ブログトップ | ログイン

ふりかけそーすけ別館 ver.guardian vein

gvein.exblog.jp

7ヶ月ぶりに投稿再開しました

<   2010年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧

本日より大型連休ですね。暦通りのスケジュールの皆様は、金曜日が「平日」ですね。1月より続いた「記録先行月間」は一旦終了…とは云え、そうそう追いつける記録数ではないのですが。現在、各ブログが停止気味ではありますが、少しずつ進めています。特に『ver.YB(yahoo blog)』は、まさに「水面下」で進めている状態です。隠れて行っているのではなく、少しずつ「構築」している段階です。yahoo blogは、これまでなかなか出来なかった「記録室」的なブログとして、時間をかけて構築してゆこうと思っています。まだまだ、環境整備中です。今回は、ver.YBの画面きゃぷちゃ画像で投稿します。
c0122266_1481149.jpg
『ver.YB(yahoo blog)』index中段の「最新の画像」画面きゃぷちゃ。小さなオレンジ色の鍵マークは「非公開」(ブログ開設者にのみ見える)、実際には、各「書庫(カテゴリ)」のindexとして、既に表示されている画像もありますが、これより投稿する為に待機している画像でもあります。オレンジ色の鍵マークのない画像は、投稿されています。『ver.YB』は、水中処分員の皆様が真の実力を発揮される「海の中」での「訓練」のように、多くの人々に見えぬところで、地道に積み重ねてゆく。その為、公開される(目に見える)進展がなかなかないように思えますが、「水面下」で地道に動いています。試験的に画像を作成し、各書庫(カテゴリ)のindexとして、現在公開となっているのは…
c0122266_1561099.jpg
横須賀地方隊第41掃海隊・掃海艇「すがしま」さんteam EODの皆様。ver.YBの書庫(カテゴリ)は文字数制限があり、「681 EOD」と記述しています。ですが、「勢揃い」ではない筈です。「すがしまさんteam EODの皆様」は、4月1日の暴風に近い強風に阻まれ、「リテイク」が出来ていません。現段階にて、「試験的」に作成しましたので、indexは随時編集可能です。最新の記録が収録出来た時点で、「更新」です。紙媒体では難しい「即最新に更新」も、web上であれば可能です。また、『YOKOSUKA軍港めぐり』乗船回数が多過ぎる?のも、これだけ乗船していても(既に2010年度で100便超え)、「リテイク」が難しいのです。皆様は、毎日、吾妻島前にて訓練なさっているのではありませんし、365日横須賀にいらっしゃるのではないのです。数日前、ようやく4月1日以来、「すがしまさんteam EOD」のお方のお姿を旧機雷桟橋地点にてお見かけ出来たのですが…ほぼ1ヶ月ぶりです。
c0122266_23349.jpg
横須賀地方隊第41掃海隊・掃海艇「のとじま」さんteam EODの皆様。のとじまさんの皆様の記録も、新年度に入り、まだ多くはありません。また、訓練に出てゆかれる「ライド」は、とても見事ですので、常に記録していますが、このように「index」を念頭に記録しています。indexを常に「ライド」で統一すると云う事ではありませんが。
c0122266_210581.jpg
横須賀地方隊第41掃海隊・掃海艇「つのしま」さんteam EODの皆様。現在、第41掃海隊の皆様の各indexは「ライド」編で統一しましたが、記録数が増えるに従い、さまざま変わってゆく事と思います。ですが、そうそう「コンスタント」に記録出来る訳ではありませんので、まさに「一期一会」の機会ほどにムキになって記録しないとなりません。大型連休中は『ver.YB』を中心に進めるかもしれません。同時に「新米見学者的準備」もありますので、怒濤の投稿ラッシュとはいかぬかもしれませんが…
c0122266_217629.jpg
掃海隊群第51掃海隊・掃海艦「はちじょう」さんteam EODの皆様…であると思うのですが、皆様、お揃いではない筈です。第51掃海隊の皆様のindexが、まだ作成出来ない状態です。少しだけ気が急くのですが、よくよく考えると、水中処分員の皆様の見学を始めてより、約2年とは云え、新年度よりお顔ぶれが新たになられている事もあり、『ver.YB』のような形式で記録を構築してゆくには、まだ記録が足りぬのも無理はありません。

今夜は、少し違う構成にて投稿です。大型連休中、『YOKOSUKA軍港めぐり』乗船をお休みして…結構時間的に余裕があるかも?と、当初思っていましたが、実はそうではない事が判りました。どたばたと慌てては、何も出来ないまま、時間ばかりが過ぎてしまいますので、出来る事から確実に。
by guardianvein | 2010-04-29 02:26 | ┣EOD JAPAN is...
当初20日締切の「急遽」の作業は完了したのですが、続いて、再度2008年よりの記録を確認中です。記録数が非常に多くなっておりますので、その都度、確認する「視点」が異なります。一度の「網羅」は困難です。今回の「視点」において、こちらの記録が目にとまりました。2008年11月16日。『YOKOSUKA軍港めぐり』初乗船は、2008年10月31日ですので、第2回(初乗船2便と云う事は、第3回ですね)乗船の日の長浦港にて。
c0122266_1235673.jpg
函館よりお越しの大湊地方隊函館基地隊第54掃海隊・掃海艇「うわじま」さん。まだ、やっと3便目の乗船ですので、「あ…」と思っているうちに方向転換してしまっていますが…「うわじま」さん側面の海面付近に水中処分員のお方がいらっしゃる事に改めて気付きました。当時、「うわじま」さんを投稿していたとは思いますが、こちらの場面はなかったと思います。
c0122266_1273488.jpg
海面付近での作業をなさっていた際が記録されていました。こちらの場面は、当時も投稿していますが、11月16日と云えば、既に暖かい気候ではありません。初めて、「寒い時期」に海中にいらっしゃるお方を目にした日でもありました。
c0122266_1284427.jpg
まだ、掃海艇さんを目にして、僅か3度目。「凝縮」ぶりに慌てていた事を思い出しました。まだ、記録に慣れておらず、記録数も少なかったのですが、改めて、「その時、訳が判らなくとも記録出来ていて良かった」です。このように、「眠ってしまっている」記録が多々ある筈です。

