ブログトップ | ログイン

ふりかけそーすけ別館 ver.guardian vein

gvein.exblog.jp

7ヶ月ぶりに投稿再開しました

<   2013年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

時間的余裕がないまま、今日まで来てしまいましたが。海上自衛隊掃海部隊の皆様の陸奥湾にての『平成25年度 機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練』の見学記録速報は、『日報』へ集中投稿しています。また、twitter版「@guardianveins」へも速報を投稿していますが、最も投稿が進んでいるのは、『日報』ですので、最新の投稿は『日報』及び、twitter版「@guardianveins」をご覧下さい。
c0122266_1714774.jpg

by guardianvein | 2013-07-28 17:01 | ┣平成25年度機雷戦訓練
7月に入ってしまいましたね…時間的に厳しくなって参りました。大作の投稿が難しくなりつつありますが、何とか。では、早速参りましょう。こちら『gvein(別館)』は、では、『第62回 掃海殉職者追悼式』週間初日の詳細投稿を続行します。
c0122266_8481473.jpg
2013年5月23日、香川県坂出市の坂出港林田岸壁に到着された掃海母艦「うらが」さん、掃海艇「いずしま」さん、「あいしま」さん、「まきしま」さん。今投稿は電灯艦飾・一般公開のご準備「フネを飾ろう塗ろう」。
c0122266_8491937.jpg
前回投稿には、掃海艇「いずしま」さん後方の真鍮磨き・展開器塗りが登場しましたが、岸壁前方へ順に遡ってゆきます。「いずしま」さん展開器の後ろにはフロート。さあ、塗りましょう。真っ白に。
c0122266_853181.jpg
少し離れたところから見ると、塗らなくても?と思えたのですが、近付くと「塗らなくては」でした。灰色の筋が出来ていました。
c0122266_8565159.jpg
新米見学者、岸壁をじりじり横移動。「いずしま」さん中央付近。こちらのお二方は塗りではありませんね…杖の先端は塗りローラーではなく、彫刻刀のような…何かを削られていますね…
c0122266_8584325.jpg
スリリングな体勢で、ざーりざーりと削っていらっしゃるのは水際。
c0122266_859461.jpg
水際に密集している小さな貝殻群。ざーりざーり。海へ戻します。このように水際に貝殻群が密集していると云う事は…「いずしま」さん、坂出港にいらっしゃる前は、少し長い期間、洋上で訓練されていた?ふと思ったのは、今回は訓練での寄港ではありません。『第62回 掃海殉職者追悼式』付帯行事週間。訓練ではありませんが、寄港されるまでは訓練が続いていた?こうした行事の際の寄港時は、それまで出来なかった整備の機会でもあるのでしょうね。周囲を見渡すと、お隣の「あいしま」さん、後方の「まきしま」さんは、既にご準備が済んでいるように見えました。
c0122266_944258.jpg
更に、じりじりと前方に横移動。艦橋前の広い甲板塗り地点。強い陽射しの下、黙々と塗っていらっしゃいます。
c0122266_97139.jpg
「ふむ。意外と広いのですよ。この甲板は」。すがしま型掃海艇さんは、艦橋前がとても広々しています。塗る面も広い。
c0122266_9163260.jpg
少し引いてみましょう。「いずしま」さん外から見える全域で整備が行われていました。
c0122266_985369.jpg
この時、ふと背後に気配を感じ振り返ると…「ごごご…」。広大な掃海母艦「うらが」さん前方を「イルカさんの壁」が動いていました。このイルカさんには見覚えがありますよ…。横須賀の日産埠頭にいらした事があります。壁のような自動車運搬船イルカ号さん。坂出港出港。
c0122266_912898.jpg
林田岸壁先頭の掃海母艦「うらが」さんでは、電灯艦飾のご準備が始まっていました。「うらが」さんは広大です。電灯艦飾のご準備も大掛かり。数えてみたい電球総数。
c0122266_91874.jpg
