ブログトップ | ログイン

ふりかけそーすけ別館 ver.guardian vein

gvein.exblog.jp

7ヶ月ぶりに投稿再開しました

<   2013年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

【0429画像・本文追加】4月29日(昭和の日)午前7時頃。ふなばし三番瀬海浜公園沖で爆発性危険物発見のニュースを『news every.』さんにて知りました。twitter版3tweetを、こちら『gvein(別館)』に統合追加します
【20130422 2307画像追加・本文追記】キャプチャ画像がスマートフォンでは見えづらいので、テキスト版を追記します。また、画像も新たに追加致しました。

こちら『gvein(別館)』の投稿が10日も停止していますが、サボっていた訳でも、忘れてしまった訳でもありません。一所懸命に資料を捜し、記録画像を確認していました。その間、twitter版の「@guardianveins」を逐次投稿。地道ながら順調にtweet蓄積中。ほぼ全てのtweetに画像添付。と、今投稿はtwitter版のプロモーションではありません。どのような事柄を一所懸命に追っていたのか。そのきっかけは…3月26日付の朝日新聞朝刊の記事。判り易く画像化しました。3月26日の朝日新聞朝刊。「ニュースQ3」と云う記事を読み、「え?」でした。

近年も年に数個見つかる「機雷」も処分隊が担当する。(3月26日付 朝日新聞部分転載)

「え?え(?.?)?」

c0122266_1335743.jpg
判り易く画像化しました。不発弾処理の記事でしたが、確かに海で見つかった場合は、各地の水中処分隊さん…大湊水中処分隊・横須賀水中処分隊・呉水中処分隊・舞鶴水中処分隊・佐世保水中処分隊・沖縄水中処分隊さんが担当される事と思いますが、機雷は海上自衛隊掃海隊群・海上自衛隊各地方隊の掃海隊さんのご担当では?海上自衛隊掃海隊群第1掃海隊・第2掃海隊・第51掃海隊・第101掃海隊、大湊地方隊函館基地隊第45掃海隊・横須賀地方隊第41掃海隊・呉地方隊阪神基地隊第42掃海隊・舞鶴地方隊第44掃海隊・佐世保地方隊下関基地隊第43掃海隊・佐世保地方隊沖縄基地隊第46掃海隊の皆様のご担当では?

掃海隊群さんの銀製バッヂは機雷そのもの。先代の掃海隊群さんのイルカさん(現在、ドラゴン!)、掃海艦「つしま」さんの豹?、第46掃海隊さんのシーサーくんも機雷を仕留めてます。文字で説明するより、画像で一目瞭然。

ですが、新米見学者も最初は、よく判らなかったのです。何せ、EOD員さん・掃海部隊の皆様の見学記録を始めて、まだ5年。永々と連なる掃海部隊の皆様の歴史からすれば、5年など瞬き程。「爆発性危険物(不発弾)」と「機雷」の除去は…掃海部隊の皆様と水中処分隊さんは…。昨年、ようやく「機雷は掃海部隊。そうでないものは水中処分隊」と、掃海部隊のお方に教えて戴きました。これにて納得(物わかりの悪い新米見学者)。「ご当人がた」からお聞きしたのですから、間違えはありません。

ですので、エラそうな事は云えませんし、云うつもりもありませんが、自らの勉強不足を少しでも改善する為、この新聞記事をきっかけに、これまでの文字資料・websiteを再確認。再勉強です。現在、非公開ブログの方で投稿準備中ですが、ようやく形になって参りました。まだ、確認中ですので、テキストではなく、非公開ブログ(試験用)のキャプチャー画像を。
c0122266_1326451.gif
現在、新米見学者が知り得た範囲での作成です。試験・準備用の非公開ブログもexciteですので、即座に転載可能ですが、今回はキャプチャー画像にて。2009年9月9日の当時の横須賀水中処分隊さんの常陸那珂港での不発弾処理から、2012年7月12日の東京湾魚雷水中爆破処理まで。現在、知り得た範囲での作成ですが、相当な時間を要しました。慎重に、間違えはないか?と、幾度も資料を確認しています。この一覧を見ると、不発弾=爆発性危険物の除去も、地域によっては水中処分隊さんではなく、掃海部隊の皆様が担当されている事が判ります。横須賀では、不発弾=爆発性危険物処理は横須賀水中処分隊さん。昨年の東京湾魚雷の際は、水中爆破の日、自分は大湊におりましたので、その日を実際に目にしていませんが、事前の調査は掃海隊群司令部「水中処分班」の皆様、第41掃海隊・掃海艇「のとじま」さん(当時)、「つのしま」さんがあたられていました。水中爆破処理に、掃海隊群司令部「水中処分班」の皆様がいらしたとお聞きしています。

