ブログトップ | ログイン

ふりかけそーすけ別館 ver.guardian vein

gvein.exblog.jp

7ヶ月ぶりに投稿再開しました

<   2012年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2012年3月30日詳細投稿第2回。福本掃海隊群司令離任式より徳丸掃海隊群司令着任されるまでの船越にての記録を詳細投稿致します。新年度の夜が明け、朝が訪れる前に…。
c0122266_2464175.jpg
「やえやま」さん右舷には、ずらりと第51掃海隊の皆様。その前方より、福本掃海隊群司令をお乗せした将官艇YF1031号さんが見えて参りました。
c0122266_2482215.jpg
福本掃海隊群司令、ずらりと並ばれた第51掃海隊の皆様に笑顔でお帽子を振っておられます。この時も、らっぱの音(ね)が…曲が聴こえていたように記憶しています。ですが、旋律が思い出せないのです。新米見学者、いっぱいいっぱいであったのでしょう。
c0122266_251327.jpg
笑顔でお帽子を振られている福本掃海隊群司令とは対照的に第51掃海隊の皆様、直立不動です。
c0122266_2531174.jpg
この時でした。福本掃海隊群司令のお帽子に気付いたのは。実際には、記録を詳細に確認すると、将官艇さんに乗艇されてすぐにお帽子を換えられていた事が判りましたが、当日は、この時でありました。
c0122266_2545739.jpg
はっきりと判ったのは、この時です。「Captain EOD!」。遠くからでも、すぐに判ります。感動致しました。福本掃海隊群司令の「EOD=爆発物処理班」の皆様への想いが込められた光景でありました。大変な強風でしたので、しっかり顎にかけられて…。
c0122266_2571533.jpg
福本掃海隊群司令、思わず「おー!」でありますね。お姿が見え始めた頃は、「全貌」が見えていらっしゃらなかったのでしょう。お見送りの「全貌」が。
c0122266_2584697.jpg
ご覧の通り。「やえやま」さん右舷より、第51掃海隊の皆様が一斉に「帽振れ!」にて、お見送りなさっていたのですから。
c0122266_259567.jpg
ゆっくりゆっくりと将官艇さんが巡られます。曇天の朝でありましたが、将官艇さんの白い船体、第51掃海隊の皆様の純白のお帽子の「花」が大変晴れ晴れしく眩しく映っていました。
c0122266_324489.jpg
そして、第41掃海隊・掃海艇「のとじま」さん右舷にても第41掃海隊の皆様が一斉に「帽振れ!」でお見送りであります。第41掃海隊さんは、掃海隊群ではなく、横須賀地方隊にご所属の掃海隊さんですが、「掃海部隊」です。掃海隊群司令は「掃海部隊群司令」。
c0122266_353215.jpg
ゆっくりゆっくりと長浦港を巡られた福本掃海隊群司令。将官艇さん、方向転換。横須賀本港へと向かわれます。将官艇さんの前方後方にいらっしゃるのは、皆様、女性の隊員さん。初めて目にするお見送りの光景でもありました。大変な強風にも動じる事なく、きりりと立っていらっしゃるお姿は素敵でした。女性の強さ、優しさを感じました。
c0122266_311183.jpg
徐々に、将官艇さんとの距離が開いてゆきます。
c0122266_3114014.jpg
お見送りの皆様とも距離が開いてゆきます。
c0122266_3121223.jpg
お帽子を振り続けられる第51掃海隊の皆様。らっぱの方々は、お帽子ではなく、らっぱを振られています。それぞれのお見送り。よくよく画像を確認すると、らっぱを振っていらっしゃるのではなく、「かざして」いらっしゃいますね。
c0122266_3133441.jpg
reflexですので、近くに見えますが、実際には、既に前方に市営桟橋、吾妻島、掘割水路が見えて来ています。
c0122266_315190.jpg
間もなく、市営桟橋を曲がられます。福本掃海隊群司令、双眼鏡をかけられましたね…黄のベルトが見えています。
c0122266_3162093.jpg
掘割水路に入られましたね…その前方には、第41掃海隊さんの「EOD」の方々がいらっしゃる筈です。どの地点にいらしたのでしょうね…。
c0122266_3181423.jpg
海洋調査船・海難救助船「かいゆう」さん地点にて「FINAL CUT」です。遂に、お姿が見えなくなってしまいました…。2010年12月20日より2012年3月30日までの、あまりにさまざま巡るお見送りでありました。しばし…ぼぅ…と立ち尽くしていました。
c0122266_32235100.jpg
10分程経った頃でしょうか。横須賀本港方面より第41掃海隊EODの皆様が「Captain EOD」のお見送りをなさり戻って来られました。
c0122266_3235036.jpg
第41掃海隊EODの皆様の前方は、護衛艦「たかなみ」内火艇さん。「たかなみ」さんにてもご所属代わられたお方がいらしたようですね。この日は試験艦「あすか」作業艇さんが幾度も行き来されていました。
c0122266_325411.jpg
いつものように見事な陣形で戻って来られた第41掃海隊EODの皆様なのですが…
c0122266_3262250.jpg
でも…いつもとはご様子が異なりました。
c0122266_3272272.jpg
いつものような笑顔はありませんでした。どこか…寂しげな…。言葉少なく戻って来られたように思えました(その時、直接お話していた訳ではなくとも)。新米見学者の勝手な印象ですが…。いつもであれば、新米見学者も手を振ってお迎えするのですが、この時は、手を振る事が躊躇われました。
c0122266_3321981.jpg
もう1隻、処分艇さんが見えて参りました。横須賀水中処分隊の皆様ですね…。福本掃海隊群司令のお見送りをなさったのでしょうか。横須賀水中処分隊の皆様は、訓練される際には横須賀本港側から出てゆかれますので。
c0122266_3332676.jpg
丁度、護衛艦「さわゆき」内火艇さんとすれ違われました。赤い旗が掲げられています。赤い旗は…「隊司令」。「さわゆき」さんは、横須賀本港側にいらして、隊司令が着任される日であったのかもしれません。ご所属代わられる3月、4月。始まりの4月を目前にした長浦港の朝。