短い投稿ですが、「うわじま」さんは、その後、『YOKOSUKA軍港めぐり』にてお目にかかっておりませんので、1年以上の時間を遡り、投稿する事としました。記録は、可能な限り、幾度も見直す。それが「記録」。撮って、その時、ブログに投稿したら、それっきりでは記録が泣きます。「記録」は「量産=消耗品」ではないのです。
by guardianvein | 2010-04-29 01:36 | ┣EOD JAPAN is...
いよいよ大型連休ですね。「急遽」が続き、各ブログがほぼ停止状態になっておりましたが、大型連休中に再起動です。どこまで立て直せるでしょうか。まずは、こちら『gvein(別館)』より再開です。また、完全引きこもりを予定していましたが、こちらも「急遽予定変更」です。久しぶりの遠出となります。と云っても…実は近い?のです。電車乗り換え僅か1回で到着です(よくよく考えると実に画期的?)。ある「企画」を練っておりますので、乞うご期待です。では、駆け足速報が続き、一体、いつから「停止」に近い状態に…明日より確認開始です。今夜は直近0426編を投稿します。やはり駆け足ではありますが…『日報』的投稿です。
c0122266_273553.jpg
今年の春は、まさに「異常気象」でした。晴れている日の記録が極端に少なく、あまりに腑に落ちませんでしたので、珍しく週明けに『YOKOSUKA軍港めぐり』に乗船しました。既に、この時、前日の掃海艇「つのしま」さん一般公開の事を聴き(この時、「のとじま」さんとお聴きしたのですが、web上のフェスティバルフライヤーでは「つのしま」さんです)、どしゃ降り横須賀消磁所の日以来、再び内心キレていました。一般公開を知らなかった自分に対して、です。この日は、快晴に近いお天気の横須賀消磁所内に神戸よりお越しの呉地方隊阪神基地第42掃海隊・掃海艇「くめじま」さんのお姿がありました。処分艇さんのお姿も見えていますね…昨年より、横須賀消磁所に掃海艇さん・掃海艦さんがいらっしゃる際を幾度か見学しています。「くめじま」さんは、初めてお目にかかりました。
c0122266_2203770.jpg
昨年9月9日には、佐世保より掃海隊群第2掃海隊・掃海艇「やくしま」さんがいらしていました。
c0122266_222224.jpg
緑よこすか5と「くめじま」さん。「676」に消磁ブロックさんが被ってしまいましたが…この角度あたりが最も「消磁所内」…「囲まれている」的だと思うのですが…(『YOKOSUKA軍港めぐり』コースは横須賀消磁所を横位置で見学してゆく印象です。横須賀消磁所は平面整列では立体なのですが、比較的横長ですので)。ところで。前週の吾妻島前では…
c0122266_2265392.jpg
お魚釣りをなさっている皆様がいらっしゃいました。何が釣れるのでしょうね??新米見学者2年生もお金持ちになって船を買えば、ここに居て良いのでしょうか??(当面、お金持ちになれる予定はなさそうですが)
c0122266_2301258.jpg
その約1時間後には、海上自衛隊横須賀地方隊第41掃海隊・掃海艇「つのしま」さんEODチームの皆様が訓練に出て来られるのですが…皆様が吾妻島前に出て来られる頃には、お魚釣りの方々のお姿はありませんでした。
c0122266_233369.jpg
次14時便の吾妻島前にて。「team つのしま EOD」の「皆様」。既に御三方は、海の中にいらっしゃるようです。こちらの場面も「1年の時を経てのリカバリー」です。
c0122266_2362828.jpg
ほぼ1年前の昨年4月22日の吾妻島前。この日、とても大勢の方々が吾妻島前にて訓練なさっていました。第41掃海隊の皆様の記録は、数cutでした。まだ、「吾妻島前」に追いつけなかった頃でした。海はとても穏やかでした。
c0122266_239022.jpg
ほぼ1年後、4月21日。動かれましたね。海も風も穏やかです。吾妻島前での記録は、幾度も書いていますが、天候と距離に大きく左右されます。海も風も穏やかであれば、しっかり記録する事が出来るのです。「その実証」。
c0122266_240531.jpg
c0122266_2412039.jpg
記録したままの状態です(リサイズのみ)。reflexであろうと、航行中の船上であろうと、「水平」がとれるのです。
c0122266_2422338.jpg
こちらも記録したままの状態です。謎の小さな遺跡前ですので、既にかなり距離は開いているのですが、安定していますね。ほぼ「完璧」に近い記録状態でした。全ては「海」と「風」次第と云う事ですね…
c0122266_2452559.jpg
翌週、4月26日の穏やかな吾妻島前に海鳥の群れがやって来ました。スカレーちゃんのお友達のカモメのジョニーたち、虎視眈々とごちそうを探しているとんびたち、カラスはよく見かけますが…群れは珍しいのです。画像を最大表示にすると…長いくちばしの先が曲がっています。「チュウシャクシギ」でしょうか。
c0122266_2493680.jpg
長浦港へやって参りました。『YOKOSUKA軍港めぐり』に乗船して、最初に「号笛」の音(ね)を耳にした時、鳥の美しい啼き声かと思ったのです。掃海母艦「うらが」さんにて、「笛の時間」(時間がかなり行き来していますが)。この日も女性のお方ですね(^-^)。
c0122266_2521012.jpg
「うらが」さん中央付近にて笑顔で手を振って下さっていたのも、女性のお方でした(^-^)。今年より「うらが」さん、「ぶんご」さんに女性の隊員さんが乗務されるようになったそうです。頼もしいですね!
c0122266_2543735.jpg
「笑顔の気配」と云うものがあるのです。ぽかぽか天気を通り越し、暑いぐらいになっていましたので、ややぼや〜んとしかけた時でした。「むッ?!」。「笑顔の気配」を感じました。掃海隊群第51掃海隊・掃海艦「はちじょう」さんのお方が元気に手を振って下さっていました(^-^)。
c0122266_2571416.jpg
この日は、「長浦港左廻り」でした。徐々に横須賀地方隊第41掃海隊・掃海艇「つのしま」さん、「のとじま」さん、「すがしま」さんに近づきます。交通船さんがいらっしゃいますね…YF2154号さんでは…
c0122266_302326.jpg
「のとじま」さん。「整備中」のようです。
c0122266_3525635.jpg
海上自衛隊さんの艦艇船は、常に整備がゆき届いています。皆様が常に丁寧に整備されている際を見学し続けています。
c0122266_3543768.jpg
少しずつ、掃海艇さんがたとの距離が開き始めた頃でした。「処分艇さん…」。「のとじま」さん、「すがしま」さん、いずれかの方々であると思うのですが…旧「ふたみ」さん後方より出て来られました。
c0122266_322826.jpg
新井掘割水路にて、横須賀港務隊さん運貨船YL13号さんとすれ違いました。ここ数週間、YL13号さんに追いつけていません。ぼ〜っとしている訳ではないのですが…これからの季節、気温が徐々に上昇してゆきます。暑さが苦手ですので、しっかりしないといけませんね。では、14時便へ。
c0122266_364563.jpg
再び第42掃海隊・掃海艇「くめじま」さん。処分艇さんには、どなたもいらっしゃらないようですね…その後方に緑の「箱」。「横須賀3」。見学時間切れの「はこざきのはこ」が「箱崎町」なら、こちらは「横須賀3丁目」でしょうか。
c0122266_384642.jpg
富津がやけに近く感じられます。「くめじま」さんの皆様のお姿は…とても静かに見えましたが…
c0122266_3101052.jpg
甲板前方にて作業をなさっていました。黙々となさっています。ここにも緑の箱がいますね…。「!?」。気配を感じました(画像からですが)。
c0122266_311505.jpg
双眼鏡!!(←新米見学者2年生、双眼鏡がコワいのか?)皆様、海上自衛隊さん艦艇一般公開の際、覗いて良い場合は、是非とも双眼鏡をご覧下さい。叫んでしまう程、よく見えます。吉倉桟橋から横須賀消磁所の消磁ブロックが視界いっぱいに見え、横須賀新港埠頭からは「猿島で煙草を吸っている人が見える!!」←昨年10月、護衛艦「さわかぜ」さんの双眼鏡をご覧になられた見学のお方が思わず叫ばれた言葉。話が双眼鏡に行ってしまいましたね…すみません。
c0122266_3165492.jpg
今年に入ってより、横須賀消磁所での見学が多くなっている気がします。先月には、掃海艦「はちじょう」さんをはじめ、多くの艦艇さんがたが横須賀消磁所に入られています。先週は、護衛艦「じんつう」さんでしたね。さて…大作になっていますね。ようやく大作が投稿出来るようになりつつあるでしょうか…準備していた画像が多くありましたので、今夜の投稿は「0426」を基点に、これまでの記録も振り返っています。「急遽の画像作成」の為、約2年間の記録を詳細に「捜索」していた事もあります。
c0122266_3215233.jpg
ここのところ、よくお逢いしますよ。「SRF-JRMC DIVERS」の皆様。笑顔で手を振って下さるようになりました。以前から、よくお逢いしていたでしょうか?(今年に入ってからのように思いますが)ところで…ずっと気になっていた「SRF-JRMC」。
c0122266_3262817.jpg
「YOKOSUKA DIVING LOCKER」…え?「ナンデモデキマス」?。イカしていますね…そうですよ…ずっと、新米見学者2年生が思っていた事です。2008年8月2日以降、水中処分員の皆様の見学を始めて以降、ずっと思っている事です。「難しい海の中、何事であっても可能に」。「何であっても出来そうなスゴ過ぎる人たち」。それが海上自衛隊さん「水中処分員」の皆様の「印象」なのです。
c0122266_3325136.jpg
とても難しい位置ではありましたが、旧機雷桟橋付近に「集結」されているのは…黒いcapに「EOD」の皆様。大勢いらっしゃいますね…
c0122266_3343721.jpg
そして、皆様、『YOKOSUKA軍港めぐり』のSea friend V号さんに一斉に手を振って下さいましたので、数秒間写真が飛んでいます。Sea friend V号さんが通過し、皆様、「作業」(でしょうか?)に戻られた頃より記録再開です。「Explosive Ordnance Disposal YOKOSUKA」の皆様。海上自衛隊横須賀地方隊横須賀警備隊「横須賀水中処分隊」の皆様、横須賀地方隊第41掃海隊・掃海艇「すがしま」さん、「つのしま」さんの皆様。
c0122266_3382777.jpg
皆様、「横須賀地方隊」にご所属ですが、吾妻島前以外にてご一緒されている際は「珍しい」事でありました。お足下が見えませんでしたので、どのような事をなさっているのかは見学できませんでしたが…
c0122266_3402844.jpg
と…護衛艦「はるさめ」さん内火艇さんがご到着。旧機雷桟橋付近に、とても大勢の方々…
c0122266_3432354.jpg
旧機雷桟橋地点は最も距離が近い見学ですが、あっと云う間に遠ざかり…内火艇「はるさめ」号さん、吉倉桟橋方面に…いえ、逸見岸壁方面に戻られるようです。横須賀水中処分隊の皆様、第41掃海隊の皆様は引き続き「作業」をなさっていました。