ここのところ、家の事情等あり、また横須賀に見学記録にゆけぬ日々となっていますし、こちら『gvein(別館)』の投稿も止まっておりますが、実際には、ひたすら確認・作成・投稿(twitter版)を続けています。突発的に画像を作成する事もありますので、作成でき次第、twitter版に投稿しています。例えば…今朝の投稿(tweet)。
c0122266_13365282.jpg
iPadサイズ掃海隊群さんindex。「晴天」の際の記録で構成できないだろうか…と試みました。こちらも時間を要する画像ですので、一気に作成出来ません。各地方隊掃海隊の皆様は「coming soon」です。掃海管制艇「さくしま」さんが勇退されるまでのversion。

こちら『gvein(別館)』が停止していても、新米見学者自体が停止している訳ではありません。今回、こちらに投稿した『機雷の除去は掃海部隊の皆様のご担当では」は、こちら『gvein(別館)』と『日報』の同時投稿・もしくは時間差投稿致します。

twitter版の「@guardianveins」は、無節操なフォロワー集め・がむしゃらな宣伝活動は行っておりませんので、まだフォロワーさんがたも少ないのですが、それで良いと考えています。地道に育てるtwitter版。facebookと比べて、画像表示がかなり綺麗ですので、facebook版は一時お休み。twitter版が日々稼働中です。突発的に各exciteブログ未投稿の記録もあり、新たな進行です。最も画像表示が美しいのは、exciteブログですので(極めて元画像に忠実)、先にtwitter版に、それこそ「速報」で投稿し、後にexciteブログにて大作として投稿する、と云う形になるでしょう。ただ、twitter版の難点は、exciteブログのように詳細なアクセス解析が出来ない事でしょうか。フォロワー数のみでは、閲覧数は全く判りません。自分自身、フォローしていなくても、閲覧しているtwitterアカウントがありますので。

▼【20130422 2307画像追加・本文追記分】
非公開ブログ(試験・準備用)より、一部転載いたします。現在、新米見学者が知り得ている範囲内での作成です。ブログでは全てのHTMLタグが使用出来ない為、閲覧されるPC環境・ブラウザによっては表組が崩れて見づらいかもしれません。

▼2009年9月〜2012年12月 爆発性危険物・機雷爆破処理
2009年09月9日 茨城県常陸那珂港 旧軍250kg爆弾 水中爆破処理
▲海上自衛隊横須賀地方隊横須賀警備隊 横須賀水中処分隊
(資料:常陽新聞)
2010年6月12日 神戸港中央航路 機雷(推定)1発 水中爆破処理
▲海上自衛隊呉地方隊阪神基地隊第42掃海隊
(資料:国土交通省近畿地方整備局神戸港湾事務所発表PDF)
2010年11月03日 太刀浦海岸北東関門海峡 不発弾9発 円錐形砲弾8個・円柱形機雷1個 水中爆破処理
▲海上自衛隊佐世保地方隊下関基地隊 第43掃海隊 掃海艇「とよしま」「うくしま」
(資料:読売新聞)
2011年04月26日 富津沖第二海堡付近 不発弾直径20cm、全長約1m 水中爆破処理(※部分爆破) 
▲海上自衛隊横須賀地方隊横須賀警備隊 横須賀水中処分隊・水中処分母船YDT03
(資料:千葉県防災危機管理監防災危機管理課発表・当時のニュース映像)
2011年09月29日 那覇港 3インチ艦砲弾・小銃弾等193発 水中爆破処理
▲海上自衛隊佐世保地方隊沖縄基地隊 沖縄水中処分隊
(資料:那覇市発表・NHK web 確認:沖縄水中処分隊さんご本人がた)
2011年12月01日 富津沖第二海堡付近 不発弾長さ約88cm、直径約13〜17cm 水中爆破処理
▲どなたが担当されたのか文字資料がありませんが、横須賀水中処分隊さんとお聞きしています。
(資料:国土交通省関東地方整備局東京湾口航路事務所発表PDF)
2012年03月13日 福岡県苅田港沖 旧陸軍91式尖鋭榴弾 揚収
▲海上自衛隊佐世保地方隊下関基地隊第43掃海隊(画像のEOD員さんは掃海艇「うくしま」ご所属)
(資料:海上自衛隊佐世保地方隊下関基地隊site)
2012年03月15日 福岡市西区宮浦港沖 爆発性危険物1個 回収
▲海上自衛隊佐世保地方隊下関基地隊第43掃海隊
2012年03月20日 福岡市西区宮浦港沖 50kg爆弾、94式、91式榴弾2個(計 爆発性危険物4個) 残置・回収
▲海上自衛隊佐世保地方隊下関基地隊第43掃海隊
(資料:海上自衛隊佐世保地方隊下関基地隊site)
2012年04月12日(EOD潜水調査) 福岡市西区宮浦港沖 直径50cm、長さ80cmの爆雷2個(後に爆破処分)
▲海上自衛隊佐世保地方隊下関基地隊第43掃海隊
2012年05月10日(EOD潜水調査) 直径20cm、長さ100cmの爆弾らしきもの・旧軍99式30kg爆弾(後に爆破処分)
▲海上自衛隊佐世保地方隊下関基地隊第43掃海隊
(資料:海上自衛隊佐世保地方隊下関基地隊site)
2012年06月06日 関門航路 沈底機雷MK26(約2m) 水中爆破処理
▲第43掃海隊 掃海艇「うくしま」EOD潜水調査・掃海艇「なおしま」爆破処分
2012年07月11日 玄海島沖 不発弾39発水中爆破処理
▲海上自衛隊佐世保地方隊下関基地隊
(資料:MSN産経ニュース)
2012年07月12日 横須賀港沖 直径40cm、全長約4.7m魚雷 水中爆破処理
▲当日を確認していませんが、事前に調査を行われていたのは、海上自衛隊掃海隊群司令部「水中処分班」、第41掃海隊 掃海艇「のとじま」(当時)「つのしま」の皆様です。
(文字資料:神奈川県安全防災局危機管理部危機管理対策課発表・国土交通省関東地方整備局発表)