では、当初、2編におさめる予定でありましたが、3編と致します。2012年3月30日福本掃海隊群司令離任式の朝詳細投稿第2回、これにて送信致します。あまりに多くのさまざま巡り、今の段階では、これが精一杯。後に追記してゆくかもしれません。続けて第3回を投稿致します。
by guardianvein | 2012-03-31 03:50 | ┣掃海部隊
2012年3月30日詳細投稿致します。作成した画像は70cut。到底、1投稿では無理です。福本掃海隊群司令離任式より徳丸掃海隊群司令着任されるまでを3編に分けて連続投稿致します。何とか新年度の朝が明けるまでに…。
c0122266_151981.jpg
午前7時半。掃海艇「のとじま」さん後方より始まります。天気予報では「上着を着ていると汗ばむほどの暖かさに…」との事でしたが、とんでもありませんでした。横浜の数値で気温は11度ほど。北風だと思っていたのですが、10mを超える南西の強風が吹き荒れる長浦港。「のとじま」さん後方には、福本掃海隊群司令のお見送りの準備をされている「のとじま」さん、「つのしま」さんEOD員の皆様。船越浮き桟橋地点には、儀杖隊の皆様のお姿が見えていました。
c0122266_1112984.jpg
見学記録地点の確認の為、移動。この地点は、個人的に思いの強い場所なのですが、実際に立ってみると難しい事が判りました。再び、移動。
c0122266_1131254.jpg
「のとじま」さん後方に戻った頃、お見送りのEOD員の皆様が出発されました。長浦港ではなく、横須賀本港側でお見送りされるのでしょう。
c0122266_1142811.jpg
「EOD」の皆様の「正装」ですね。銀色マシンに銀色の海。「EOD」の方々の洋上からのお見送りは、第41掃海隊さん。第51掃海隊EODの皆様は、掃海艦「やえやま」さんよりお見送りでありました。
c0122266_1163444.jpg
横須賀本港方面へ向けて出てゆかれます。
c0122266_1171529.jpg
船越浮き桟橋地点では大勢の方々が準備を始められていました。儀杖隊の皆様の位置確認でしょうか。午前8時前です。まだ、「のとじま」さん、「つしま」さん、試験艦「くりはま」さんに国旗・自衛艦旗はありません。
c0122266_1191545.jpg
出港らっぱが聴こえましたので、振り返ると…海洋観測艦「しょうなん」さん出港でありました。同時に横須賀本港側より将官艇さんのお姿が…将官艇さんにお目にかかるのは、年に数回です。
c0122266_1214055.jpg
将官艇さんは、福本掃海隊群司令のお迎えにいらしたのです。「しょうなん」さんは静かに出港されてゆきました。
c0122266_1233359.jpg
将官艇さん、間もなく船越浮き桟橋にご到着。「のとじま」さん前方には、第51掃海隊・掃海艦「つしま」さん、「やえやま」さん。お二方がこちらにいらっしゃる事も殆どありません。昨年10月のペルシャ湾掃海派遣部隊20周年横須賀集結以来です。
c0122266_1253745.jpg
皆様、式典の準備をなさっているのですが、大変な強風であった事が判る場面かもしれません。とにかく強風。この日の最大瞬間風速は20.9m/s(横浜の数値)。
c0122266_1745969.jpg
敢えて撮ったままの状態にて。穏やかである筈の長浦港に突風の塊が幾度も飛んで来ます。新米見学者は「のとじま」さん艦橋付近と同じぐらいの高さに立っていましたが、幾度もふッ飛ばされそうになります。カメラをまともに構えていられない程でした。間もなく、自衛艦旗・国旗掲揚の時刻。この時、遥か前方に福本掃海隊群司令のお姿が見えていたのですが、カメラが突風に煽られていました。
c0122266_1323910.jpg
将官艇さんがご到着されました。何とかぎりぎり見える地点である事が幸いでした。見学記録地点は、「やはり、ここしかない」と思っていましたので…。ですが、移動出来る範囲は、横2,3m。ぎりぎりです。
c0122266_1353159.jpg
自衛艦旗・国旗掲揚「5分前」。特別な日の自衛艦旗・国旗掲揚です。
c0122266_1361993.jpg
「正装」での自衛艦旗掲揚です。最も近い距離は、「のとじま」さん。「つしま」さん、「やえやま」さんは少し距離がありました(長浦港でreflexの距離)。
c0122266_1754959.jpg
「2分前」。皆様、整列されます。試験艦「くりはま」さん艦首のお方も準備万端。そして、その前方に福本掃海隊群司令のお姿が見えています。緊張致しました。
c0122266_1401141.jpg
強風の長浦港に、らっぱの音(音)が響き渡ります。「のとじま」さん、「つのしま」さんのらっぱのお方でしょうか。強風に飛ばされる事なく、凛としたらっぱが響き渡ります。
c0122266_1394255.jpg
皆様、一斉に敬礼されます。新米見学者は民間人。敬礼せず記録せねばなりません。この光景を。国旗・福本掃海隊群司令・自衛艦旗を。二度と記録する事は出来ません。
c0122266_1445854.jpg
更に引いて。「のとじま」さん国旗・将官艇さん・「くりはま」さん国旗・福本掃海隊群司令・「つしま」さん自衛艦旗。間近の記録は、掃海隊群広報の方々が撮っておられます。民間人新米見学者は、長浦港最奥部、「末席」より「全景」です。それが新米見学者。いつも「最遠」。
c0122266_1474681.jpg
「のとじま」さん国旗のお方、自衛艦旗に向かい敬礼。国旗は瞬時に揚げられ、自衛艦旗はゆっくり揚げられます。
c0122266_1484814.jpg
「のとじま」さんの皆様、特別な日の自衛艦旗掲揚であります。
c0122266_1494168.jpg
「頂上」まで、自衛艦旗が揚がりました。午前8時。
c0122266_151464.jpg
「つしま」さんの自衛艦旗が支柱に固定される頃、福本掃海隊群司令がお迎えのお車へ…。
c0122266_1524359.jpg
そして、福本掃海隊群司令、岸壁にご到着であります。一瀬掃海隊群司令部幕僚長を筆頭に皆様、掃海隊群の皆様が整然と並ばれ迎えられます。
c0122266_1574621.jpg
この時、初めて判ったのですが、皆様、一斉に敬礼されるのではなく、近付かれた順に敬礼されるのですね…。
c0122266_20926.jpg
しばし、お姿が「つしま」さんと重なり見えなくなります。ですが、自分は動きません。
c0122266_214150.jpg
