ブログトップ | ログイン

ふりかけそーすけ別館 ver.guardian vein

gvein.exblog.jp

7ヶ月ぶりに投稿再開しました

<   2012年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

【1116追記】細島編、『日報』へ集中投稿致します。最新の記録は『日報』をご覧下さい。

【1106追記】現在、諸々あり、大作投稿が大変難しい状態ですが、急遽再起動した『りぶろ』を何とか日々投稿出来ています。掃海部隊の皆様の投稿は、『りぶろ』をご覧下さい。宜しくお願い致します。時間がない!

こちら『gvein(別館)』、かなりの休刊続きとなっていましたが、忘れてはいません。『平成24年度 機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練』に戻ります。頑固に今夏の陸奥湾の投稿を続けます。現在、一体、週に何回病院に行っているのか?状態ですが、それでも画像の準備を続けています。なかなか投稿する時間がとれないのです。『自衛隊観艦式2012』の記録は、『日報』にて継続中。では、前置きが長くなりがちですので、早速戻りましょう。陸奥湾へ。
c0122266_72378.jpg
陸奥湾と云えば。『機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練』と云えば…超遠方です。ですが、実に良く見える。恐ろしい程、良く見えていました。時刻は14時半少し過ぎた頃。左手より第101掃海隊・掃海管制艇「さくしま」さん、第46掃海隊・掃海艇「あおしま」さん、そのお隣の掃海艇さんは、艦番号が水平線下ですので、どなたか判らず残念です。ここまで見えているのですから。確実に確認出来ます。見えていれば。右手の第2掃海隊・掃海艇「やくしま」さんの艦番号がぎりぎり確認ライン。陸奥湾洋上に点在される掃海艇さんがた。この日は、『平成24年度 機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練』の初日。皆様が頻繁に、大きく動かれていた日でもあります。刻々と位置が変わります。
c0122266_728493.jpg
通常、なかなか目にする事の出来ない光景も多々記録されています。こちらは「鏡面交差」される第46掃海隊・掃海艇「ししじま」さん、「あおしま」さん。この日は、皆様が頻繁に交差されますし、EOD員さんがたも相当明瞭に見えていました。実に忙しい7時間でもありました。
c0122266_7304742.jpg
この時間帯、最も近くにいらしたのは、第43掃海隊・掃海艇「とよしま」さんとEOD員さんがた。確かに遠方ですが、EOD員さんがたが「点」ではありません。動きが判る。お一方、お帽子被っていらっしゃる、まで。
c0122266_735667.jpg
「とよしま」さんの少し右手には、第2掃海隊・掃海艇「たかしま」さんとEOD員さんがた。こちらでも、EOD員さんがたが「点」ではありません。皆様、何かなさっている動きがファインダ内から見えていました。
c0122266_7365735.jpg
最も近い地点にいらした「とよしま」さん付近を振り返ると…EOD員さんがたが見えなくなっていました。「…??どちらにゆかれた??」。
c0122266_7374534.jpg
「あ、いらした…」。「とよしま」さんは、動かれていませんので、EOD員さんがたが動かれた。動きは判るものの、さすがに超遠方ですから、何をなさっているのかは判りません。
c0122266_741024.jpg
ものスゴく遠く。夏泊半島前地点。こちらにもEOD員さんがた。左手の掃海艇さんは…「692」に見えなくもないのですが…「686」かもしれません。残念ながら微妙に見えない…。
c0122266_7435991.jpg
一挙大湊方面へ。合成写真であるかのようにピントが合過ぎていますね。実に明瞭。第101掃海隊・掃海管制艇「いえしま」さん。背景の下北半島の山並みが「緑の塊」ではなく、ちゃんと樹々に見えます。四方をほぼ緑で囲まれている記録は、陸奥湾ならでは、です。日向灘では、どーんとめいっぱい美しい日向灘が背景となります。伊勢湾では、対岸の知多半島と町並み。とにもかくにも、陸奥湾は白く霞んでいなければ、美しい緑が広がり大変見事な情景となります。特に、その美しさと併せてご覧戴きたいのです。
c0122266_7524097.jpg
やや近い地点に掃海管制艇「さくしま」さん。左手は「やくしま」さん。右手の掃海艇さんは、あともう少しで艦番号が見えるのですが…。中央の「さくしま」さんに光がさしています。reflexは中央部分が円形に明るくなりますので、陽の光が当ると殊更に「スポットライト」。
c0122266_7552939.jpg