▼海上自衛隊佐世保地方隊下関基地隊・第43掃海隊 爆発性危険物・機雷処理
(1)H24.03.13 福岡県苅田港沖 旧陸軍砲弾91式尖鋭砲弾 1個 EOD(うくしま?)潜水調査の後、回収
(2)H24.03.15 福岡市西区宮浦港沖 旧海軍爆雷1個 EOD潜水調査の後、回収
(3)H24.04.12 福岡市西区宮浦港沖 直径50cm 長さ80cmの爆雷
EOD潜水調査の後、福岡市と協議の上、爆破処分(予定←平成24年8月28日現在)
(4)H24.05.09 福岡市西区宮浦港沖2カ所
▲直径20cm 長さ100cmの爆弾らしきもの ▲旧軍99式30kg爆弾(直径15cm 長さ75cm)
EOD潜水調査の結果、内1個は牡蠣柄に覆われ信管の有無不明の為、残置(後日調整爆破処分)
もう1個は下関基地に搬送、水蓄保管(後日調整爆破処分)

(5)H24.05.11 関門海峡 沈底機雷(米国製機雷MK26)
掃海艇うくしまEOD潜水調査の後、6月6日、掃海艇なおしま水中爆破処分


▼海上自衛隊佐世保地方隊沖縄基地隊 爆発性危険物処理状況(平成24年1月31日現在)
年度     出動    弾数     重量
平成19年  20回    631     2.3t
平成20年  21回    121     3.2t
平成21年  16回    362     4.9t
平成22年  20回   1,292    21.9t
平成23年  22回   1,163    15.2t
計      99回   3,569    47t   (平成19年〜平成23年1月31日)


更に画像を追加します。上記の爆発性危険物処理が行われる際の横須賀での「ご準備」の記録があります。僅かに…ですが。
c0122266_23335032.jpg
2011年10月12日。横須賀本港内。高速機動艇さんにEOD員さんがた。推定、横須賀水中処分隊の皆様。EOD員さんがたが高速機動艇にいらっしゃる事は珍しく、「吾妻島前より少し遠いところへゆかれる?」。当時…2011年9月29日に第二海堡付近で不発弾が発見されていますので、その調査に向われるところでは。前方の吾妻島前には、ペルシャ湾掃海派遣部隊20周年横須賀集結され始めていた、各地のEOD員さんがたが写っています。
c0122266_2340834.jpg
その時でした。高速機動艇さんと入れ替わりで前方に見えて来たのは、沖縄よりペルシャ湾掃海派遣部隊20周年横須賀集結にいらした第46掃海隊・掃海艇「くろしま」さん。
c0122266_23423499.jpg
既に、掃海部隊・EOD横須賀集結が始まっており、吾妻島前には各地のEOD員さんがたが訓練中。岸壁側に第2掃海隊・掃海艇「やくしま」さん、「たかしま」さんEODの皆様、近い地点に第45掃海隊・掃海艇「とびしま」さんEODの皆様。第51掃海隊・掃海艦「やえやま」さん、横須賀水中処分隊さんも訓練なさっていました。この時の不発弾は、後の12月1日に水中爆破処理されます。
c0122266_23455774.jpg
その翌年。東京湾で魚雷が発見されます。相当霞んでいますが、敢えて撮ったままの状態で。過密航路東京湾で見つかった魚雷。調査されているのは、第41掃海隊・掃海艇「つのしま」さん(左)、「のとじま」さん(当時)、EOD員さんがた。
c0122266_23474099.jpg
とにかく、とんでもなく霞んでいた東京湾。対岸の千葉県が全く見えませんので、これでは東京湾のどの辺りなのか、全く判りませんね…。調査なさっている側を頻繁に船舶が行き来します。EOD員さんがたが大勢いらっしゃいますが、後に長浦港に2隻で戻って来られます。
c0122266_23514898.jpg
戻って来られたのは、掃海隊群司令部「水中処分班」の皆様。魚雷調査にあたられていたのは、掃海隊群司令部「水中処分班」の皆様と掃海艇「のとじま」さん、「つのしま」さんの皆様と推定出来ます。
c0122266_23525363.jpg
今回の投稿を構成するにあたり、画像を作成して「奇しくも?」でした。この朝、相当霞んでいた東京湾に出てゆかれるのは、第46掃海隊・掃海艇「くろしま」さん、「ししじま」さん。その前方に第41掃海隊・掃海艇「のとじま」さん(現 第44掃海隊)、「つのしま」さん。第46掃海隊さんは、これより函館〜大湊へ向けての出港。当時、陸奥湾にての『平成24年度機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練』が迫っており、やはり掃海部隊集結が始まろうとしていた頃でした。
かろうじて、左端に第二海堡が写っています。これで、何とか発見された魚雷の位置が判りますね。追浜から見て、第二海堡より右手。