「つしま」さん前に、らっぱの名手の方々と儀杖隊の方々が並ばれました。指揮者のお方・らっぱの名手の方々が一同に会された際を目にしたのは、初めてです。
c0122266_242488.jpg
再び、長浦港に凛とした、らっぱの音(ね)が響き渡ります。
c0122266_272630.jpg
ですが…この時のらっぱの旋律が思い出せません。どうしても。強風に飛ばされる事なく聴こえていたのですが、どうしても思い出せないのです。突風に吹き飛ばされそうになっていたのは自分です。視界も明るくはありませんでしたので、記録する事に精一杯であったのでしょう。ですが、らっぱの音は届いていました。
c0122266_294063.jpg
らっぱ吹奏が終了しました。この頃から…
c0122266_2122750.jpg
掃海艦「やえやま」さん右舷に続々と第51掃海隊の皆様が集まり始めていました。続々と。
c0122266_2131394.jpg
その時でした。独特の音に振り返ると…大型曳船さんが出て来られました。ですが、「え?99?」。初めて目にする「大型曳船YT99」号さんでした。
c0122266_21510100.jpg
「やえやま」さん右舷は、この後、更に多くの方々が並ばれます。
c0122266_217233.jpg
福本掃海隊群司令のお姿が再び見えました。らっぱの皆様の方へゆかれるように見えました。この時、思い出されたのは、「あるエピソード」。確か…2011年2月ぐらいであったと思うのですが、ある水中処分員さんに、たまたまお会いした時の事です(横須賀のあるお店で)。「そう云えば…うらがの中に居た時にね、フルートの音が聴こえたんだよ。おかしいなあ…??誰かCDかけてるのかなあ?って思ったんだ。でも、実は福本掃海隊群司令が吹いていらした。驚いた」。
c0122266_2215791.jpg
福本掃海隊群司令、再び、「つしま」さんの前方に向かわれた時、後を追うように、らっぱの名手の皆様が駈け出されました。この時、「いよいよ将官艇さんに向かわれる」と判りました。
c0122266_2232291.jpg
そして、福本掃海隊群司令、将官艇さんに…何とか、ぎりぎり…です。この時にも判った事がありました。儀杖隊の方々、振り返られません。毅然と前を向かれたままです。
c0122266_2255276.jpg
掲げられる黄の旗。「群司令」が乗艇されている標。
c0122266_2263557.jpg
reflexですので、僅かにブレてしまいましたが…福本掃海隊群司令、お見送りのお方に敬礼されました。いよいよご出発です。
c0122266_228975.jpg
この時でした。福本掃海隊群司令、お帽子を換えられました。「Captain EOD」お帽子に…。この時は、見えていませんでした…。
c0122266_2293179.jpg
将官艇さん動きました。岸壁の皆様、一斉に「帽振れ!」でお見送りされます。遂に、船越をご出発です。さまざまが強風と共に渦巻きました。

では、2012年3月30日、福本掃海隊群司令離任式詳細投稿第1回、これにて投稿致します。続いて、第2回投稿致します。夜が明けるまで、あと約3時間。新年度の夜明けまで、あと約3時間。
by guardianvein | 2012-03-31 03:42 | ┣掃海部隊
c0122266_7182277.jpg
c0122266_7183967.jpg
c0122266_719054.jpg
c0122266_7191293.jpg
福本掃海隊群司令ご着任の2010年12月20日より2012年3月30日の日々を詰め込みました。追って本日中に、3月30日お見送りの日の詳細投稿を予定しています。4月2日よりの新年度の朝が明けるまでに、何とか投稿したいと思っています。
by guardianvein | 2012-03-31 02:13 | ┣掃海部隊
先に『ver.YB』、『日報』へ投稿致しましたが、こちらへも転載投稿致します(まだ、帰宅して間もなく、それぞれ大作を構成するには、時間がかかりますので、敢えて「速報転載」とさせて戴きます)。本日、福本掃海隊群司令の離任式が行われました。福本出海将は、海上自衛隊掃海隊群司令より海上自衛隊幹部学校長となられます。大変風の強い朝となりましたが、お見送りの際の記録を速報にて投稿致します。
e0150566_18172473.jpg
掃海隊群・第41掃海隊の皆様のお見送りに応えられ…と思ったところ、福本海将、お帽子を換えられました。「EOD」お帽子です。「Captain EOD」。福本掃海隊群司令の「EOD=爆発物処理班」の皆様への想いが込められた光景でありました。
e0150566_18153958.jpg
福本掃海隊群司令、将官艇YF1031号さんにて、船越を出発されます。前方・後方に立たれていたのは、皆様、女性。初めて目に致しました。左手の第51掃海隊・掃海艦「やえやま」さん右舷には、第51掃海隊の皆様がずらり並ばれ、お見送りです。福本掃海隊群司令が着任されたのは、2010年12月20日。着任されてより、約3ヶ月の頃、東日本大震災が発災しました。福本掃海隊群司令は、災害派遣JN4部隊を率い被災地へと向かわれました。体育館などに避難されている被災者の方々を訪ねられた際のお写真も拝見しました。災害派遣直後、再び東北地方へ。陸奥湾にての「機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練」、10月にはペルシャ湾掃海派遣部隊20周年記念掃海部隊横須賀集結、11月には日向灘にての「機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練」、明けて1月末よりは伊勢湾にての「機雷戦訓練」…。あまりに多くの「さまざま」巡るお見送りとなりました。
e0150566_181846.jpg
午前7時半。第41掃海隊・掃海艇「のとじま」さんより福本掃海隊群司令のお見送りに出てゆかれる「EOD」の皆様。掃海部隊ならでは、のお見送りです。
e0150566_18205451.jpg
午前8時。「特別な日」の自衛艦旗・国旗掲揚であります。
e0150566_18215691.jpg
船越の岸壁には、お見送りの方々が整然と。儀杖隊の皆様、そして、大勢のらっぱの名手。
e0150566_18255527.jpg
「やえやま」さん右舷より、第51掃海隊の皆様、一斉に「帽振れ!」。