さて…かなりの大作となりましたね…『日報』的な内容になりましたので、一部文章差し替えて、『日報』へ転載投稿しましょう。『りぶろ』も投稿しなくてはなりませんね。大型連休中は『YOKOSUKA軍港めぐり』乗船をお休みして投稿に充てるのみの予定でしたが、急遽、予定変更となりました。「土曜日」に向けての新米見学者的準備を進めています。初めてゆく地です。
by guardianvein | 2010-04-28 03:50 | ┣EOD JAPAN is...
本日、晴天時の記録を増やそうと『YOKOSUKA軍港めぐり』の乗船…と、その時、思わぬ知らせに「……え?」。灯台下暗しとは、まさにこの事ですね。
c0122266_19164899.jpg
昨日『咸臨丸フェスティバル』にて、掃海艇「つのしま」さんが一般公開されていた事を、今日、『YOKOSUKA軍港めぐり』の汐入桟橋で聞いたのです。今日の今日まで、全く知らなかったのです。前日、「納品」の為、『YOKOSUKA軍港めぐり』に乗船したと云うのに。Sea friend1号さんの『浦賀歴史再発見クルーズ』も運航されていたのですが、とにかく、全く何も知りませんでした。落ち込むとか悔やむ以前に、「何故???(判らなかった)」です。キツネにつままれたような。「至急画像作成集中作業」をしていて、余裕がなかったとも云えますが、作業は土曜日の深夜に完了しています。貴重な機会ですから、事前に判っていれば、迷わず出かけます。
c0122266_19221473.jpg
『YOKOSUKA軍港めぐり』名ご案内の新井剛さんが「つのしま」さんの見学にゆかれ、たくさんお話しをなさって来たそうですので、次回、『YOKOSUKA軍港めぐり』でお会いした時に、教えて戴こうと思っています(お仕事の邪魔にならぬように)。