さて…かなりの時間を要する、爆発性危険物・機雷除去の「実績」。こちら『gvein(別館)』が停止気味であるのは、その準備もあって、です。
【0429画像・本文追加】2013年4月29日(昭和の日)午前7時頃。ふなばし三番瀬海浜公園沖で爆発性危険物発見のニュースを『news every.』さんにて知りました。twitter版3tweetを、こちら『gvein(別館)』に統合追記します。
c0122266_21484340.jpg
日テレ『news every.』さんに感謝です。1分程の映像でしたが、ニュースでの1分は長いのです。こうして、映像をキャプチャーしておかないと、後に当時の状況が判らなくなってしまう事は、当初、今投稿をする際に痛感しました。アサリ漁をなさっていたお方が引き揚げてしまった不発弾。長さ約30cm、直径約7cmの筒状のもの。調査なさっているEOD員さんがたは…横須賀水中処分隊さんでは…と思うのですが、今は「確定」では記載できません。「今は」です。後に判ります。
c0122266_21534186.jpg
三番瀬海浜公園は、こちら(と云っても、寄り過ぎですね)。東京湾の貴重な干潟です。海辺の生物、水鳥たちが集う干潟でしたが、東日本大震災で大きな被害を受けました。不発弾は海岸から1km以上沖で発見され、更に沖合に移動されたとの事。引きの映像を見る限り、陸地は映っていません。