e0150566_1826532.jpg
「のとじま」さん右舷より、第41掃海隊の皆様、一斉に「帽振れ!」。福本掃海隊群司令をお載せした将官艇YF1031号さん、ゆっくりゆっくりと長浦港を廻られ、皆様のお見送りに応えられました。

駆け足の速報にすべきではないのですが、詳細投稿には時間がかかりますので、敢えて、駆け足の速報とさせて戴きました。福本掃海隊群司令が船越・長浦港を去ってゆかれたのち、徳丸掃海隊群司令が着任されます。大変風の強い(午前は冬の寒さでした)朝となりましたが、福本掃海隊群司令離任より徳丸掃海隊群司令着任まで、皆様、船越岸壁上でありました。
by guardianvein | 2012-03-30 18:39 | ┣掃海部隊
c0122266_10261771.jpg
この日、空には美しい彩雲が広がっていました。2010年12月20日。彩雲は「瑞兆」。
c0122266_10282528.jpg
長浦港に着いた頃には、雲一つない快晴でありました。日本晴れ。
c0122266_10301327.jpg
今日は、改めて、これまでの記録を振り返っています。
c0122266_10334277.jpg
大変多くの記録が。
c0122266_1037829.jpg
横須賀・高松・大湊・陸奥湾・油津・日向灘…そして、松阪・伊勢湾。

今日は、もう少し、記録を振り返らせて下さい。
by guardianvein | 2012-03-29 10:47 | ┣掃海部隊
先週水曜日に新世代掃海艇「えのしま」さんが横須賀にいらした日、今年初の吾妻島前を記録した事で、昨年10月の吾妻島前が「再来」しています。当時、連日早朝4時半に起き、横須賀・追浜に通っていた為、殆ど投稿出来ていないと思うのです。何かが気になっているのは判っているのですが、何がどうにも気になるのかが判りません。その為、唐突に思われるかもしれませんが、昨年10月の記録を再生します。「PLAYBACK 2011oct EOD吾妻島前集結」。
c0122266_82386.jpg
快晴の吾妻島前。記録上では、この時が「最大規模」。処分艇さん10隻。「いつもの吾妻島前」が「いつも」でなくなり始めたのは、10月6日。折しも試験航行に出てゆかれる「えのしま」さんのお姿を初めて目にした日でもありました。
c0122266_8311420.jpg
午前8時半。遠くに「604」。初めて、「えのしま」さんのお姿を目にしました。朝は、どん曇りであったのですが、後に快晴となります。2009年6月に初めて立った、この地点。その日が早朝8時からの初の長時間見学記録でもありました。それ以降は、東京湾・吾妻島前を通り過ぎる約10分の見学記録が続いていたのですが、「いや。あの場所に行かねば」と決心?したのが2011年9月の終わり。「いつもの吾妻島」でなくなる兆しは9月の終わりからでした。
c0122266_8414938.jpg
かなり遠いと思っていた、「あの場所」は、実は、それほど遠くはなかったのです。むしろ、近かったのです。9月の終わり。「いつも」は、7月にいらっしゃる警視庁のダイバーさんがたと横須賀水中処分隊の皆様。早朝から長時間訓練をなさっていた事が判りました。新米見学者が見ていた吾妻島前は、本当に「僅か」「断片」であった事を痛感しました。
c0122266_8455950.jpg
こんなに近いとは思えない緑赤灯浮標とはこざきの箱の間隔。「目からうろこ」の定点見学地点。しかも、自分の足下は揺れない。風も吹かない。通り過ぎない。この地点に居座る事を決めました。遠くない。むしろ、近いとさえ。
c0122266_8514444.jpg
水中処分員さんがたの横須賀の吾妻島前見学記録以外は、「超」がつく程の遠方です。こちらが最遠方距離であると思われた陸奥湾にての「平成23年度機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練」の際の水中処分員さん。最早、「点」の距離。ですが、もしかすると、伊勢湾が最も遠かったかもしれません。
c0122266_854637.jpg
こちらは伊勢湾にての「平成24年度機雷戦訓練」の際の水中処分員さん。画像的には、掃海艇「まえじま」さんがかなり近く思えますが、元画像の比率からすると、陸奥湾の方が近い。reflexは単焦点のレンズですから、良く判ります。とにもかくにも、遠い。遠いだけではなく…
c0122266_8574418.jpg
このような日もあります。日向灘にての「平成23年度機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練」の際の掃海艇「いずしま」さんと水中処分員さんがた。米海軍さんの水中処分隊さんもいらっしゃると思うのですが…。鏡のような日向灘ですが(異例)、「いずしま」さんが埋もれて見えます。もったりした海と、もやもやの視界。水平線がなくなっていた日でした。
c0122266_903982.jpg
あまりに見えづらいですので、無理に明るく。少し画像が斜めですが…。何処からともなく、水中処分員さんがたのお姿が靄の中から忽然と現れました。掃海母艦「ぶんご」さんの艦尾門扉が開いたようには見えませんでした。「ぶんご」さんの向こう側にいらっしゃるのは、掃海艇「あいしま」さん。「ぶんご」さんも「あいしま」さんもお近くに見えますが、水中処分員さんがたは…「点」に近い距離。
c0122266_941389.jpg
250mmの視界。この状態で、水中処分員さんがたが見えている事自体、スゴいと自分を褒めたいところですが…。とにかく、横須賀吾妻島前以外では、水中処分員さんがたは遥か彼方。ですが、この超遠方に幾度も挑戦していた為、長時間定点地点は画期的に近いのです。
c0122266_9101210.jpg
例え、朝は超を超える目が痛くなるほどの超超ギラギラであっても、吾妻島前に集結される水中処分員さんがたの見学記録機会は、めったに撮れない…多分。観光船からは決して見られない光景。
c0122266_9134332.jpg
引くと「点」の距離ですが、広範囲に処分艇さんが展開されている記録。観光船が来る頃には、皆様、戻られてしまう事も判りました(午前)。
c0122266_9184168.jpg
reflexであれば、「点」ではありません。この時は、ギラギラのもやもやですので、シルエットですが、それぞれの皆様の様子が判ります。