このような場合、思いっきり寝込む程、落ち込むのですが、今回は「リカバリー」の機会があります。抽選外れようとも、ちびっこたくさんで楽しそうですよ(^-^)。今回、とても貴重な機会を逸した事にはなりますが、時間は巻き戻せませんので。もし、事前に判っていれば、良いお天気でしたし、浦賀まで元気に出かけた事でしょう。と云うか、事前に判っていれば、ここに書いていますよ。掃海艇「つのしま」さん一般公開です。楽しみですね!と。
by guardianvein | 2010-04-26 19:27 | 独り言
ようやく「至急作業」が完了。「納品」の為、横須賀へ。集中して作業をしていたので、まだ疲れが残っています。でも、大型連休で再起動出来そうですよ。皆様、どちらかへお出かけになられますか?お天気に恵まれると良いですね。新米見学者2年生は引きこもり予定(それが楽しい)。では、へとへとで向かった土曜日の『YOKOSUKA軍港めぐり』を駆け足で振り返ります。
c0122266_10261657.jpg
長浦港にやって参りました。長浦港中央に旧海洋観測艦「ふたみ」さんがいらしてから、見学コースがその時々によって変わるようになりました。昨日、先に近づいたのは、掃海隊群第51掃海隊の掃海艦さんがた。掃海艦「はちじょう」さん、「つしま」さん、「やえやま」さん。御三方お揃いになられている際を見学出来たのは、久しぶりであったと思います。
c0122266_10285696.jpg
続いて…横須賀地方隊第41掃海隊・掃海艇「つのしま」さん、「のとじま」さん、「すがしま」さん。御三方お揃いになられている際を見学するのは、とても久しぶりです。「すがしま」さんが遥か沖合、横浜付近にいらっしゃる日もありましたが。週末と云う事もあり、防衛大学校新入生さんがご乗船でした。
c0122266_10342524.jpg
長浦港は、ゆっくり廻りますので、見学時間も長くなります。
c0122266_1035223.jpg
処分艇さんに目がゆくのは、「習慣」ですね…「のとじま」さん後方。その時でした。多分…気付いたのは、「音」であったと思うのですが。
c0122266_10365612.jpg
試験艦「くりはま」さんに「処分艇」さん??初めて観た光景でした。大きめのクレーンで移動中?
c0122266_10381719.jpg
妙に気になってしまい、凝視…
c0122266_10385944.jpg
「じ〜…」(凝視中)
c0122266_10394333.jpg
「じ〜…」(まだ凝視中)
c0122266_10403137.jpg
「くりはま」さんが見えなくなり、掃海艇さんがたを振り返ります。護衛艦「さわかぜ」さんぎりぎり地点。「さわかぜ」さん前方には、掃海母艦「うらが」さんがいらっしゃるのですが…数日前の事です。
c0122266_1042585.jpg
お昼どき便。「笛」の時間でした。「うらが」さんより笛の音が聴こえました。長浦港は距離がとても近いので、「あ」と気付きました。今年4月より女性の方も「うらが」さんに乗務出来るようになったそうですね。笛の練習をなさっていました。お昼どき便ならではの「笛の音」。いつ聴いてもすゞやかです。

駆け足で週末の『YOKOSUKA軍港めぐり』を振り返りましたが…珍しく14時便のみの乗船でしたので、記録はいつもの1/3。今日も良いお天気ですね。『YOKOSUKA軍港めぐり』全便満員御礼でしょう。新米見学者2年生、本日は休養です。若くはないので(^-^;)、まだへとへとです。夜には復旧して、投稿したいですね。
by guardianvein | 2010-04-25 10:48 | YOKOSUKA軍港めぐり
昨日深夜に「至急作業」完了。数時間後、「納品」の為、横須賀…『YOKOSUKA軍港めぐり』汐入桟橋へ。週末(休日)に乗船する事は少ないのですが。ようやく「作業」完了しましたので、投稿少しずつ再開です。記録先行月間が継続していましたが、昨日、画像を改めて順に確認したところ…『本館』『日報』へ大作投稿した4月13日編、駆け足であった為、確認が不完全であった事が判りました。また、こちらには4月13日編を投稿していなかったので、やや駆け足ですが、14時便吾妻島前を再確認です。
c0122266_9144048.jpg
4月13日14時便吾妻島前。正確に記録した順に。この日、大勢の方々が訓練に出て来られていました。吾妻島前の「配置」は、難しい数式の如く。順に距離の近い方々、もしくは右手から記録しようと思っても、「単純」にそうは参りません。吾妻島前は「平面」ではなく、「立体」なのです。訓練なさっている皆様は「配置」されている「オブジェ」ではありません。「人」です。時に動かれますし、最初に目に入った「距離」でも決められません。常に変化し続けます。こちらの方々は、横須賀地方隊第41掃海隊・掃海艇「つのしま」さん「team つのしま EOD」の皆様ですね。
c0122266_9211832.jpg
吾妻島側に掃海隊群司令部「水中処分班」の皆様、前方に掃海隊群第51掃海隊・掃海艦「はちじょう」さん、「つしま」さん「team EOD」の皆様では。全ての方々のご所属が判る事で、今月初めに開設したYahooブログ「ver.YB」も新たな形での投稿も可能になります。少しずつあるべき形になりつつあります。
c0122266_9252513.jpg
掃海隊群第51掃海隊・掃海艦「はちじょう」さん、「つしま」さん「team EOD」の皆様。ほぼ真横を通過。最初に見た位置へ一直線に進む訳ではありませんので、大勢の方々が訓練をなさっている場合、途中で見失ってしまう事もあります(位置が判らなくなる事も)。
c0122266_928062.jpg
「team つのしま EOD」の皆様。既に振り返る位置ですが、最も近くなっていますね。
c0122266_9294541.jpg
この時、上空には逸見へリポートに来られた哨戒ヘリコプターSH-60K25号さん。吾妻島前を「見学」に来られたような気がしました(新米見学者的思い込み)。そう云えば…以前、「team つのしま EOD」の皆様を記録した際も、上空をヘリコプターさんが通過されていましたね。不思議な偶然?
c0122266_9315490.jpg
「team つしま EOD」の皆様(で宜しいでしょうか。ようやく、多くの方々のご所属が判りかけていますが…)。
c0122266_9332730.jpg
処分艇「はちじょう」号さん。「team はちじょう EOD」の皆様…いつも「皆様」としているのは、海中にいらっしゃると思われる為であります。
c0122266_934409.jpg
「はちじょう」さん、「水中処分班」の皆様。
c0122266_936136.jpg
この日、最も近い距離にいらしたのは、第41掃海隊・掃海艇「のとじま」さん「team のとじま EOD」の皆様。「のとじま」さんの皆様は、昨年度も距離が近いところにいらっしゃる際の記録が多いです。快晴確率も高いので、記録の精度も高いです。
c0122266_939683.jpg
流木の岩場前に「はちじょう」さん、「水中処分班」の皆様。吾妻島前は、タンク入江付近と流木の岩場地点が逆光を免れます。流木の岩場前は距離も近いので、海中から出て来られた方々がよく見える地点でもあります。
c0122266_942641.jpg
こちらは潜水医学実験隊の皆様。やはり、「距離」が近い事と天候が大きく記録を左右します。この日は海が比較的穏やかです。しっかり記録出来ていますね。
c0122266_9434835.jpg
「水中処分班」の皆様。多くの方々が海の中にいらっしゃるようです。「水中処分班」の皆様も距離が近いところにいらっしゃる事が多いですね。あと、吾妻島端にて訓練なさっている際も多いので(長浦港へ向かう「だいちのはな」直前まで)、見学時間切れぎりぎりまで記録出来る機会も多いです。
c0122266_9462419.jpg
潜水医学実験隊の皆様。続々海の中より戻られるようですね…
c0122266_9471394.jpg
吾妻島前には潜水医学実験隊の皆様、前方は水中処分班の皆様。角度的に一時「集中」する時間帯があります。
c0122266_9483471.jpg
吾妻島前見学後半に入った頃であると思います。大勢の方々がいらっしゃる際は、この付近で追いつけなくなる事があります。皆様、それぞれに訓練なさっていますので、全ての地点が同時進行でもあります。
c0122266_9504798.jpg
吾妻島海岸前に水中処分班の皆様、前方に潜水医学実験隊の皆様。螢光黄色の細いロープが見えます。今年に入ってより、度々目にしている「束ねられた(編まれた)細いロープ」。どのように使われるのか考えているのですが、なかなか…。単に編んであるだけではない筈です。編み物なさっている訳ではないのですから。何の為に細いロープを編む??
c0122266_9532945.jpg
左手に水中処分班の皆様、前方長崎の岬(中央)に「つのしま」さん、右手に「つのしま」さんteam EODの皆様。見学終盤ですね。
c0122266_9554219.jpg
横須賀消磁所前に潜水医学実験隊の皆様。訓練を終え、戻られるようです。
c0122266_9563271.jpg
横須賀消磁所最果て名もなきブロック付近。近いところにいらっしゃるのは、水中処分班の皆様。かなり距離がありますが…沖合にいらっしゃるのは、「team のとじま EOD」の皆様。さまざまな「浮標」がありますね…「赤」は浮標??浮いていると云うより、海底に刺さっているように思いますが(だとしたら…どれほど長い足??)。
c0122266_1001764.jpg
大勢いらっしゃいますね。潜水医学実験隊の皆様。殆どの場合、大勢の方々で訓練なさっています。また、こちらの地点で「見学終了」である事が多いのですが…
c0122266_1013745.jpg
この日は、「最長見学」ですね。「team のとじま EOD」の皆様。これより海に潜られるようです。
c0122266_1031762.jpg
大勢の方々がいらした日、最も遅くまでお姿が見えていたのは、水中処分班の皆様でした。まだ、多くの方々が海の中より戻られていませんね…