2013年に入ってより、東京湾で発見されたのは、2つめでしょうか。現在、確認を続けております。後に関係機関より発表がある事でしょう。
by guardianvein | 2013-04-22 13:49 | ┣掃海部隊
昨日4月11日東京湾・吾妻島前の見学記録は、『日報』へ速報を投稿しました。見事な快晴の午后でありました。『日報』速報版より掃海母艦「うらが」さん、EOD員さんがた転載。『gvein(別館)』版追加。
c0122266_6630100.jpg
見事過ぎる快晴明瞭東京湾に掃海母艦「うらが」さん再び。第二海堡前には、護衛艦「てるづき」さん。スケールの大きな東京湾折り返しですね。視界は極めて明瞭。
c0122266_693067.jpg
吾妻島前も実に明瞭に見えました。視界さえ良ければ、実によくよく見えます。訓練終えられ横須賀本港側に戻ってゆかれるのは横須賀水中処分隊の皆様。お背中にタンクは、第41掃海隊・掃海艇「つのしま」さんEODチームの皆様。実によく見える!
c0122266_6115387.jpg
午后の訓練前半は、「ひたすら泳ぐ」でした。通り過ぎる見学では、全く見えていない時間帯。折り返しの「はこざきの箱タッチ」されているEOD員さんの赤い手袋まで見えます。
c0122266_6191040.jpg
「ひたすら泳ぐ」のゴールは、横須賀本港口近くの処分艇さん。昨日の東京湾は、かなりの強風。しかも、気温も低く、寒かった…。強風の海で泳ぐのは容易ではありません。
c0122266_6205614.jpg
ですが、元気に飛んでいらっしゃるお方も。どうして飛んでいらっしゃるのかは、画像左半分に答があるのですが(今回は画像右半分のみ)。追浜から、じっと新米見学者が見ているとはお判りにならなかったでしょう。少し距離はありますが、訓練に出て来られてから戻られるまで、じっと見学出来るのが、この地点。視界さえ良ければ、遠くはありません。陸奥湾・日向灘での見学記録を続けて来たからこそ、近いと云える距離かもしれませんが。
c0122266_6351257.jpg
4段階、敢えて色を変えて。やや日が陰っていたので、粗くなっていますが。欲を云えば、あともう少し距離が近ければ良いのですが、吾妻島前に駆け込んで来られる横須賀水中処分隊さんの「全景」が記録出来ます。通り過ぎる見学では、気象条件(特に強風)に大きく左右され、失敗の山を築き上げた吾妻島前。時間制限もなく、落ち着いて冷静に記録する事が出来ます。新米見学者は、独り遠くから、じっと見ている。
c0122266_650493.jpg
時折、視界がこんな事になり、驚いたりしますが。
c0122266_639251.jpg
それほど遠くもないのです。長浦港へ向われる掃海母艦「うらが」さん艦尾の皆様。こちらからは大変良く見えています。
c0122266_6423429.jpg
第二海堡前の掃海母艦「うらが」さん。背後千葉県の高圧電線群が、さながら神殿の如し。右手へ疾走内火艇さんは、護衛艦「ひゅうが」さん号。
c0122266_6462724.jpg
圧巻のreflex500いっぱいいっぱいの掃海母艦「うらが」さん。実に明瞭!
c0122266_6482182.jpg
朝は、さーっと雨が降り、昼頃も雲の多い曇天でしたが、見事に晴れ、まるで夏の情景のようでした。
c0122266_6503854.jpg
夕刻には、水中処分母船YDT03号さんも戻られ、昼少し前から日の入り少し前までの久しぶりの数時間見学記録となりました。

