内に集中していても,左側はある角度からは視界に入ります.
c0122266_6325467.jpg
第五陣の方々がここまで進まれた段階で,やっと視界に入ったのです.遅過ぎました…
c0122266_634493.jpg
かなり距離が開いています.自分を蹴り飛ばしたい気分です.でも,自分はどうすれば良かったのでしょう?失敗は原因を知り,どうすれば良かったのかを考えないと.これもとても大切な勉強です.

何故にそんなにムキになっているのか?と思われるようですが(周囲の人に云われる事があります),水中処分員の皆様は訓練に向かわれるのです.見学者も訓練に参加する訳ではありませんが,見学に来て写真を撮らせて戴いているのですから,最も良く適切に記録しておくべきではないでしょうか?軽く見学して,何となく写真撮って,適当に自分のブログに投稿するのは失礼なのでは?自分は,そのように思っています.だからと云って,もの凄く意気込んだ(思い込んだ)ストーカーのような見学者でもありません.

いつものように大作投稿になっていますね.ここで投稿します.
by guardianvein | 2009-04-26 06:47 | ┣EOD JAPAN is...
新米見学者,また風邪でしょうか,それとも気圧が少し低くなっているせいでしょうか,頭痛がひどいです.特に右顔面〜こめかみがきりきりします.喘息の発作が出ないだけ有り難いのですが.集中力が落ちているので,久しぶりに『独り言』を投稿してみましょう.以前も驚きのあまりに投稿した事がありますが,iTunesのヴィジュアライザ(ビジュアライザー).
c0122266_23401037.jpg
最早,個人的には「あれに観ゆる黒いラバーの球体」にしか観えていないのですが,iTunes8.0.2のヴィジュアライザ.今回は「Flight643(「463」にしたいところですが)」もしくは「Lighthouse(Sean tyas dub)」.何故に,このような映像表現になったのでしょうねえ…気になったので調べてみましたところ…また,驚きました.
c0122266_23464749.jpg
このヴィジュアライザ(プラグイン)は『Magnetosphere』.Magnetosphere…磁気圏.多分,多くのAppleユーザ(コアな)は,「何をいちいち驚く事があるんだか.見りゃ判るだろ」でしょうが,驚いてしまうのですから仕方がないぢゃないですか.
c0122266_23515821.jpg
磁気圏と云えば,「空」を思い浮かべる人が殆どでしょうが,自分にとっては,このMagnetosphereは「海の中」です.

現在,頭の中はMagnetosphereです.ひどい頭痛です.集中できません.このような場合は,無理して何か作業すると,後から修正修正になるので,久しぶりの『独り言』を投稿して,少し休む事にします.滅多に頭痛薬など飲む事はなくなりましたが,今日はダメです.特に画像のチェックは,とても細かい作業なので.
by guardianvein | 2009-04-25 23:57 | 独り言
昨日の深夜(と云うか,今朝)に急遽,本日横須賀へ行く事が決まりましたので,『YOKOSUKA軍港めぐり』の予定も,ほぼ当日の朝に決めました.水曜日の大作投稿の前に,こちらの投稿を致しましょう.10数年ぶりに再会する元職場同僚の友人に逢う為に,急遽横須賀へ行く事となりました.友人が横須賀商工会議所にての「キックオフセレモニー」に出席してる間,『YOKOSUKA軍港めぐり』に乗船しました.
c0122266_2314771.jpg
掃海母艦「うらが」さんがお戻りになっていました.こうして見ると,本当に「うらが」さん,大きいですね!
c0122266_2324289.jpg
塗装なさっているのでしょうか.いつも撮ってしまいます.
c0122266_23132085.jpg
この時,お隣では小さな男の子とお若いママさんが「うらが」さんに向かって,懸命に手を振っていました.男の子は「パパー!パパー!」と元気に連呼しています.たくさんの方々が「うらが」さん艦上にいらしたので,「パパ」はどちらにいらしたのかは判りませんでしたが…
c0122266_235584.jpg
本当にたくさんの方々がお仕事なさっていました.数々の旗が掲げられようとしています.初めて間近で見学出来ました.
c0122266_23141347.jpg
「1」「3」「5」の足場には,柵が.先日はどきどきしました…柵がありませんでしたので…
c0122266_23154973.jpg
長浦港を一巡り.ちょっと距離がありましたので,はっきりは判りませんが,「EOD」のお帽子に観えるのですが…と,気配?を感じて振り返ると.
c0122266_2317235.jpg
処分艇さんでしょうか.「しょうか?」ではなく,処分艇さんですね.
c0122266_2318213.jpg
もうお一方.この日は,久しぶりにとても寒かったので,2Fデッキは比較的,空間に余裕がありました(1Fの船内から見学されている方が多かったです).左右両方に移動するのも難しくなかったので.
c0122266_23182834.jpg
「さわゆき」さんと「うらが」さんの間にす〜っと入っていかれました.少しだけですが,処分艇さんの訓練も見学出来ました.
c0122266_23203350.jpg
今度は新井掘割水路から,「しらゆき02」号さんがやって来ました.全員の方が写る角度が難しくて…
c0122266_23214670.jpg
横位置からでしたら,大丈夫.でも,ちょっと引き過ぎましたか…