今一度、超遠方大湊方面。訓練海域北限には、第45掃海隊・掃海艇「ゆげしま」さん。こちらは蜃気楼が現れていました。「ゆげしま」さんが鏡面になっていますね。海上自衛隊さんの見学記録を始めるまでは、蜃気楼と云う現象は、きっと自分は実際に目にする事はないだろうと思っていました。
c0122266_758413.jpg
「む?!動いた」。視界の端が大きく動いた事に気付きました。この日、頻繁に掃海艇さんがたは動いていらっしゃいましたが、ゆっくりと動いていらした。突如(のように思えた)、猛然と爆走されたのは、第42掃海隊・掃海艇「まきしま」さん。白波蹴立てていらっしゃいますし、後方に白い「帯」が見える時は、かなりの速度で「爆走」されている時(と、新米見学者は思っている)。
c0122266_84376.jpg
美しく深く折り重なる山並み前を爆走「まきしま」さん。右手は、「692」。第46掃海隊・掃海艇「くろしま」さん。鵜も走っていますが、「まきしま」さんバリバリ爆走。
c0122266_854420.jpg
「む!?動いた」。「まきしま」さん向う方面で、突如動かれたのは、「とよしま」さん。前方にEOD員さんがたがいらっしゃいますので、何か発見された?それとも、お迎えに?
c0122266_874092.jpg
「いや。違う」。新米見学者の見当違いであったようです。EOD員さんがたを過ぎ、更に南進。と?先ほど、猛然と爆走されていた「まきしま」さん、停止されました。
c0122266_892383.jpg
「まきしま」さん前を過ぎられても、「まだまだ」。刻々と変化する背景の山並み。特徴ある稜線です。
c0122266_8102980.jpg
最も近い距離にいらした「とよしま」さんが走り去れた後、ほぼ正面の風力発電群方面を観ると…左手より第44掃海隊・掃海艇「まえじま」さんが入って来られました。近い距離は「ししじま」さん。「ししじま」さん付近にもEOD員さんがた…なのですが、処分艇さんに見えない気がします。漆黒ではありません。色が見えます。何か積んでいらっしゃるようにも見えます。果たして…
c0122266_8132435.jpg
「まえじま」さんがゆっくり(実は、かなり速く?)右手へ抜けられる頃、「ししじま」さん地点のEOD員さんがた、今にも「ししじま」さんに上がられそうに見えました。「ししじま」さんの処分艇さんは「定位置」ですね。降りていらっしゃらない。では、どちらのEOD員さんがた?
c0122266_8155991.jpg
これにてreflexいっぱいいっぱい。「ししじま」さん、「まえじま」さん、「たかしま」さんまで。洋上に点々と「何か」が見えますが、陸奥湾には養殖等の目印(ブイ)がとてもたくさんあるそうですので、漁業目印も多く写ってる事でしょう。
c0122266_819579.jpg
EOD員さんがた、「ししじま」さんに上がっていらっしゃるように見えますが…「何か」を揚げていらっしゃるのかもしれませんね。
c0122266_821559.jpg
その頃…まだまだ「とよしま」さんは南進されていました。白波蹴立てて、白い帯を引き、爆走中。訓練海域南限まで猛進しそうな勢いでした。
c0122266_8215951.jpg
「とよしま」さん、「くろしま」さん地点に到達。背景の山並みの中に薄緑色の部分が見えますね…スキー場?夏泊半島方面は、家屋(建物)が一切写りません。高圧鉄塔も写りません。頂上付近のレーダー?やアンテナ塔のみ。あとは、ただただ緑。樹々と幾重にも深く折り重なる美しい山並み。今夏で、3度目の陸奥湾でしたが、ここまで美しい山並みが深く見えたのは初めてでした。八甲田の山並みがここまで見えたのは初めてであったのです。本当に美しいと思いました。これまでも掃海部隊の皆様の記録、背景にはこだわってきましたが、多くが「industrial」でした。ですが、陸奥湾は「geo」「緑」「白(wing industrial)」。そして、数ヶ月後の『自衛隊観艦式2012』での掃海部隊の皆様へと繋がりました。前回2009年には、全く意識していなかった(もしくは、意識する余裕が全くなかった)背景。
c0122266_8253810.jpg
『自衛隊観艦式2012』観閲の際の掃海部隊の皆様。この時間帯は、とても難しかったのですが(次々と交差が始まっていましたので)、何とかギリギリまで待っての光景。富士山は雲に覆われてしまった事が大変残念でありました。雲に覆われていなければ、「完璧」なタイミングであった筈でした。掃海母艦「ぶんご」さん後方に雲に覆われた富士山。続く「あいしま」さん、「みやじま」さん、「ひらしま」さん、「たかしま」さん、「えのしま」さん。完璧な構図であったのです。富士山が雲に覆われていなければ。
c0122266_8343957.jpg
富士山と白波と掃海艇さんがた。『自衛隊観艦式2012』のロゴ再現となった筈でした。