c0122266_921241.jpg
長浦港より吾妻島前に、続々と出てゆかれる際。
c0122266_9253645.jpg
そして、集結。総勢10隻の処分艇さんに多くの水中処分員さんがた。まだ、この頃は、長浦港に掃海部隊の皆様は揃われていませんでしたが、全ての水中処分員さんがたが一斉に出て来られる事はないのでは…と勝手に考えていました。「吾妻島前EOD人口密度」があるように思えましたので。こちらの記録を左右分割すると…
c0122266_9223521.jpg
左手の皆様。ひたすら漕ぐをなさっている方々、ご準備なさっている方々…動きが大きいですね。それぞれの皆様の様子が見えていました。「目からうろこ」の連続でした。
【訂正】初回投稿時、左右の画像が入れ替わってしまっていました。
c0122266_9282289.jpg
右手の皆様。既に多くの方々が海の中?ご準備も始まるようですね。「はこざきの箱」の上にカモメのように乗っていたかったです。もしくは、吾妻島岸壁の上に。水中処分員さんがたが大挙して吾妻島前に出て来られた期間は、1週間以上ありました。皆様、午前8時台からです。
c0122266_9331756.jpg
この日は、横須賀消磁所内に掃海艇「とびしま」さんがいらした日でした。とても良いお天気でした。
c0122266_939329.jpg
視界が明瞭であれば、本当に良く見えます。通り過ぎる見学の場合、近い距離1,2分が可能ですが、全ての皆様が断片になってしまい、しかも全ての方々に追いつけないでしょう。これほど、多くの水中処分員さんがたです。
c0122266_9352739.jpg
連日、午前8時台から続々と吾妻島前に出てゆかれていました。訓練が午前8時台から始まると知ったのは、昨年10月。水中処分員さんがたの見学記録を始めてから2年も経っていました。遅過ぎましたね…新米見学者。知るのが遅過ぎました。視点は低くなりますが、吾妻島に最も近い地点。どなたか判る距離です。掃海艇「あおしま」さん、「ししじま」さん水中処分員さんがた。
c0122266_9435151.jpg
高い視点に移動すると、距離が開きますが、それでも近いです。どなたか判りますね。ですが、まだ、昨年10月の「全貌」が判っていません。「個性」がおありですので、次第に判って来ています。間もなく半年が経過しますが、未だ「全貌」が判っていないのは、10月横須賀、11月日向灘、2月伊勢湾と掃海部隊の皆様の見学記録が続きました。いずれも大変な記録数ですので、始まりの10月が「待機」となっていた為です。
c0122266_9492856.jpg
近い距離1,2分の、この日の記録も殆ど投稿出来ていない筈です。掃海隊群司令部水中処分班の皆様のみではないですね…
c0122266_9504779.jpg
果たして、どちらにご所属の水中処分員さんがたでしょう…とても良い状態で記録出来ているのですが。
c0122266_9515799.jpg
c0122266_9522525.jpg
明瞭に記録出来ていました。近い距離(観光船)と定点地点、どちらも記録していた頃です。ふらふらになりながら…でした。恐らく7時台に長浦港を出港された筈の掃海艦艇さんがた、吾妻島前には水中処分員さんがたと云う状況でした。
c0122266_9571100.jpg
水中処分員さんがたが訓練を終えられ長浦港に戻られた後、おそらく…相模湾より一斉に掃海艦艇さんがた戻って来られます。第2掃海隊・掃海艇「たかしま」さん、「ひらしま」さん、「やくしま」さん。
c0122266_9585620.jpg
直列直進!の第1掃海隊・掃海艇「いずしま」さん、「あいしま」さん。
c0122266_100194.jpg
続いて、日の入り迫る東京湾正面突破は第46掃海隊・掃海艇「ししじま」さん、「くろしま」さん、「あおしま」さん。丁度、「あおしま」さんが真横を通過される際、日の入りとなります。
c0122266_9562166.jpg
この日の記録も殆ど投稿出来ていない筈です。掃海艇「すがしま」さん、「つのしま」さん、「うくしま」さん水中処分員さんがた。
c0122266_1043340.jpg
訓練終えられて戻られる前の「つのしま」さん、「うくしま」さん、「すがしま」さん水中処分員さんがた。横須賀にご所属以外の水中処分員さんがた。吾妻島前での記録「初」である皆様が大変多くいらして、その際の貴重な記録の投稿が出来ていない事がずっと気がかりです。『ver.YB』に「集結」すべく準備しています。
c0122266_1091831.jpg
この日の記録も殆ど投稿出来ていません。入れ替わり水中処分員さんがたが出て来られた日。訓練ではなく、競技会であった日であると思います。珍しい方々もいらっしゃいます(とてもカラフルな)。快晴の日ばかりではありませんでした。この日は、特に荒れ模様の東京湾。波ざぶざぶでした。吾妻島前より戻られるのは、掃海艇「ひらしま」さん水中処分員さんがた(処分艇さんに「HIRASHIMA」とあります)。
c0122266_10121376.jpg
何故か、ここにいらした米海軍警備艇さん。そう云えば…昨日、「平成24年度米国派遣訓練・日米桜寄贈100周年記念式典・米英戦争200周年記念式典」の詳細が発表になりましたね。掃海部隊さんよりは、掃海母艦「ぶんご」さんが参加されるそうですね。「ぶんご」さん、呉よりご出発ではなく、横須賀よりご出発だそうですね。この地点よりお見送りしたいですね。「うらが」さんと「つしま」さんをお見送りした日が思い出されます。
c0122266_1017242.jpg
荒れ模様の吾妻島前より戻られるのは…「つのしま」さん水中処分員さんがたと…とてもカラフルな皆様。曇天荒れ模様ですが、スポットで明るい。
c0122266_1020323.jpg
同じ地点、快晴でも荒れ気味の日。吾妻島前は、微妙に海色がグラデーションになっていますね。観光船が通る辺りの水深は13,4mであったと思います。この日も水中処分員さんがたが入れ替わり立ち代わり出て来られた日。競技会の日であったのでしょう。

試験的投稿ながら大作となりましたが、ずっとずっと気にかかっている2011年10月。現在、あまり体調が宜しくない為、家に引きこもり、画像確認作成・投稿を続けています。間もなく年度が改まりますね。
by guardianvein | 2012-03-28 10:28 | ┣EOD JAPAN is...