本日は急遽,横須賀行き→『YOKOSUKA軍港めぐり』乗船となりました.残念ながら横須賀水中処分隊の皆様の訓練はお休みの日(便)でしたが,さまざま見学致しました.久しぶりの暗めの曇天と低温にて,記録の写真は少なめでしたので,一昨日の快晴『YOKOSUKA軍港めぐり』見学記録の間に投稿です.

この後,10数年ぶりに友人と再会.友人の新著『哲学で自分をつくる』出版記念カレーパーティ.再び,汐入桟橋に戻り,ゆっくりヴェルニー公園を歩き,帰宅.でも,何故に10数年ぶりの再会が横須賀であったのか,不思議でなりません.元職場は代官山でしたから,横須賀とはあまり接点はないように思うのですが.不思議ですね.どちらも何故か横須賀に呼ばれたのでしょう.

慌ただしい数日となりましたが,週末は時間があります.本日は早めに休み,体力回復です.そう云えば,来週からいよいよ黄金週間ですね.また少し変則的な日々になりそうですが,時間を上手に使いましょう.まずは,一昨日の記録を再度見直しましょう.
by guardianvein | 2009-04-24 23:32 | YOKOSUKA軍港めぐり
大変申し訳ございません!新米見学者,大変失礼な間違えがありました.写真を細かく見直していたところ…長浦港から第五陣として出て行かれた水中処分員の皆様は,こちらの方々でした.前回の投稿を修正する前に,こちらを投稿します.
c0122266_23363735.jpg
吾妻島緑の海岸〜流木の岩場にての,こちらの皆様の写真を観て,「はッ」と気付きました.
c0122266_23371544.jpg
Sea Friend V号さんの進行方向右側から,第五陣で出て来られたのですよね…完全に遅れています.申し訳ございません!
c0122266_23381171.jpg
こちらの皆様が続き,第六陣で出てゆかれました.その遥か先には…
c0122266_23391417.jpg
第一陣の皆様から第四陣までの皆様.長浦港から,見学の船の両側から出てゆかれたのは「第六陣」までの皆様でした.大変な失礼を致しました!こちらを投稿後,前回の投稿を修正致します.
by guardianvein | 2009-04-23 23:42 | ┣EOD JAPAN is...
昨日は反省しきりの見学でした.個人的反省点満載ではありますが,『YOKOSUKA軍港めぐり』に乗船されたお客さまで,その後,偶然?延命地蔵尊さんでお逢い(再会?)した方々(横浜市の各区からお越しのおぢさま・おばさま)が,「大変勉強になった!」と仰っていました.では,再び1,000枚を超えた横須賀水中処分隊の皆々様見学の記録から,今夜は駆け足にて「1」です.本当に駆け足です.
c0122266_1563198.jpg
「出発」は,こちらの場面から.ご準備が始まっているようです.目の前には…
c0122266_159225.jpg
「はたかぜ」さんのお姿が.初めて,「船体消磁」されているところを見学出来ました(この時は,ご準備されているところのようですが).今夏,横浜へいらっしゃるとの事ですので,見学に参りたいと思います.この便では,どなたも横須賀消磁所・吾妻島前にいらっしゃらなかったので,「はたかぜ」さんと横須賀消磁所を見学です.
c0122266_264667.jpg
そして,長浦港へ…水中処分員の皆様のお姿が龍神様と共に.背景の緑が一層濃くなって来ました.
c0122266_282520.jpg
第一陣の方々.ここから,まさに「駆け足」です(駆け足以上の速度).
c0122266_294655.jpg
第二陣の方々.ここより新米見学者遅れまくります.皆様が観えなくなるまで…と大地の鼻方面を向いていたところ…背後から大型バイクが?はっとして振り返ると…
c0122266_2124681.jpg
驚きました.驚きが画角に忠実に再現されています.第三陣の方々が既に間近に迫っていました.
c0122266_2141682.jpg
第四陣の方々.臨場感満点です.新米見学者,頭真っ白になっていたと思います.
c0122266_2175859.jpg
豪快な波しぶきと共に第四陣の方々が通過されます.芸術的な波しぶき!
c0122266_220944.jpg
先の第三陣の方々を追わねばなりません.
c0122266_2213099.jpg
最接近でした.先の第三陣の方々.
c0122266_23442839.jpg
【訂正です】こちらの方々が第五陣の皆様です.完全に遅れました.左側(Sea Friend V号さん進行方向では右)から,出て来られました.懸命に追いました.
c0122266_2235454.jpg
直後に第六陣の方々も左(Sea Friend V号さん進行方向では右)側から出て来られたのです.ほぼ真横に来られた時に気付きました.移動しようとしましたが,時間的余裕がありません.機敏に反応出来なかった自分が情けないです.でも,昨日はSea Friend V号さんの2Fデッキは,両側に立って見学なさっているお客さま,中央に座って見学されているお客様がいらっしゃったのです.恐らく,進行方向右側に立っていらっしゃった方は,左側が観えづらかったと思いますので,水中処分員の皆様が左右両方から出て来られた事で,皆様が見学出来た事になります.