限られた時間内での「通過見学」とは云っても、訓練なさっている方々を順に見学・記録していると、とても忙しく、また「詰まって」います。吾妻島前、とても広々しているのですが、間延びした空間ではありません。しかも、見えない海の中では、更に「詰まって」いる事でしょう。海の中での「凝縮」。

さあ…間もなく大型連休に入ります。「至急集中作業」も完了しました。これまで、記録先行月間が継続していました。大型連休が入る事で、約1週間以上、「記録」が止まる事と思います。叔父の見舞い以外で出かける予定はありませんので、記録再確認と投稿に充てます。いつの頃からか、大型連休などで遠出する事もなくなりました。よくよく考えと、「遊び」と云う事は殆どしていません。遊び方が判らなくなっているかもしれません。呑みにも行きませんし(呑めない)。バンドを撮っている頃、酒を呑まないなんて実につまらない人間だ…と云われた事がありますが、本人は極めて充実しています。負け惜しみではなく。見学・記録をする。次から次へと判らない事だらけ。判らない事は退屈ではなく、とても充実している、と云う事です。世の中、何でもかんでも判ってしまう方が退屈です。あまりに判らなさ過ぎると投げ出したくなりますが(考えたくなくなる。放棄)。
by guardianvein | 2010-04-25 09:12 | ┣INDUSTRIAL DIVERS
20日締切の「作業」は完了したのですが、実際に確認しないと判らない事が多々あります。昨日、急遽、追加の「納品」の為、横須賀へ。と云うより、『YOKOSUKA軍港めぐり』汐入桟橋へ。しかし、更に「急遽追加」となり、現在、大至急集中して作業を行っております。大型連休まで、あと1週間。こちら『gvein(別館)』以外の各ブログが殆ど停止しておりますが、上記の理由において、であります。先ほど、何とか『りぶろ』を投稿致しました。今夜は駆け足過ぎる速報と共に「春霞・1年と云う月日」にて。
c0122266_091329.jpg
4月1日再び?いえ。未だ、完全に克服出来ていませんが(完全リテイクが実現していませんので)、先週、「壁」を突き崩した感があります。2Fデッキのお客さまの間より、第41掃海隊・掃海艇「つのしま」さん後方より、「team つのしま EOD」の皆様のお姿が見えました。
c0122266_0324168.jpg
海は穏やか。長浦港の視界は明瞭。そして、2Fデッキは「立入禁止」ではありません。本日、吾妻島前へ訓練に出て来られたのは、「team つのしま EOD」の皆様のみでした。「ride」、しっかり記録出来ています。実は、「トラウマの壁」は、今年4月1日の1枚ではありませんでした。
c0122266_0353096.jpg
昨年4月22日の「ride」。当時の「team つのしま EOD」の皆様の筈です。まだ「ride」に追いつけず、皆様が出て来られた際に気付けなかったのです。遥か前方まで進まれた時点で気付いたのです。
c0122266_0372021.jpg
そのほぼ1年後。2010年4月21日。春霞の東京湾に出てゆかれる「team つのしま EOD」の皆様。「リカバリー」に1年もの時間がかかりました。1年です。奇しくも「ほぼ同じ場面」となりました。愕然としました。昨年4月は、横須賀にいらっしゃる水中処分員の皆様が全てお揃いになられていた日もありました。その為、4月も記録先行月間を続けていたのですが、今年は…既にお留守の方々が殆どです。あまりに乗船回数の多い、アヤシい見学者と化していますが、常に100%の記録は出来ないのです。今年に入って既に100便超えましたので、通算300便に近いところまで来ていると思いますが、現在、改めて、「継続」の意味を痛感しています。これほど膨大な記録が存在していても、「まだ」なのです。「ある形」を創り上げようとすると。「至急追加作業」は、その為です。
c0122266_049583.jpg
「team つのしま EOD」の皆様。掃海艇「つのしま」さんの美しい木目と共に。
c0122266_0501689.jpg
今夜は思いっきり駆け足投稿で申し訳ありません。次14時便にて春霞吾妻島前。海はとても穏やかです。視界は明瞭ではありませんが、この霞こそが「春の吾妻島前」なのです。
c0122266_052313.jpg
昨年5月27日、VANTEC前(背景)に横須賀水中処分隊の皆様、潜水医学実験隊の皆様と春霞。海は鏡のように穏やかです。晴天が続き、海は鏡のように穏やかになるのが春の吾妻島前なのです。ところが…です。既に日付が変わりましたので、今日ですね。気温は10度も急降下し、再び雨の予報。「至急作業」がありますので、『YOKOSUKA軍港めぐり』乗船は、お休みです。現在、2008年8月2日よりの膨大な記録を「再検索」です。「検索」と云うより、「捜索」に近い作業です。水中処分員の皆様の記録は、ほぼ全て頭に入っていますが、全域となると…脳みそ追いつきません。
c0122266_059090.jpg
貴重な晴れの1日でした。「追加納品」の為もありましたが、『YOKOSUKA軍港めぐり』に乗船。南極初航海より戻られた「しらせ5003」号さん、晴れの記録がまだありませんでした。長旅より戻られた「しらせ5003」号さん、「5002号」さんを彷彿とさせる色合いになられています。
c0122266_112677.jpg
元気いっぱい給油中!護衛艦「さわかぜ」さんの皆様と横須賀港務隊の皆様ですね。油船YB01号さん。