では、ようやく投稿再開の陸奥湾にての『平成24年度 機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練』詳細投稿第6回、これにて投稿と致します。本日も歯医者に行かねばなりません。強打した左膝は随分と良くなりましたが、まだ痛みと引き攣れる感じは残っています。と、新米見学者の症状報告はどうでも良かったですね。ここで、お知らせを一つ。
c0122266_8445246.jpg
現在、『りぶろ』が稼働しています。

Yahooブログのあり得ないレイアウト激変+あまつさえ広告表示域を設定した『ver.YB』にまで、あの巨大な広告が入る事になり、遂に堪忍袋の緒が切れました。1年半も休眠していた『りぶろ』を急遽、稼働させています。最新の投稿に加え、これまで『ぐらふぃこ』に投稿してEOD員さんがたの記事も、順次、『りぶろ』に移植し始めました。『ver.YB』は削除しませんが、今後、700pix可変exciteブログの『りぶろ』に集約します。1年半も休眠してしまった為、まだアクセス数が戻っていません。「美しい事」を重視した『りぶろ』を改めて宜しくお願い致します。
by guardianvein | 2012-10-29 08:53 | ┣平成24年度機雷戦訓練
こちら『gvein(別館)』が随分と休刊となってしまいましたが、その間、ひたすら記録先行でした。休刊が続いた事と『自衛隊観艦式2012』の記録が入った事で、ここで各ブログの「再起動」を行います。でないと、ごちゃごちゃになってしまいますので。こちら『gvein(別館)』は、あくまでも頑固に陸奥湾にての『平成24年度機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練』の詳細投稿を続行しますが。
c0122266_7223527.jpg
『自衛隊観艦式2012』事前公開2の際の斜め直列。「象徴的」な光景ともなりました。受閲艦艇部隊第5群の掃海部隊の皆様と第6群の輸送艦「くにさき」さん&LCACさんがた。第5群先頭より、掃海母艦「ぶんご」さん、第1掃海隊・掃海艇「あいしま」さん、「みやじま」さん、第2掃海隊・掃海艇「ひらしま」さん、「たかしま」さん、第41掃海隊・掃海艇「えのしま」さん。事前公開1は、真後ろの輸送艦「くにさき」さんよりの記録となりました。
c0122266_7442961.jpg
『自衛隊観艦式2012』全体の記録は—

←こちらのexciteブログ『日報』へ集中投稿致します。

10月2日よりの「観艦式週間」の記録は、既に『日報』へ速報として投稿しております。大変アクセス数の多いブログです。最もアクセスが沸騰したのは、10月9日。『自衛隊観艦式2012』事前公開1の翌日でした。昨年3月11日の東日本大震災直後に迫る桁違いのアクセス数でした。こちら『gvein(別館)』ともリンクしていますので、当然、こちら『gvein(別館)』のアクセス数も急騰しました。頑固に陸奥湾の詳細投稿を維持しているのは、観艦式にて初めて掃海部隊の皆様の存在を知ったと云うお方もいらした筈です。また、改めて「掃海部隊とは?」と思われたお方も。その為、こちら『gvein(別館)』は、『日報』と共に観艦式の記録が最新投稿でない方が良いと考え、数ヶ月前に行われた陸奥湾での実際の訓練をご覧戴くのが最善と。頑固に陸奥湾を維持しました。何でも一辺倒は良くありません。出来る限り、各ブログが多岐に渡るよう。
c0122266_758277.jpg
←『gvein(別館)』は、ひたすら頑固に、意固地なまでに陸奥湾にての『平成24年度機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練』の詳細投稿を続行します。