twitter版の「「@guardianveinsも順調にマイペースに進んでいます。facebookと比べ、かなり画像表示が綺麗です。exciteブログ版とtwitter版の連動を定着させてゆきましょう。こちら『gvein(別館)』が止まっている時は、twitter版が動いている事でしょう。
by guardianvein | 2013-04-12 06:54 | ┣掃海部隊
現在、3月末より起動したtwitter版「@guardianveins」を集中投稿していますが(testを兼ねて)、やはり画像が圧縮され粗くなるのは気になりますね…facebookよりは綺麗だと思うのですが。気になりますので、こちら「本家」の『gvein(別館)』に転載致します。未投稿の画像多数です。exciteブログ、画像表示の美しさは随一(元画像に極めて忠実)。
c0122266_729177.jpg
1,024pixの大版です。画像クリックで元画像開きますが、一発では全面表示出来ませんので、new window右下を引っぱって下さい。iPad表示テスト版第1弾は、八代海・不知火海にての『平成24(25)年度機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練』終了後の第51掃海隊・掃海艦「つしま」さんの皆様。水俣港着岸時の記録にて構成。各掃海隊の全ての皆様で作成したいのですが、相当数の記録が必要ですので、容易ではありません。
c0122266_7354492.jpg
iPad表示テスト版第2弾は、第46掃海隊・掃海艇「くろしま」さんの皆様。直近の水俣港最至近距離での着岸をされた方々より作成。着岸時の各所を「一望」です。各ブログ未投稿の画像続々。twitterでは粗くなってしまっていましたが、exciteブログでは元画像そのままです。ほっとしますね…。画像は美しくなければなりません。とは云え、twitterは無料ですし、1cut1投稿を連発出来ますので、大変良いです。ただ、画像によっては粗くなる事が難点。
c0122266_7424412.jpg
iPad表示テスト版第3弾は、詰め込みに詰め込んだ感のある第43掃海隊・掃海艇「うくしま」さんの皆様。「うくしま」さんは非常に記録が多いのですが、この版を作成して判った事がありました。2010年以降、現在まで、「うくしま」さん真後ろからの記録が、左下の1cutのみであったのです。構成画像作成で見えてくる事柄が多々あります。
c0122266_746333.jpg
ここからは、iPad表示テスト版ではなく、通常大版(750pix前後)の1cut。「水俣港に掃海自転車部隊現る」です。第41掃海隊さんの皆様ですね。水俣港から街までは、やや距離がありました。バス停までも1km近くあったと思います。自転車があると便利ですね。新米見学者も油津や志布志、高松、大湊では自転車で爆走していますが、水俣港までは自転車では少し遠いかも…(新米見学者的に)でした。
c0122266_7492485.jpg
おそらく各ブログ未投稿。『平成23年度機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練』終了後の休養日。大湊にて掃海自転車部隊帰還。走りに徹した本格派。第43掃海隊・第51掃海隊さん地点。
c0122266_7513764.jpg
今週末は大荒れの予報が出ておりますが、昨年4月沖縄勝連ホワイトビーチ豪雨襲来の進行。迫り来る雨の境界線。ホワイトビーチ桟橋の米海軍さん音響観測艦さん?水中処分母船YDT06号さん、第46掃海隊・掃海艇「あおしま」さん、「ししじま」さんが完全に見えなくなるまで。この後、救助のお方が来て下さり、無事に帰る事が出来ましたが、凄まじい豪雨でした。
c0122266_755963.jpg
この日もかなりのどしゃ降りでした。2011年高松港。台風2号接近中。掃海殉職者追悼式付帯行事の体験航海も中止。予定を早めて出港される第1掃海隊・掃海艇「みやじま」さん、「あいしま」さんの皆様。
c0122266_757623.jpg
同日、「あいしま」さん出港時。かなりの降り方ですね…。台風2号が接近していましたが、まだ風はそれほどでもなかった事が幸いでした。まだ、傘をさして冷静に記録出来る状況でした。
c0122266_7592372.jpg
何が起きていたのか判らなかった豪雨最高値の2010年油津港。『平成22年度機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練』最終日、第51掃海隊・掃海艦「やえやま」さん着岸時。豪雨と強風で訳が判らず、ファインダ内からも殆ど見えていませんでした。何を撮っているのか判らなかった。
c0122266_83302.jpg
前述の台風2号接近時の高松港。「みやじま」さん出港時。どしゃ降りですが、雨がほぼ真っすぐ降っている事が判ります。風が弱かった事が幸いでした。
c0122266_84542.jpg
再び、2010年油津港。掃海艦「やえやま」さん着岸時。雨は真っすぐ降っていません。所謂、横殴りの雨。2010年、2011年と続けて、日向灘にての『機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練』最終日一斉入港時は豪雨。遂に2012年は豪雨を免れ、快晴となります。
c0122266_875030.jpg
2010年油津港。第2掃海隊・掃海艇「たかしま」さん着岸時。直前まで本降りの雨でしたが、一時的に雨が弱まった頃でした。
c0122266_884566.jpg
2013年水俣港にての「たかしま」さん。『平成24(25)年度機雷戦訓練』最終日。処分艇さん収納。この日の投稿がまだ途中です。只今、準備中です。
c0122266_811412.jpg
「Oh ! TAKAMATSU !」ではないと思いますが、「みやじま」さん高速サンドレッドの際の記録。各ブログ未投稿。twitter版「@guardianveins」は、これまでの記録より、がんがん投稿(ツィート)しています。
c0122266_8133423.jpg
2012年高松港にて、体験航海終了着岸時の第51掃海隊・掃海艦「はちじょう」さんサンドレッドシリーズ。サンドレッドは思いっきり投げないと岸壁に届きません。
c0122266_8174940.jpg
どちらの港であるのか、一目で判る記録ですね。2012年高松港。「はちじょう」さん着岸時。
c0122266_8185668.jpg
「屋島と宮島」。掃海殉職者追悼式付帯行事体験航海より戻られる「みやじま」さん。見事な快晴ですね。こちらはtwitterには投稿していません。おそらくexciteブログも未投稿。
c0122266_8202379.jpg
曇天でも美しいバウスラスター。第1掃海隊・掃海艇「いずしま」さん直近の記録です。『平成24(25)年度機雷戦訓練』終了時。水俣港にて。
c0122266_8234945.jpg
iPad表示テスト版「0号」の画像です。その為、何故か「いずしま」さんの皆様と「くろしま」さんの皆様の「合作」となっています。1,000pixを超える画像・それぞれ大きさの異なる画像での構成を試みようとした「始まり」です。左下は第41掃海隊・掃海艇「えのしま」さんの皆様ですね。
c0122266_8265785.jpg
そして、今投稿のきっかけとなった画像です。2012年高松港。掃海殉職者追悼式・付帯行事を終えて出港される掃海母艦「ぶんご」さん。掃海艦・掃海艇さんがたはオトコだらけのオトコのフネですが、掃海母艦さんがたには女性の乗員の方々がいらっしゃいます。とtwitter版に投稿(ツィート)したのですが、画像が粗くなってしまった事が赦せなかった事が今投稿のきっかけです。画像は美しくなければなりません。と云っても…twitterは無料ですし、画像表示特化が特性ではありませんので、「本家」にて美しく。