c0122266_2414169.jpg
「さわかぜ」さんと第六陣の方々.ぎりぎりまで見学です.
c0122266_237981.jpg
長浦港を一巡り…新井掘割水路にさしかかった処で…前方に処分艇さんが観えました.先ほどの第六陣の方々ではないでしょうか…横須賀消磁所方面へ向かわれます.ここで,一旦,2Fデッキから降りました.煙草コーナーに行きます.煙草を吸うのではなく,最も「低い位置」から撮れる場所であるからです.また,鎖一本の縁で姿勢を安定させる為にちょっと行儀の悪い姿勢になるのですが,ここでしゃがんでしまうと今度は低過ぎるので…
c0122266_2425030.jpg
再び,新米見学者驚きました.あまりにたくさんの方々がご準備なさっておりましたので.でも…3月のはじめに,こちらにいらしたお二方のお姿があります.一番最初の写真から一変しています.
c0122266_2495752.jpg
こちらの地点は,まさに「真夏」のようです.「爆発物処理班」との名称が即座に浮かびます.が,昨日から「でも…??」と思っておりました.こちらにいらっしゃるのは横須賀水中処分隊の方々だけではありませんね?あと,新米見学者は,よくこちらの場所で,これほど近い距離で,お人違いや記憶の遅れ(後から気付く)を幾度か起こしています.3月のはじめに,こちらに水中処分隊の皆様がいらっしゃった際,昨年8月2日の「水中処分隊さん展示」に出ていらっしゃった方は,お二方だけではなかったのでは?この日もです.後から何度も写真を見直していて気付くのです.この日も,もうお一方処分艇さんのところにいらっしゃると思うのです.水中処分隊の皆様と直接お話する事はありませんので,記憶違いなどがあっても,自分で気付くより他ないのです(現状).その為,数々の失礼もあるかと思いますが,どうぞご容赦下さいませ.
c0122266_2521559.jpg
乗船した直後からは,全く予想もつかぬ「場面」でしたので,またも新米見学者,ご挨拶するのを忘れ,写真を撮り続けました.申し訳ございません…
c0122266_2541062.jpg
3月のはじめにも見学出来た際によく判った筈の事を「復習」です.海上では飛ぶように快走される処分艇さん.実際にはとても重量があるのですよね…素人は「ゴムボート」と云うと安易に「軽量」と思ってしまうのですが…
c0122266_2565615.jpg
皆様はご準備を続けられていますが,見学の船は水中処分母船YDT03号さんの前に.
c0122266_2582098.jpg
そして,左手には追浜industrial地点が観えて来ます.既に水中処分員の皆様のお姿が観えています.でも…ここの背景は追浜ではないのかもしれません.
c0122266_2591449.jpg
ごらいあすSUMITOMOの前にも処分艇さんのお姿が.長浦港からは,見学中に第六陣までの方々が出てゆかれました.次便にての吾妻島前を1枚だけ投稿します.(投稿内容修正)
c0122266_323948.jpg
引き切れた範囲のみでも圧倒される光景です.でも,こちらで処分艇さん全てではありません.昨日の『YOKOSUKA軍港めぐり』での横須賀水中処分隊の皆様,水中処分員の皆様の見学は,終始圧倒される場面の連続でした.当然です.それほどの方々なのですから.
by guardianvein | 2009-04-23 03:04 | ┣横須賀水中処分隊
こちらの場面は続いた方が判り易いと思いますので,次便の場面も併せて投稿します.次回の投稿から横須賀消磁所・吾妻島前での訓練編です.前回の投稿が長くなりましたので,1枚めに再び.
c0122266_120263.jpg
前回投稿分から.これまで,幾度も追い付けなかった海から上がって来られる「瞬間」.距離が近かった事もあり,ようやく追い付けました.この後,長浦港をぐるり一廻りして方向転換.新井掘割水路へ向かう際,再び「うらが」さんの横を通ります.
c0122266_515352.jpg
「うらが」さん大きいです.「1」「3」「5」から何かが(木製の)下ろされていますね.最初,右「1」「3」「5」左「2」「4」「6」かと思ったのですが,下の部分が「2」「4」「6」?(新米見学者,勝手な想像をしておりますが).つい先ほど,「うらが」さんの側面にいらした方々がこちらへ来られていますね.
c0122266_521207.jpg
かなり引いているのですが,それでもフレーム内に入り切りません.「うらが」さんは大きいです.後部が開いていると殊更大きく観えます.
c0122266_5225851.jpg
新井掘割水路へ入る直前です.ようやく「うらが」さんの文字が入りました.あ?撮っている際には気付いていませんでしたが,内部が明るくなっています.照明の明るさではなく,自然光だと思うのですが…そう云えば,「うらが」さんを空(上)から観た事がなかったです.掃海・哨戒ヘリコプター用の発着甲板があるとの事ですが…