今日は良いお天気ですね。寒い朝ですが。先週水曜日、新世代掃海艇「えのしま」さんが横須賀にいらした日以来、再び家に引きこもり、画像確認作成・投稿を続けております。今朝も30cutを超える画像で投稿しようと思ったのですが、さすがに長過ぎますので、まずは0321吾妻島前を投稿します。
c0122266_71890.jpg
2012年3月21日。時刻は14時12分。吾妻島前が見えて参りました。長浦港を目指す護衛艦「はたかぜ」さん。吾妻島前には、処分艇さん6隻。既に、「えのしま」さんのお姿が東京湾に見えて来ています。今年初の吾妻島前は、進行方向左右同時進行。いきなり難しい時間帯に突入でした。
c0122266_755158.jpg
実は、「えのしま」さん1st cutは、こちら。お客さま越しでした。『YOKOSUKA軍港めぐり』にては案内されませんでしたので、皆様、気付いていらっしゃらず、大変残念でした。数分後には肉眼で見える距離であったのですが。12年ぶりに横須賀に新たな掃海艇さんがいらした、まさに、「その時」であったのですが…本当に残念。乗船されていたお客さま、知らずに通過してしまった事になります。勿体ないですね。お出迎えの式典では、吉田市長がご挨拶されたそうです。
c0122266_713929.jpg
「えのしま」さんのお姿が見え始めていましたが、まだ少し距離がありましたので、今年初の吾妻島前を記録する事としました。まず、近付きつつあったのは、左手より掃海艦「やえやま」さんEODちーむ、掃海隊群司令部水中処分班の皆様。実に視界明瞭。この海の蒼さは、1,2月です。
c0122266_7161727.jpg
今年初の吾妻島前。快晴でしたので、実に明瞭に記録出来ていました。海の中にいらっしゃるのは、お二方ですね。続いて潜られるお方、準備万端。
c0122266_7222038.jpg
最も距離が近付いた頃です。ですが、最も距離が近付くのは、僅か1,2分。
c0122266_724209.jpg
しかも、途端にギラギラの逆光となります。「ぽっ」。どなたかお顔を出されたのですが、ギラギラで見えていませんでした。
c0122266_7255083.jpg
僅か1秒後。潜られてしまいましたね…。僅か1秒。
c0122266_7273623.jpg
写真的には、非常に美しく撮れていますが、実際には良く見えていません。reflex500、これ以上、フィルター付けられません。
c0122266_7293435.jpg
早くも振り返る位置へ。最も近付いてから1分以内。あっと云う間に通り過ぎてしまうのです。
c0122266_7332142.jpg
続いて最も近い距離に来られたのは、横須賀水中処分隊さん・掃海艇「つのしま」さんEODチーム(ご所属変わられていなければ)。非常に良く記録出来ていますね。それだけに、通り過ぎてしまう事が惜しいのです。この状態で記録出来るのは、本当に僅か1,2分でしかないのです。昨年10月に痛感しました。追浜側から見ていた際、水中処分員さんがたは、早朝8時台には出て来られ、11時前に一旦戻られ、再び午后に出て来られ、16時台まで吾妻島前で訓練なさっていました。そのうちの僅か1,2分。最長でも10分。皆様の訓練の長さからすれば、「まばたき」程です。
c0122266_7401781.jpg
画像を確認し、初めて処分艇さんの傍らに、どなたかいらした事が判りました。通り過ぎてしまう見学ですし、逆光、また揺れていますので、良く判らないのです。
c0122266_7415696.jpg
敢えて、今風に云うなら、「超ギラギラ」。この時、ファインダ内は、真っ白に光ってしまっている状態です。処分艇さん両脇に、どなたかいらっしゃるのも判っていませんでした。吾妻島前での見学記録(通り過ぎる)が始まってから、3年。どんなに頑張っても、「良く見えない…」。
c0122266_7451280.jpg
処分艇さんに上がって来られますね…。でも、もう振り返る位置です。
c0122266_7461367.jpg
更に、右手にも横須賀水中処分隊さん。この日の吾妻島前には処分艇さん6隻。掃海艦「やえやま」さん・掃海隊群司令部水中処分班さん・横須賀水中処分隊さん・掃海艇「つのしま」さん水中処分員さんがた。
c0122266_747547.jpg
「えのしま」さんは、横須賀防波堤前にご到着。待機していらっしゃいますね。白波が見えなくなっていました。
c0122266_749765.jpg
徐々に…ではなく、みるみる水中処分員さんがたと距離が開いてゆきます。横須賀水中処分隊さん・「つのしま」さん地点に動きがあるだけに…残念です。
c0122266_751245.jpg
最初に近付いた「やえやま」さん・掃海隊群司令部水中処分班さんは、最早「遠方」。陸奥湾・日向灘・伊勢湾よりは近いとは云え。こちらでも、動きがありました。海から上がって来られましたね。
c0122266_7525066.jpg
画像的には、上がって来られた際が良く見えていますが、実際には、かなり遠いです。良く見えていなかったとしても、記録して良く見えていれば「良い」としなくては…(と、自分に云い聞かせ)。
c0122266_7565929.jpg
「えのしま」さん、引き続き、防波堤前待機です。1時間以上、「えのしま」さんは、防波堤付近にいらした筈ですので、追浜側にいらした「撮影部隊」の皆様が、最も長い時間記録出来た事でしょう。Aicleさんが休館日で残念でしたが、日産埠頭から良く見えていた筈です。
c0122266_81077.jpg
いつも、画像を確認して「あれ?」と思うのは、ブイです。見学記録している際、見えていないのです。「2つもあったかな…」。
c0122266_831276.jpg
ずらりと処分艇さん。皆様が重なり始めると、吾妻島前見学は終盤。前方の掃海隊群司令部水中処分班さんの処分艇さんに上がって来られたお方が。
c0122266_844999.jpg
見学記録も終盤ですが、訓練も終盤であったのでしょうか。処分艇さん上に殆どの方々がいらっしゃるようですね。
c0122266_87130.jpg