観るは美しい電灯艦飾ですが、ご準備は容易ではありません。電灯艦飾電球リレーです。一般公開用の安全ネットは既に準備完了。その上から電灯艦飾の電球を渡してゆかれます。時間を遡ってみたところ、安全ネットをデッキクレーンで降ろされてから完了まで30分以内ですね…。
c0122266_9224446.jpg
「うらが」さん電灯艦飾電球リレー範囲拡大。まさに「リレー」ですね。手から手へ。敢えて時間がかかっても、詳細投稿を続行しているのは、こうした地道なご準備を省略したくないからです。この時、岸壁には見学の方々は殆どいらっしゃらなかった。多くの見学の方々が訪れる頃には、全てのご準備が完了しています。「知らぬ間に」。この翌週、掃海母艦「うらが」さんは横須賀に戻られ、2週続けての一般公開となります。その際、「うらが」さんは既に安全ネットを完備されての横須賀本港入港でした。
c0122266_927569.jpg
「うらが」さん後方の電灯艦飾電球リレー。よくよく考えると、電灯艦飾の電球は、一筆描きのように「1本」なのでしょうか??(勿論、途中で接続されている事は判っていますが、広い意味で)。よくよく考えると、その「原点」を見た事がありません。次回こそ、その「原点」を訪ねたいですね(いつになるか判りませんが…11月1日??←一般公開時ではありませんね…)。
c0122266_9305210.jpg
真夏のような陽射しの日中に電灯艦飾点灯。「繋がり」ましたね。青い海と美しい瀬戸内海と灯。
c0122266_9321797.jpg
再び、掃海艇「いずしま」さん、「あいしま」さん、「まきしま」さん方面を振り返ると…電灯艦飾ご準備中。周囲は、ほぼ完了。マスト経由のご準備開始。お隣の「あいしま」さんは…おや??ご準備完了されていると思い込んでいましたが、これからでした。どなたもいらっしゃらないですね…。まだ、この頃、どなたも上陸(外出)されていませんので、皆様、艇内での作業等をなさっていたのかもしれません。と云っても。この朝、林田岸壁に到着された皆様、夜通し瀬戸内海を航行されてのご到着です。『機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練』期間中もですが、24時間動いていらっしゃるので、時間の感覚が判らなくなります。自分も定時に就寝起床の生活ではないのですが。
c0122266_9385455.jpg
「いずしま」さんマストてっぺん。電灯艦飾も満艦飾もマストを経由しますので、マスト昇りは必須。通常の整備の際もマストに昇られている際を目にしますが、軽々と昇ってゆかれます。
c0122266_9403936.jpg
あ。縄梯子の登場です。始まりますね。「フネを塗ろう艦艇番号・錨付近篇」。スリリングなフネを塗ろう篇でもあります。
c0122266_9414725.jpg
縄梯子出動
c0122266_9435691.jpg
縄梯子塗り要員のお方出動
c0122266_9444481.jpg
いやはや…いつ見てもスリリングです。下は勿論、海。真夏のような暑さですから、海にどぼんしたい気分ではありましたが、そう云うものではありません。まして、この時、下の海には刺されたら痛い痛いアカクラゲがうようよしていました。
c0122266_9474431.jpg
どの角度から見てもスリリングです。何がスリリングかと云うと、縄梯子降りるだけでも十分スリリングですが、微妙にカーブしていますから、降りてしまうと上(甲板上)が見えません。縄梯子もゆらゆらします。塗る面も近かったり遠かったり。その状態で塗るのですから。するすると降ろされた塗料缶の位置も重要です。
c0122266_9511196.jpg
「はい。こちら側面でも塗り開始です」。側面は近いですが広いですし、この後、岸壁下の部分も塗られます。どのようにして塗られるでしょう。

では、今投稿は、ここまで。昨日、『日報』へ『よこすかYYのりものフェスタ2013』最終日詳細40cut超えの大作を投稿致しましたが、こちら『gvein(別館)』の今投稿も20cutを超える大作です。excite系2ブログは大作中心ですが、そろそろ時間的に大作投稿が難しくなって来ています。どこまで投稿出来るだろうか…です。twitter版「@guardianveins」は、日々、少しずつ投稿しています。
by guardianvein | 2013-07-02 09:56 | ┣掃海部隊