記録先行月間4月の記録はたくさんたくさんありますが、現在、「プリーズヘルプミー」に近い状態になっています。0415編を本編構成で投稿出来たのは、新米見学者的「奇跡」です。今夜も、思いっきり駆け足投稿ですが、「基点」の『gvein(別館)』は、何とか連日投稿続けたいです。時間がない、と云う問題ではなくなって来ました。このような状況を「オーバーフロー」と云うのでしょう。ですが、このような状況が「何か」に繋がる筈です。…次第に独り言になって参りました。作業に戻ります。
by guardianvein | 2010-04-22 01:13 | YOKOSUKA軍港めぐり
明日は晴れそうですね…本日の14時便は、またも大変な事になりました。「天候」においてです。本日は締切厳守にて、「納品」の為、横須賀へ。横須賀へ行き、『YOKOSUKA軍港めぐり』に乗船せぬのは、おかしい…と云うより、そこへ行かねばならなかったので。本日の記録を、ここ『gvein(別館)』に駆け足で。
c0122266_22504522.jpg
記録出来ている事が不思議です。第41掃海隊・掃海艇「つのしま」さんteam EODの皆様の筈です。ISO1600で撮っていますが、細かく入っている縦縞は高感度によるノイズではなく、雨だと思うのです。どしゃ降りでした。自分の中で「何かが弾けた」。キレた、とも表現するかもしれません。連続降雨にキレたのです。何故、ここまで雨が続くのか、と。昨年4月の記録は、90%快晴です。昨年8月30日八都県市合同防災訓練(江の浦)、10月7日台風17号前日級に降っていました。2Fデッキで傘を差し掛けて下さったNikonをお持ちのお客さま、本当に有り難うございました。ですが、ご厚意に甘える訳にはいきません。この時、米海軍さん「フィッツ・ジェラルド」さんとすれ違う場面でもあったのです。
c0122266_232975.jpg
背後に気配を感じて振り返り、驚愕しました。視界いっぱいに「巨大な」緑よこすか5が「立って」いたのです。「!!??」。コートのポケットからコンパクトカメラを出し、記録(その為、少し離れた頃)。「憧れ」の横須賀消磁所内に居たのです。「フィッツ・ジェラルド」さんとすれ違う為、『YOKOSUKA軍港めぐり』のSea friend V号さん、緑よこすか5地点に来ていたのです。横須賀消磁所内には、大湊よりお越しの護衛艦「じんつう」さん。東京湾方面は空が明るいですね(+1.3ぐらいで撮ったとは云え)…どしゃ降りの雨も写っていません。何故?海面にも雨粒の凹凸が見えません。何故?
c0122266_2395163.jpg
吾妻島前で、初めて?処分艇さんのお姿を見失いました。雨で見えなかったのです。ずっとどしゃ降りの雨であった訳ではありませんが、海中での訓練をなさるとは云え、この降雨に…
c0122266_2181187.jpg
雨はずっと降り続いていた訳ではありません。お昼頃は、雨は全く降っていませんでしたし、時折、ぽつぽつ…でした。新井桟橋(旧機雷桟橋)では、横須賀水中処分隊の皆様がご準備?をなさっていました。この時は、雨はぽつぽつ。
c0122266_2194924.jpg
螢光オレンジブイが続々。桟橋の下に収納されているのでしょうか?随分とたくさんありますね…(もっとあるのでしょうが、いつも洋上ではぽつんぽつんと点在しているので)
c0122266_2212765.jpg
交通船YF2154号さん、横須賀水中処分隊の皆様はご準備を続けられています。その間の大型のゴムボートさんは…今年に入ってより、頻繁に各所を「滑走」されています。
c0122266_223017.jpg
横須賀消磁所左手では…大型曳船YT66号さん、74号さんが「洋上の打ち合わせ」中でした。いつも思うのですが、本当に大型曳船さんが会話されているように見えるのです。
c0122266_2242685.jpg
実際に「打ち合わせ」なさっていました。520pixの画像では見えづらいかもしれませんが…横須賀港務隊の方々のお姿が見えました。この時、雨は降っていましたが、まだ空は明るかったのです。
c0122266_2252784.jpg
14時便になると…まるで夕方です。第41掃海隊・掃海艇「つのしま」さんteam EODの皆様。海中にもいらっしゃるので、「皆様」。どしゃ降りの雨です。しかも、通常よりも沖合を通過しますので、どしゃ降りの雨で霞み、殆ど見えない状態でした。ですが、じっと処分艇さん上で待機されているのです。
c0122266_2283544.jpg
水中処分母船YDT03号さん地点に横須賀水中処分隊の皆様のお姿が見えました。こちらの地点も暗くなっていますね…雨はどしゃ降りではなくなっていましたが…