ここのところ、歯医者に行く以外、殆ど家から出られない日々ですが、ひたすら画像は創り続けております(その為、腰痛がひどくなっていますが…)。
by guardianvein | 2013-04-05 23:25 | ┣掃海部隊
昨日から冷たい雨が降り続いていますね。水俣港一斉入港の詳報投稿を準備していたのですが、またも細かい画像に。iPad対応1,024*768pixのindexです。細かいですが、一斉入港の進行を一望。「細かい画像は観づらい!」とのお声もおありでしょうが…。「一望」と今後を見据えた試験投稿でもあります。
c0122266_764382.jpg
八代海・不知火海にての『平成24(25)年度機雷戦訓練』を終えられ、水俣港に戻って来られた掃海部隊の皆様、入港順に「一望」であります。掃海部隊の皆様の「白眉」は、10隻以上の掃海艦艇さんがたが「一気に動く」です。その為、こうした細かい画像が多くなります。1cut毎を大きな画像で次々投稿する事は簡単ですが、今回特に、密集されてゆく際をほぼ真後ろから記録しておりますので、敢えて細かい構成画像にて「一望」。水俣港入港順は、第43掃海隊・掃海艇「なおしま」さん、第41掃海隊・掃海艇「つのしま」さん、「えのしま」さん、「とよしま」さん、第1掃海隊・掃海艇「いずしま」さん、第44掃海隊・掃海艇「すがしま」さん、第46掃海隊・掃海艇「くろしま」さん、第1掃海隊・掃海艇「あいしま」さん、第51掃海隊・掃海艦「つしま」さん、第2掃海隊・掃海艇「やくしま」さん、「ひらしま」さん、「たかしま」さん。総勢12隻の掃海艦艇さんがた。米ノ津港へは、掃海母艦「うらが」さん、第51掃海隊・掃海艦「やえやま」さん、「はちじょう」さんが入港されました。水俣港砂山岸壁をみっしり堅められてゆく進行を「一望」。材木岸壁側はフレームアウトの至近距離。

試験投稿が続いておりますが、iPhoneやiPadが登場するまでは、webブラウザ対応の画像のみ1種類でした。1種類とは云っても、それぞれのPC環境で表示状態が異なりますので、簡単とは云い難かったのですが、iPhone、iPadがデビューして、「一体、最適表示サイズは?!?」。大は小を兼ねると云うより、小は大を兼ねるのか?(独り押し問答)。結果、iPadを基準にしてみる事としました。試験投稿が続く、こちら『gvein(別館)』がApple(もしくは端末)実験室になりつつありますが、新米見学者は海上自衛隊さん評論家ではありません。各ブログにて、莫大な記録数を誇る海上自衛隊さん見学記録を如何に多く発信してゆくか、です。自己満足のブログではなく、如何に多くの方々に生き生きとした掃海部隊の皆様、海上自衛隊さんの皆様を伝えられるか、です。記録画像をこねくり廻して自己満足するのではなく、如何にさまざまに伝えるられるか、を模索し続けています。
c0122266_7242620.jpg
黒背景別バージョン。それぞれの掃海艦艇さんがたのお名前のないバージョン。シンプルになりますが、新米見学者には、それぞれの掃海艦艇さんがたがどなたか判っても、水俣港一斉入港を実際に目の当たりにしていない方々には、殆ど判らなくなってしまいます。こうして、独りMacに向き合いながら、あーでもないこーでもないと試行錯誤。iPadに適した画像は、1,024*768pixのようですが、4列並びの構成画像の場合、どうしても、縦横1pixずつ余ってしまうのです。縦は4段目が1pix長くとも、殆ど判りませんが、横は1pix多いと「あれ?」になります。不思議と。

今回は2cutでの投稿ですが、実際には水俣港一斉入港16cut。次投稿もおそらく、iPad対応16cutINDEXとなるでしょう。構成画像に凝っているのではなく、詰め込まないとあまりに記録が多いとも云えます。

そう云えば、先週より稼働し始めたtwitter版「@guardianveins」。exciteブログのように詳細なアクセス解析が出来ず、果たして、どのように動いているのか全く判らないと云う…。積極的な宣伝活動をしておりませんので、まだフォロワー数も少なく(唯一、動きが判りそうな要素)、excite系ブログのアクセスとは格段の差がありますが、全くマイペースに各ブログ未投稿の画像を次々出してゆきます。twitterの画像表示比率も何となく掴めて来ました。比較的縦が長い方が良いようですね…。