この直後,見学の船は新井掘割水路へ.「うらが」さんが観えなくなりました.そして,次便にて再び,長浦港へやって参りました.
c0122266_5261883.jpg
先ほど,「1」「3」「5」から下ろされていたのは足場だったのですね!
c0122266_529091.jpg
これから何が行われるのかは判りませんが,水中処分班の皆様が集まっておられます.
c0122266_530947.jpg
ちょっと小さくなってしまって判りづらいのですが,ここで新米見学者,コンパクトのデジタルカメラを見つけました.水中処分班さんとカメラ…思い出した場面がありました.
c0122266_5343715.jpg
この場面です.左手にいらっしゃる方がお持ちになっているのは,防水ケースに入ったカメラなのでは?と思ったので(違うかもしれませんが).新米見学者ではありますが,写真を撮り始めて,30年以上は経っています.カメラはなくてはならない大切な機材ですし,当然,カメラ自体にとても興味があります.「うらが」さんを空から観た事がないように,自分は海の中では写真を撮った事がありません.水中処分隊の皆様とデジタルカメラ.とても興味を惹かれました.この後,一旦「うらが」さん後部が観えなくなります.
c0122266_5434527.jpg
この日は,「さわゆき」さんのお隣には,大湊からお越しの「じんつう」さん.はじめまして,です.
c0122266_5455598.jpg
「さわかぜ」さんの横では,何か訓練が始まるようです.
c0122266_5464740.jpg
こちらでも,前便に続き,水中処分隊の方がお仕事なさっています.
c0122266_547573.jpg
再び,「うらが」さんの横を通り,新井掘割水路へ向かいます.それにしても自転車がたくさん停められていますね.この日は,SILVERnewHONDAマシンGOLD「EOD」さん2台(隻,艘)は,ずっと「うらが」さんのところにおられました.
c0122266_550180.jpg
おお…お二人も足場に載られて大丈夫ですか…しかも,左に集中.ちょっとどきどきしてしまいました.「1」「3」「5」が観えなくなっています.上下するのですね.新米見学者には,この部分がどのような働きをするのか判らないのですが,とても貴重な見学でありました.
c0122266_5523115.jpg
次第に距離が開いてゆきます.足場のお二人にどきどきしつつ,間もなく見学時間切れです.
c0122266_555035.jpg
陽射しが明るいですね.昨年10月以降,ずっとこちらを撮り続けていますが,季節感のあるもの(植物など)は入っていませんが,季節が移っている事を感じます.冬期は思いっきり逆光の位置です.

少し時間を置きつつも,続けて2回投稿しました.昨夜から全ブログ投稿.速度が上がって来ました.今日も続けて投稿するかもしれません.次回は横須賀消磁所・吾妻島前の海上です.
by guardianvein | 2009-04-20 06:00 | ┣EOD JAPAN is...