あと約1ヶ月の間に、どれだけ投稿出来るか…ですが。『自衛隊観艦式2012』後の直近の横須賀も気になるのですが、現在、あまり体調が宜しくありません。左膝がかなり悪い事と、期間中無茶をしましたので、しばし療養した方が良いと考えております(代わりに母親の足の具合はかなり改善して参りました)。ですが、投稿には問題ありませんので、地道に各ブログ調整を続けます。頑固に陸奥湾の詳細投稿を維持していますが、今回の『自衛隊観艦式2012』にて改めて…と云うより、痛烈に痛感(日本語が変ですが)しました。掃海部隊の皆様の陸奥湾・日向灘・伊勢湾にての見学記録があってこそ、だったのです。まさに痛烈に痛感でした。もし、掃海部隊の皆様の超遠方の見学記録を続けていなければ、『自衛隊観艦式2012』、まともに記録出来なかったでしょう。今回で、ようやく「観艦式」3度目の超新米見学記録です。この3年、ひたすら地道に掃海部隊の皆様の『機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練』見学記録にて「訓練」を積まさせて戴いていた事が判りました。見事な陣形、ひしめき合う艦艇さんがた、航空機さんがた。その全てが掃海部隊の皆様の見学記録にあったのです。掃海部隊の皆様が「基盤」であったのです。
c0122266_18831.jpg
←何と1年半も休眠していた『りぶろ』も遂に再起動しました。

700pix版画像可変exciteブログ。ライブラリィ的ブログとして開設しましたが、記録先行が続き、長く休眠状態となっていました。先日のYahooブログのレイアウト激変及び、何故か画像が不鮮明にアップロードされる事に我慢ならず、遂に再起動。700pix画像表示のブログですので、「より美しく」を目指し、投稿を再開します。それに伴い『VT to the(旧てくの)』、『ぐらふぃこ』も再起動を準備しています。ヴィジュアル重視の3ブログ。休眠していた間の莫大な記録がありますので、投稿に困る事はありませんが、時間的に詰まっている状態が続いている為、一気に再起動は難しいかもしれません。ですが、何とか動かしたい3ブログのうちの1つ『りぶろ』を先行します。

c0122266_811403.jpg
←Yahooブログの『ver.YB』。水中処分員さんがたと掃海部隊の皆様のブログ。

こちら『gvein(別館)』と重なるのですが、別時間軸での投稿を続けています。詳細なアクセス解析が出来ないのですが、アクセス数は多いですね。

しかし、昨日からレイアウトが激変してしまい、かなり痛い見た目になってしまいました。アバターが終了した為でしょうが、何故に左メニュウをここまで広くした…です(広告入れる為ですが)。カレンダーこんなにデカくなくて宜しい!(怒)です。思わず怒ってしまいましたが。

ブログは複数ありますので、こちら『gvein(別館)』が沈黙していても、いずれかのブログが稼働している筈です。お手数ですが、あちこち回覧して戴けると幸いです。Yahooブログは、こちらのexciteブログとは少し異なる仕組みになっていますので、最初は戸惑われるかもしれませんが。全てのブログが停止した場合は、何事かが起きたと思って下さい。
c0122266_8204833.jpg
←こちらは『日報ver.YB』『日報』のYahoo版です。

こちらに至っては、目も当てられない巨大な広告バナーが入ってしまいました。何とも不釣り合い。ブログ転居を考えざるを得ません。真剣に。こちらの『(ふ)ver.YB』は、水中処分員さんがた・掃海部隊の皆様以外の海上自衛隊さんの記録を投稿しています。横須賀地方隊さん、特に港務隊さんを多く投稿したいと思っています。今回の『自衛隊観艦式2012』の際、港務隊さんのご家族のお方とお話しする機会に恵まれました。とても身近な港務隊さんですが、殆どお話し出来る機会がなく、ようやく「いつも応援しています!」とお伝えする事が出来ました。今年に入ってより、ある事情から観光船にあまり乗船していませんが、港務隊の皆様は横須賀の港各所にいらっしゃいますし、長浦港・追浜では間近ですので、記録は多くあります。一つのブログに集中すれば良いのに、とアドバイス戴く事もありますが、あまりに記録が多い為、分割しています。理想は、全てのブログを毎日投稿する事ですが、難しいですね…雑になってしまうでしょう。