東京湾寄りにいらした横須賀水中処分隊さん処分艇さんにも、上がって来られたお方が。この日は、かなり遠方まで、明瞭に記録出来ていました。快晴であった事、新たに加えたカメラの状態が良い事が幸いでした。
c0122266_894042.jpg
「えのしま」さん、少し移動されましたね。防波堤前を少しずつ移動されていたようです。「えのしま」さん、吾妻島前の水中処分員さんがたを何とか10分以内で記録出来ました。この日の見学記録地点に悩みました。追浜側が最も長い時間記録出来る事が判っていたので。吾妻島前の水中処分員さんがたも…です。
c0122266_8211575.jpg
まだ、殆ど投稿出来ていない昨年10月(この日は18日)の吾妻島前。術科競技の際ですね。かなり離れている地点なのですが、何故か良く見えていました。
c0122266_8235991.jpg
勿論、距離はあるのですが、何が何だか判らない程ではなかったのです。意外でした。相当離れていると思っていましたので。陸奥湾・日向灘・伊勢湾を体験していると、最早、この距離は「断然近い」のです。
c0122266_8245999.jpg
ご所属が判りそうな(と云うか、判る)距離です。勿論、これ以上寄る事は出来ませんが、その代わり、8時台から16時まで見学記録し続ける事が可能です。近い距離1,2分をとるか、長時間定点をとるか…に直面しました。
c0122266_829748.jpg
早朝から訓練を終えられるまでを見学記録したのは、昨年10月が初めてでした。この時の「目からうろこ」が離れず、「えのしま」さんがいらっしゃる日も迷ったのです。

012年3月21日、「えのしま」さんお迎えの日から2011年10月まで遡り、大作となりました。『gvein(別館)』ならではの構成です。さて…8時半を過ぎました。少し休みます。今朝は本当に良いお天気ですね。冬としか思えない気温ですが。では、もう1cut。
c0122266_6555837.jpg
警備隊桟橋のお二方。特務艇「はしだて」さん・水中処分母船YDT03号さん。YDT03号さんの右に満開の梅が写っていました。桜ではない筈です。昨日(3月25日)は、米海軍さん基地桜の季節一般開放が行われた事と思いますが、まだ、横須賀・横浜は梅の季節です。早咲きの河津桜は満開となっていますが、染井吉野はまだ…です。今年は本当に寒いです。
by guardianvein | 2012-03-26 08:36 | ┣EOD JAPAN is...
新掃海艇「えのしま」さん就役の日の記録の間に1cut、「index」投稿を入れますね。2012年3月21日、横須賀には掃海艇「えのしま」さん、舞鶴には掃海艇「すがしま」さん、函館には掃海艇「ながしま」さん。「横須賀・舞鶴・函館」。
c0122266_23423184.jpg
『ver.YB』への投稿を「index」に致しました。2012年3月21日。「すがしま」さん、横須賀地方隊第41掃海隊さんより舞鶴地方隊第44掃海隊さんへ。「ながしま」さん、舞鶴地方隊第44掃海隊さんより大湊地方隊函館基地隊第45掃海隊さんへと、それぞれご所属が変わられました。いつも横須賀にいらした「すがしま」さんが舞鶴へゆかれた事は寂しくもありますが、お二方ともに勇退なさる訳ではありませんので、始まりの3月ですね。
by guardianvein | 2012-03-24 23:46 | ┣掃海部隊
雨の金曜日です。暖かい春の雨ではなく、冬の雨ですね…。「春に3日の晴れなし」と云われますが、新世代掃海艇「えのしま」さんがいらした日は快晴となりました。慶ばしき日本晴れでありました。先に『日報』へ速報前後編大作を投稿しておりますので、こちら『gvein(別館)』では、「ここならでは」の構成で参りましょう。雨なのに花粉症状で、頭の中がぼやぼや・左手が捻挫炎症で腫れておりますので…今投稿は「予告編」です(と云っても、大作です)。
c0122266_10555040.jpg
「暑さ寒さも彼岸まで…」である筈なのですが、未だ冬色の吾妻島前に鮮明に掃海艇「えのしま」さん。北風強の為、気温が低かった事もあり、大変視界明瞭でありました。鋭角的な印象の「えのしま」さんに見合う鮮明さですね。2012年3月21日16時、「えのしま」さん、横須賀本港にご到着でありました。では、そのお出迎えの午后を駆け足で「予告編」。『gvein(別館)』ならではの構成で参りましょう。
c0122266_1104361.jpg
お出迎えの始まりは…新米見学者的には、油船YG206号さん。東京湾に出て来られた際を目にした事は…なかったかもしれません。川崎港のランドマーク「川崎マリエン」の方をご覧になられています。「う〜ん…そろそろ弁天橋を出港する頃かな…」に見えていました。新米見学者にとって艦艇船さんがたも「人」。
c0122266_114288.jpg
「いや。弁天橋はこっちだ」。YG206号さん前方に、遠く…いえ。かなり近くに、つばさ橋。「えのしま」さんは、つばさ橋をくぐって東京湾に出て来られます。出来る事なら、つばさ橋からも記録したかったです。この日、『YOKOSUKA軍港めぐり』14時便もご一緒できたOgawaさんに思わず、「つばさ橋の上って、車止まれないの?」とお訊きした、間抜けな新米見学者。寛大なOgawaさん、苦笑しつつ「高速だから止まれないよ…(^-^;)」。間の抜けた新米見学者、あれこれうるさかったと思います。お邪魔してすみませんでした…。まだ、この頃は13時15分。東京湾に「えのしま」さんのお姿はありません。
c0122266_11131925.jpg
長浦港に入る頃…前方に処分艇さん発見。遠方ですし、ギラギラの逆光ですが、既にこの段階で判ります。掃海艦「やえやま」さんEODちーむの皆様。何故判る?水中処分員さんがたが出て来られる際には、明らかな「個性」があります。その為、すぐに判ります。
c0122266_11162379.jpg
こちらは2010年6月10日の、ほぼ同じ地点。右手処分艇さん2隻が「やえやま」さんEODちーむ(w/杉山艦長やえやまDIVERS ALL)。左手後方は「つしま」さんEODチームの皆様。
c0122266_11212433.jpg