この後、続々、吉倉桟橋より多くの護衛艦さんがたがご出発になられました。見学記録しようにも雨は降り続き、お見送りがやっと…の状態でした。本当に今年の4月は雨が多いです。写真にとって、雨は…でも、14時便45分間、ずっと2Fデッキにいらしたお客さま、笑顔で1F客室内に戻って来られました。スゴいお客さまでした!では、駆け足の投稿です。
by guardianvein | 2010-04-20 23:49 | ┣EOD JAPAN is...
先ほど、20日締切の作業、何とか完了。こちら『gvein(別館)』投稿後、テストプリント出来る時間的余裕があれば良いのですが。さて、では、少々目が疲れておりますが、一気に33cutの大作を投稿です。砕氷艦「しらせ5003」号さん、遥か南極より横須賀に戻られた日。『YOKOSUKA軍港めぐり』にての吾妻島前の記録を中心に。いよいよ、「しらせ5003」号さん入港です。
c0122266_1495125.jpg
最高のタイミングでありました。『YOKOSUKA軍港めぐり』本日の船長さんは鈴木隆裕さん。名ご案内は、新井剛さん。甲板員は本田たけるさん。待ちに待った「しらせ5003」号さんの入港であります。お手伝いなさるのは、東京汽船株式会社さん(で宜しいでしょうか)の薩摩丸さん、志摩丸さん。
c0122266_1482620.jpg
もう間近に来られています。敢えて引きましょう。静かに静かに「しらせ5003」号さん、横須賀本港に入って来られました。その時です。左手前方吾妻島前より…
c0122266_1541089.jpg
潜水医学実験隊の皆様が訓練を終えられ、戻って来られました。「しらせ5003」号さんと並走です。
c0122266_155456.jpg
皆様、『YOKOSUKA軍港めぐり』のSea friend V号さんをご覧になられていると云うより…
c0122266_1553726.jpg
「しらせ5003」号さんの入港をご覧になられていたと思います。丁度、真横に並びつつありました。雨でレンズが曇ってしまっています。雨は、しっかり降っていました。「ジョージ・ワシントン」さん前を通過です。
c0122266_1565743.jpg
逸見岸壁へ向かわれる際の記録は、『本館』『日報』へ投稿しておりますので、こちら『gvein(別館)』は、吾妻島前の記録へ。最初にお姿が見え始めたのは、掃海隊群司令部「水中処分班」の「皆様」。殆どの方々が海の中にいらっしゃるようです。こうして、気温5度の本降りの雨の中、処分艇さん上で待機されると云う事は…とてもとても寒い筈です。じっとしていらっしゃるのですから。
c0122266_1593030.jpg
続いて、横須賀水中処分隊の皆様、第51掃海隊、第41掃海隊の皆様の筈です。こちらでも、殆どの方々が海の中です。写真斜めですが、敢えて修正しません。画像最も右手に少しだけお姿が見えているようにも思えるのですが…
c0122266_225870.jpg
揺れます。「はこざきのはこ」も斜めになっていますね。こちらは…潜水医学実験隊の皆様。ゴムボートさんが殆ど波に埋もれています。
c0122266_242297.jpg
りかばりー。前方(こちら側)は水中処分班の「皆様」。後方(アイクル側)は潜水医学実験隊の皆様。吾妻島の端付近の海面が小刻みに尖っています。海は複雑です。
c0122266_25431.jpg
「螢光色」は、本当に目立つ色である事が判ります。暗い曇天に、はっきり見えます。何を当たり前な事を…と思われるかもしれませんが、この色の「意味」を実感できる場面です。
c0122266_273874.jpg
付近の海中に水中処分班の多くの方々がいらっしゃる筈なのですが…波風あると、本当に気配も吹き飛びます。何が何だか判りません。
c0122266_285058.jpg
「あ!」。finが見えましたよ!この瞬間を捉えるのは、本当に難しいのです。
c0122266_295332.jpg
横須賀水中処分隊の皆様、第51掃海隊、第41掃海隊の皆様の筈です。やはり気になるのは、最も右手の処分艇「はちじょう」号さんのロープマット。最も左手の横須賀水中処分隊さん処分艇地点では、動きがありそうですよ…
c0122266_2112995.jpg
何故に、海が穏やかに見えるのでしょうね…この時、何が何だか殆ど判りませんでした。「撮れているのか?」とさえ思っていました。
c0122266_2124358.jpg
「あ!」。やはり、そうでした。最も左手の処分艇さん地点に海中にいらした方々のお姿が。
c0122266_2133884.jpg
全ての地点が同時進行です。潜水医学実験隊の皆様、訓練を終えられ戻られるようです。この波しぶきが、この日の吾妻島前を物語っています。
c0122266_2144552.jpg
ゴムボートさん、海に埋もれています。海の素人新米見学者2年生には、怖いほどの光景です。
c0122266_215568.jpg
「ざばッ!」。前進する事が難しそうです。
c0122266_2172818.jpg
横須賀水中処分隊の皆様、第51掃海隊、第41掃海隊の皆様…最も左手は、横須賀水中処分隊の皆様。間もなく上がられるのでしょうか。吾妻島の海岸にも波が打ち寄せます。
c0122266_2191799.jpg
敢えて、水平を修正せず。足下すくわれるような感じでした。
c0122266_2204444.jpg
りかばりー。処分艇さん上に上がって来られるようですね。タンクの銀色が見えます。
c0122266_2224343.jpg
謎の小さな遺跡からヴェルニー記念館直線。水中処分班の「皆様」は、こちらの地点まで移動されていました。まだ…多くの皆様、海中にいらっしゃるようです。
c0122266_2234871.jpg
白い石柱地点。横須賀水中処分隊のお方が上がって来られたようですね。手にされているのは、レギュレーター?
c0122266_2253318.jpg
吾妻島海岸に砕ける波のしぶきが点々と…やはり、この地点は風向きが違うように思えるのですが…(Sea friend V号さんが移動していると云っても)
c0122266_2271818.jpg
横須賀水中処分隊の皆様、第51掃海隊、第41掃海隊の皆様…次第に画像が不鮮明になって参りますが、最も手前の処分艇さんに海から上がれたお方。
c0122266_229149.jpg
処分艇さんに上がられましたね。
c0122266_2301159.jpg
吾妻島前見学は終盤。見切れるまでに、皆様上がって来られるでしょうか…
c0122266_2314457.jpg
最も左手は潜水医学実験隊の皆様。先に戻られます。謎の小さな遺跡に波が砕けていますね。
c0122266_23345.jpg
間もなく横須賀水中処分隊の皆様、第51掃海隊、第41掃海隊の皆様…潜水医学実験隊の皆様のお姿が見えなくなります。
c0122266_2341263.jpg
いつも、ぎりぎりまで。吾妻島の端、ぎざぎざの小刻みな波。昨年4月は快晴が続きました。90%が晴れの記録。今年は本当に難しい日々が続いています。横須賀水中処分隊の皆様、第51掃海隊、第41掃海隊の皆様…吾妻島前の見学記録、こちらの場面にて「時間切れ」となりました(終盤は、本当に難しかったのです。写真的失敗の連続でした)。
c0122266_24122.jpg
長浦港に着いた時点で、「しらせ5003号さん着岸間近」との事で、急ぎ足で戻ります。新井掘割水路を抜けた頃…先に戻られた潜水医学実験隊の皆様のお姿が見えました。ゴムボートさんのエンジンを外されましたね…手前のゴムボートさんは、既に裏返しになっています。
c0122266_2425858.jpg
グレイのゴムボートさんも「上陸」ですね…
c0122266_2434279.jpg
ゴムボートと云うと、軽そうなイメージがありますが、それは「レジャー用」。こちらは「プロフェッショナル仕様」。重量感があります。潜水医学実験隊の皆様のゴムボートさんがた、揃って「桟橋上」となられました。いつもは、もう少し時間がありますが、Sea friend V号さん、逸見岸壁着岸直前の「しらせ5003」号さんへ急いでいました。
c0122266_2464928.jpg
ほぼ着岸ですね。薩摩丸さん、志摩丸さんがいらっしゃるので、まだ「着岸完了」ではないようですが。砕氷艦「しらせ5003」さん、約5ヶ月の長き旅より、横須賀へ戻られました…「しらせ」さんが戻られた…