以上、4ブログの「役割」を改めて掲載致しました。日々、いずれかのブログが稼働している筈です。とにかく、『自衛隊観艦式2012』以前から大変な記録数となっておりますので、全く以て投稿し切れていない状態が長く続いております。
c0122266_83556.jpg
こちらは、『自衛隊観艦式2012』事前公開1の朝。横浜港に水中処分員さんお二方。Yahooブログ『ver.YB』に投稿予定です。横浜港大さん橋国際旅客ターミナルから出港の護衛艦「ひゅうが」さん、輸送艦「くにさき」さんの海面警備に来られていた水中処分員さんがた。ベイブリッジ・マリンタワー・山下公園・HOTEL NEW GRAND…「これぞ横浜」を背景に。現在、どちらにご所属の水中処分員さんがたであるのか確認出来ていません。おそらく…各地の水中処分隊さんからいらしていると思うのですが。佐世保水中処分隊さん・舞鶴水中処分隊さん…どちらにご所属の水中処分員さんがたでしょうか。以前、吾妻島前でお目にかかった事があるような…。
c0122266_8411614.jpg
こちら横須賀。何と嬉しい驚きの「再会」がありました。乗艦される方々の誘導をなさっていたのは、横須賀水中処分隊さんにいらした浅賀さん。現在は潜水医学実験隊にご所属。この後、2年ぶりに「だいご先生」にも再会(輸送艇2号さんご所属)。横須賀本港の海面警備ご担当は、横須賀水中処分隊さん。丁度、中沢さん号が近くにいらっしゃいました。『自衛隊観艦式』体験航海は、水中処分員さんがたにお見送り戴き出航します。
c0122266_847621.jpg
『自衛隊観艦式2012』事前公開1。相模湾洋上にて掃海部隊の皆様に近付きつつある頃。美しい黄金等間隔。「さすが…」と思ったのは、輸送艦「くにさき」さんから観ても、黄金等間隔であった事です。受閲艦艇部隊第3群の護衛艦「ひゅうが」さん、「せとぎり」さん、「はるゆき」さんと第5群の掃海艇「あいしま」さん、「みやじま」さん、「ひらしま」さん、「たかしま」さん、「えのしま」さん。第3群の護衛艦「あさゆき」さんまで納められなかったのですが…。まだ、かなり距離がある頃ですが、もっと早い段階から記録を始めていました。自分にとって、超遠方は当たり前。遠方であろうと、この黄金等間隔は、進行しています。近付いてからでは遅いのです。
c0122266_854257.jpg
こちらは、今夏の陸奥湾。『平成24年度機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練』。逆光・超遠方は当たり前。超遠方であろうと、水中処分員さんがたも見えています。そして、掃海部隊の皆様と護衛艦さん。この距離感です。超遠方であるからこそ、記録出来る光景です。多くの艦艇さんがたが洋上にいらっしゃる光景。
c0122266_8573254.jpg
『自衛隊観艦式2012』事前公開1超ギラギラ逆光訓練展示。「第1群祝砲発射」。何が何だか判らないギラギラ度。潜水艦救難艦「ちはや」さん、護衛艦「ひゅうが」さん、「はたかぜ」さん。超逆光ギラギラ当たり前。怯みません。
c0122266_8595917.jpg
逆光白霞モヤモヤ当たり前。その洋上にひしめく掃海艦艇さんがた。今夏の陸奥湾『平成24年度機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練』。観艦式では、「鋼の巨人」がひしめき合いますが、こちらは小柄な掃海艇さんがた。より難易度は高く、だからこそ。です。この3年、掃海部隊の皆様の実際の訓練見学記録は、常に極めて難易度の高い状況を突きつけ続けました。それが当たり前と思っていました(あまり疑う事を知らぬ性格)。針の穴を通すが如くの「スモールスケール」。それこそがどんな状況においても、「怯まない太っ腹」に鍛えて下さったのです。
c0122266_972738.jpg
陸奥湾撮ったままの状態。「見えづらいなあ…」と内心呟きながらも、怯まない。諦めない。青森県までやって来て諦める事ありません。この状況でピントが合う事が不思議なのですが、見える。見えないのは強風の日です。reflex500には「無限大」がありません。微妙な段階でピントを合わせなくてはなりません。「見えづらいけど見える」。第41掃海隊・掃海艇「のとじま」さん、第46掃海隊・掃海艇「ししじま」さん、掃海母艦「うらが」さん、第51掃海隊・掃海艦「はちじょう」さん。
c0122266_9125491.jpg
「のとじま」さん艦番号確認、「ししじま」さんでは処分艇さんもしくは「何か」をクレーンで吊っていらして、「うらが」さん艦尾門扉にはどなたか立っていらっしゃる。そこまで見える。このような状況が当たり前ですので、観艦式の相模湾洋上は見えて過ぎでした。
c0122266_9142498.jpg
このあたりが「限界かな…」の状況。米海軍掃海艦「ガーディアン」さん、掃海艦「はちじょう」さん、第41掃海隊・掃海艇「つのしま」さん。もの凄い濃霧。ですが、「つのしま」さんの発光信号にピントが合っています。この状況は、『自衛隊観艦式2012』本番の「BACKRIDE」の際、「再現」となります。この日、朝は普通に曇天でしたが、みるみる天候が悪化。自分は追浜にじっとしていましたが、一時、横須賀消磁所が見えなくなる程の雨と濃霧となりました。米海軍「シャイロー」さん、オーストラリア海軍「シドニー」さん、シンガポール海軍「パーシステンス」さん、護衛艦「ゆうだち」さんが戻られる頃、この状態に匹敵。ですが、「まだ見える」でした。全ては「経験済み」「訓練済み」であったのです。
c0122266_919509.jpg
実に良く観ていた相模湾洋上。「あいしま」さん、「みやじま」さん、「ひらしま」さん、「たかしま」さん、「えのしま」さんの美しい折り返し。右手後方に掃海艇さんがいらっしゃいますね…おそらく、海面警備部隊「のとじま」さん。そして、SH-60Jさんがた。
c0122266_9243655.jpg
掃海艇さんがたとSH-60Jさんがたも陸奥湾にて経験済みでした。『平成22年度機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練』Triumph rideの際の第42掃海隊・掃海艇「くめじま」さんとお見送りのSH-60Jさんがた。