正解。本年度初の「run EOD run」は、「やえやま」さん組。鮏川さん、江川さん、西村さん。手を振りながら撮っていましたので、本年度初が処分艇さん先頭にピントが合ってしまいましたが…。「えのしま」さん就役の日、水中処分員さんがたが吾妻島前に出て来られない訳がないと勝手に予測していました。日々の訓練に出てゆかれるのですが、水中処分員さんがたが「掃海部隊お出迎え先陣」でもあります。
c0122266_11244173.jpg
かッ飛ばし東京湾へGO。丁度、「えのしま」さんが弁天橋を出港された頃でしょう。この時、東京湾はすぽーんと空いていました。
c0122266_11263140.jpg
続いて、銀色マシン処分艇さん始動。掃海隊群司令部水中処分班さんの皆様です。田浦・船越両サイドより、水中処分員さんがた出陣です。こうでなくては。長浦港より掃海隊群の水中処分員さんがた出陣。
c0122266_11284212.jpg
颯爽と…なのですが、3月半ばを過ぎたと云っても、まだ冬の海です。特に、今年は海水温が低いそうです。皆様、冬装備。掃海隊群司令部水中処分班さんの近藤さん、牧内さん、徳田さん。
c0122266_11305170.jpg
この日、最も近い距離を通られたのは、掃海隊群司令部水中処分班さんの関谷さん、篠山さん、飴谷さんでありました。如何にも寒そうな海色ですが、皆様、余裕。「えのしま」さんお出迎えの日です。和やかに『YOKOSUKA軍港めぐり』のお客様がたに笑顔で出てゆかれます。
c0122266_11343964.jpg
冴え冴えと美しい吾妻島黒岩海岸へ颯爽と。「run EOD run adzuma west ride」。本年度初。
c0122266_11361648.jpg
掃海隊群司令部水中処分班の皆様、「緑浮標だいちのはな」を過ぎ…目指す東京湾。すぽーんと空いています。この後、大混雑となります。
c0122266_113732100.jpg
そして、遂に東京湾にお姿が見え始めた「えのしま」さん。見事な幕開けであった事は、先に『日報』へ投稿しています。前夜から、かなり強風であった横浜・横須賀。昼を境に強風はやみましたが、京浜の海をざぶざぶとかきわけ、「えのしま」さん、一路横須賀へ。
c0122266_11395032.jpg
この時の吾妻島前・日産追浜埠頭・Aicle前。護衛艦「はたかぜ」さん、日産追浜埠頭前。吾妻島前には、処分艇さん6隻。前方左右同時進行です。よくよく写真を見ると、追浜埠頭金網前にお二方いらっしゃいますね…。推定、「えのしまさん撮影部隊」のお方。つい、そこのフェンス掴んでしまうのですが、警報鳴るそうです。
c0122266_11452392.jpg
「えのしま」さん接近中。間もなく、横須賀防波堤にご到着です。右手「えのしま」さんは接近中、左手吾妻島前、水中処分員さんがた。さあ…どうする。
c0122266_1143313.jpg
まだ、「えのしま」さんとは少し距離があります。吾妻島前水中処分員さんがたを先に記録しましょう。本年度初です。「やえやま」さんEODちーむ&司令部水中処分班さん「掃海隊群EOD」の皆様。既にお二方、海の中です。
c0122266_1149164.jpg
いつの間に出て来られたのでしょう。吾妻島前には、横須賀水中処分隊・掃海艇つのしまさんEODチームの皆様。「横須賀地方隊掃海部隊」の皆様。機雷桟橋には全く気配はありませんでした。処分艇さんも見えていなかったのですが…(1隻、機雷桟橋上でしたが)。吾妻島前は「日々の訓練」が行われ、その皆様の眼前には、既に「えのしま」さんのお姿。進行方向左右同時進行でしたが、ここでは慌てていませんでした。また、伊勢湾にての掃海部隊の皆様の「平成24年度機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練」直前に急遽、ほぼ新品状態のカメラを加えました(資金難が続いていますが、遂に初代A100は、完全downの為、3代目A100導入)。暗くなると撮れないと云う問題点はありますが、ご覧の通り、reflex500との相性が良く、非常に良い状態で記録出来る事を確認(二代目はreflex500との相性が悪い)。久しぶりの吾妻島前です。良い状態で記録出来て安堵しました。昨年10月以降、水中処分員さんがたの記録が殆どない事が気がかりでした。掃海部隊の皆様の記録は着実に積み重ねられていますが、どうしても、水中処分員さんがたの記録が限られてしまいます。あと…まだ、昨年10月の「日本全国EOD吾妻島前集結」の記録の投稿が少ないですね。『ver.YB』へ投稿しましょう。

さて…【別館版】予告編1、ここで投稿します。左手首の痛みがひどくなって来ました。少し休ませます。
by guardianvein | 2012-03-23 12:02 | ┣掃海部隊
【0322追記】先に『日報』へ速報投稿しました
今夜は風が強いです。春分の日を過ぎたと云うのに、まだ寒い晩です。さて…本日は3月21日。新掃海艇「えのしま」さんが横須賀に就役される日ですね。横須賀に掃海艇さんが就役されるのは、平成12年の「つのしま」さん以来ですね。10年ぶりのお迎えの日です。お天気に恵まれる事を祈って。昨日に続いて、掃海艦艇さんがた就役された順に「index」です。記念の画像です。完成ではありませんが、投稿致します。縦1,200pixの大きい画像です。index第2回投稿は、掃海母艦「うらが」さんより掃海艇「えのしま」さんまで。1997年より2012年まで。
c0122266_10254053.jpg
結局、分割しても縦1,000pixを超えてしまいました…。これにて、現在の海上自衛隊掃海部隊の皆様、「総勢」であります。全ての掃海艦艇さんがたに「歴史あり」です。「はつしま型(にいじま型)掃海艇」さんより「ひらしま型掃海艇」さん、「えのしま型掃海艇」さんまで…平成元年から平成24年。24年間の歴史。

今回の掃海艦艇さんがたの「年表」は、まだ完成ではありません。追記・変更などがありますが、現段階にて投稿します。「えのしま」さんに間もなくお目にかかれますね。昨年10月に初めてお目にかかりましたが、まだ遠方でした。横須賀に新掃海艇さん来る3月。
by guardianvein | 2012-03-21 01:33 | ┣掃海部隊