こちら『gvein(別館)』でも、大作となりましたね…。「特別な日」の記録です。久しぶりの「本編構成」ともなりました。先週から今週にかけては、本当に時間がきゅうきゅうに詰まっていました。何とか投稿は出来ましたが…20日締切の作業があった為、『りぶろ』が一時停止。ようやく、20日締切の作業も完了しましたし、来週後半には、あっと云う間に大型連休に入ります。大型連休中は混雑が予想されますし、『YOKOSUKA軍港めぐり』の乗船を少しお休みして、投稿に充てたいと思っています(あと休養も…)。
by guardianvein | 2010-04-20 02:52 | ┣EOD JAPAN is...
画像的に失敗の山を築いた14時便ですが、投稿用に作成してみると…50cutを超えました。と云っても、高感度ですので、見づらいですが…では、今夜こそ時間に追い詰められているので、早々に開始です。砕氷艦「しらせ5003」号さん、遥か南極より横須賀に戻られた日。『YOKOSUKA軍港めぐり』にての記録0415A4。「nagaura ride463」です。『YOKOSUKA軍港めぐり』のSea friend V号さん、長浦港へやって参りました…
c0147123_23462322.jpg
「!」。前日戻られたばかりの掃海母艦「うらが」さん前方より、処分艇さん参上です。既に吾妻島前には、大勢の水中処分員の皆様「集結」されていましたが、続々ご登場です。掃海隊群司令部「水中処分班」の皆様。掃海母艦「うらが」さんにご所属です。水中処分員の皆も、常に見事な陣形で出て来られます。
c0147123_2353969.jpg
とても距離が近いので、ぎりぎりいっぱい。「463」と共に記録したかったのです。「うらが」さんは、しばらくお留守でした。前日に戻られたばかり。
c0122266_22315142.jpg
水中処分班「第一陣」の皆様。とても距離が近いですね。『YOKOSUKA軍港めぐり』のお客さまに笑顔で手を振られ、出てゆかれます。それにしても…寒かったですね…この日は…
c0147123_23545747.jpg
水中処分班「第二陣」の皆様。COOLに。
c0147123_23553641.jpg
水中処分班「第三陣」の皆様。水中処分班の皆様も、吾妻島前での訓練に出てゆかれます。と云う事は…本日の吾妻島前も「EOD大集結」となる筈です。
c0122266_22333311.jpg
美しい陣形で出てゆかれます。吾妻島を挟み、「西」と「東」の両サイドで「run EOD run」です。
c0122266_22342177.jpg
長浦港入口地点であっても、既に波ざぶざぶですね…
c0122266_22351911.jpg
写真的には横浜方面の空は明るいのですが…
c0122266_22361270.jpg
東京湾方面はご覧の通り。「だいちのはな」地点に到達です。「しらせ5003」号さんのお姿が見えなくなっていますね…
c0122266_22374488.jpg
右手に出られたのは…第一陣の皆様に見えますが…
c0122266_22381321.jpg
納得致しました。丁度、右手に出られた第一陣の皆様の真ん前に「しらせ5003」号さんのお姿が見えました。既に大きく見え始めていますね(少々判りづらいですが)。徐々に横須賀本港へ近づきつつあるようです。完成したばかりの逸見岸壁初着岸予定時刻は14時40分。約20分後です。
c0122266_22401165.jpg
「しらせ5003」号さん、もう少し見えました。かなり近づいていますね。吾妻島前まで来られています。
c0122266_2242236.jpg
水中処分班第二陣、第三陣の皆様の丁度、中央に「しらせ5003」号さん。吾妻島前にいらっしゃる先に出て来られた水中処分員の皆様の真ん前ぐらいに来られているのでは。上空から見学してみたかったです(無理な)。
c0122266_22435641.jpg
ちょっと不思議な…「しらせ5003」号さん、後進されたのでしょうか??水中処分班第一陣より第三陣の皆様がお揃いになられましたが…間もなく見えなくなってしまいます。
c0122266_12807.jpg
水中処分班の皆様のお姿、ぎりぎりまで。左手より「うらが」さん。長浦港ほぼ中央です。数秒後、水中処分班の皆様のお姿が見えなくなりました。それでは…長浦港を一巡りして、新井掘割水路を抜け、横須賀本港へ戻ります。
c0122266_130405.jpg
新井掘割水路往来。本港方面より護衛艦「たかなみ」さん内火艇さんの皆様。
c0122266_1313289.jpg
新井掘割水路を抜けると…左手の横須賀消磁所付近に「しらせ5003」号さん。いよいよ入港ですよ。ゆっくり進まれています。
c0122266_1322955.jpg
振り返り右手。特務艇「はしだて」さん、水中処分母船YDT03号さん。YDT03号さんには、多くの方々のお姿が。何か…作業をなさっていたようです。
c0122266_1333380.jpg
振り返り横須賀消磁所方面。徐々に「しらせ5003」号さん、横須賀本港に近づきつつあるように見えます。左手には米海軍さんの警備艇さん。
c0122266_135511.jpg
「しらせ5003」号さん、真正面です。いよいよ入港ですね!果たして…次14時便は、どうなるのでしょう。「しらせ5003」号さんを間近でお出迎え出来るでしょうか…まだ判っていません。逸見岸壁着岸は14時40分との事。
c0122266_1364422.jpg
少しずつ少しずつ、お姿が大きくなります。でも…間もなく見えなくなります。焦る事はありません。「しらせ5003」号さんは、戻って来られたのです。横須賀へ。
c0122266_1374898.jpg
「しらせ5003」号さんをお迎えする、真新しい逸見岸壁に横須賀地方総監部さんトランポ発見!よく横須賀の街で見かけるんですよ(^-^)。ミニチュアトランポがあったら、絶対に2台は購入です。5台並べたいかもしれません。思わず、記念撮影です。

これにて13時便の見学記録は終了です。続いての14時便は…どうか雨が止みますように。せめて、雨だけは…いつも書いていますが、自分が雨に当たるのは構わないのです(風邪をひく程度です)。カメラが…カメラも心配ですが、まともに撮れないのです。雨がしっかり降ってしまうと。それだけが気がかりでした。
by guardianvein | 2010-04-19 22:26 | ┣EOD JAPAN is...