『自衛隊観艦式2012』終了から、3日。まだ3日なのですね(自分にとって終了は15日でしたので)。期間中、『日報』に集中投稿しましたが、各ブログ再起動です。『自衛隊観艦式2012』全体の記録投稿は『日報』へ、こちら『gvein(別館)』では、頑固に『平成24年度機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練 陸奥湾』の詳細投稿を続行します。
c0122266_9293039.jpg
久里浜初の掃海艇さんがたの電灯艦飾。「えのしま」さん、「ひらしま」さん、「たかしま」さん、「あいしま」さん、「みやじま」さん。どうしても、皆様揃って…になると、岸壁がたくさん入ってしまいました。久里浜の火力発電所の煙突に登れたら良かったのですが(無理)。対岸の久里浜海岸からも記録しましたが、横長ですので、かなり引いた感じになりました。左膝を強打してしまった事で、船越・横須賀本港の電灯艦飾が記録出来なかった事が大変残念でありました。
c0122266_12424265.jpg
こちらは、ようやく艦内見学の機会に恵まれた護衛艦「あたご」さんにて戴いた貴重な「資料」。支援物資の箱に貼られていたラベルと乗員さんがたのヘルメットにあった「頑張ろう東北!」のラベル。「イージス掃海母艦あたご」のラベルもあったとの事で、データを捜して下さったのですが、見学時間ぎりぎりでしたので、残念ながら今回は「幻」となりました。『自衛隊観艦式』は、多くの艦艇さんがたの写真がいっぱい撮れる機会と云うだけではなく、学びの場でもあります。

では、次回より、再び頑固に陸奥湾にての『平成24年度機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練』詳細投稿に戻ります。本当に頑固。
by guardianvein | 2012-10-18 09:33 | ┣掃海部隊