本日も雨の1日となりそうですね。荒天になりそうですが、本日は歯医者に行かねばなりません。雨は構いませんが、雷や突風には注意が必要です。そう云えば、今年は春雷を聴いていません。
by guardianvein | 2013-04-03 07:44 | ┣平成24年度機雷戦訓練
海上自衛隊掃海部隊の皆様は、本日より新年度ですね。新米見学者的には「もう4月…」。さて。八代海・不知火海にての『平成24(25)年度機雷戦訓練』の詳細投稿を…と思ったのですが、間に1投稿入れます。常時、複数(数種類)の画像を作成しておりますが、今後iPad等のタブレット端末での表示を考慮し、1,000pixを超える画像を増やしております。それでも、「index」構成にすると1cutがまだまだ小さいのですが。では、試行錯誤を繰り返している各掃海艦艇さんがたの「index」。試作段階を含めて「試験投稿」致します。
c0122266_8222851.jpg
最初に作成したのは、2013年3月21日に勇退された第101掃海隊・掃海管制艇「さくしま」さん篇でした。「さくしま」さんの記録がいつから始まり、各『機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練』、一般公開・体験航海等、それぞれの記録のindexを作成する事で、これまでの記録の「一望」を試みました。「さくしま」さんの勇退がきっかけとなりましたが、全ての掃海艦艇さんがたにも対応します。名付けて「727sakushima type index」。
c0122266_8305111.jpg
続いて、試作に入ったのは、各掃海艦艇さんがたです。背景白で一段のみは作成中の皆様。未投稿の画像も多々入る事でしょう。こちらは第43掃海隊・掃海艇「とよしま」さん篇。常に出来る限り、全ての皆様を均等に記録する事を心がけていますが、「727type」を作成する事で、新米見学者が記録出来ていない場面も見えて参ります。
c0122266_8401161.jpg
続いて、第45掃海隊・掃海艇「ゆげしま」さん篇。作成順は、ヘッダーです。掃海艦艇さんがたとEOD員さんがたがご一緒の記録から探しました。ただし、掃海艦艇さんがたとEOD員さんがたご一緒の記録は多くありません。早くも難題に直面。
c0122266_8431419.jpg
第51掃海隊・掃海艦「つしま」さん篇にて更に難題直面。横須賀にご所属の掃海艦艇さんがたは「地元」です。記録が桁違いに多い。2008年より記録が始まっていますが、新米見学者が横須賀を飛び出し、各地へ向かい掃海部隊の皆様の見学記録を始めるきっかけとなった、2010年3月よりとしました。
c0122266_8479100.jpg
とは云え、例外も。第2掃海隊・掃海艇「やくしま」さん篇。「やくしま」さんと「たかしま」さんは、2010年3月以前の横須賀での記録より始まります。省略はしません。「727type」で顕著になるかもしれない事があります。それは「真っ白な霞」。ここのところ、越境大気汚染がよく報道されるようになりましたが、既に2010年の頃から、南九州は真っ白でした。2010年11月。日向灘にての『平成22年度機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練』見学記録の際、7年ぶりぐらいに宮崎県を訪れたのですが、真っ白に飛んだ油津港沖を観た瞬間…「なんじゃこりゃ!?」。その約4ヶ月前の陸奥湾も相当白く霞んでいますが、記録的な高温の影響だと思っていましたが…。掃海部隊の皆様の記録画像をさまざまな形で作成構成してゆくに従い、さまざまな事が見えて来るでしょう。
c0122266_921928.jpg
続いて、第46掃海隊・掃海艇「あおしま」さん篇。最初、異なるヘッダーで作成していましたが、美しい航跡に変更。ところが…一段早まってしまっていた事に気付き、戻しました。
c0122266_94699.jpg
しかし、難題に直面。EOD員さんがたとご一緒のヘッダー候補がありましたが、一段目にかかってしまいます。実は、「やくしま」さん篇もそうでした。「やくしま」さん篇ヘッダーは、「やくしま」さんとEOD員さんがたの距離を詰める加工をしていますが、「あおしま」さん篇は詰められません。上部はマストぎりぎり。これ以上、上げられません。一段目を下げれば?、「727type」は、4段でいっぱいいっぱい。もう下げられない。こうして試行錯誤が続きます。白背景一段のみの皆様は、現在作成中です。現段階で「ほぼ完成」であるのは、「さくしま」さんと…
c0122266_994098.jpg
「まえじま」さんです。勇退された「さくしま」さんに代わり、第44掃海隊・掃海艇「まえじま」さんから第101掃海隊・掃海管制艇「まえじま」さんとなられますので、第44掃海隊・掃海艇「まえじま」さんとしての作成です。

全掃海艦艇さんがたの「727 type index」は、かなりの時間を要するでしょうが、地道に作成中です。また、「727type」を作成するにあたり、数多の未投稿の記録が出現します。作成中に随時、twitterに投稿開始しました。アカウントはありましたが、全く使っていませんでしたので、遂に始動。facebookは一旦休止。twitterに絞ります。とは云え、まだツィートが100未満。動きたてほやほやですね。「@guardianveins」。
by guardianvein | 2013-04-01 09:17 | ┣掃海部隊